【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【20歳以下厳禁!!】先輩キャンパーに聞いた、冬キャンプ「新・三種の神器」を試してみた

0

冬キャンプを毎年のように楽しんでいるベテランのキャンパーが教えてくれた、「住・寝・食」にまつわる手軽な防寒グッズを紹介。冬キャンプデビューを目論んでいる人や、今冬こそ防寒グッズを新調しようと思っている人は必見ですよ!!


ビギナー必見の「住・寝・食」の防寒グッズとは?


焚き火も料理もじっくり楽しめて、澄んだ空気の星空も綺麗……、秋冬キャンプは春夏キャンプにはない楽しみがいっぱいあります。だけどその反面、テント泊で防寒対策を怠ると、寒くて眠れないなんてことも。

そこで、冬キャンプビギナーや今年こそ冬キャンプデビューを目指している人でも気軽に取り入れられる、手軽な防寒グッズを先輩キャンパーに教えてもらいました。

早速、実際にキャンプで試してみましょう。キーワードは身体を温めてくれる “住・寝・食”の3大テーマです!

【住】ルックスも性能も最強!トヨトミ「ギアミッション」


薪ストーブにも憧れるけど、設置の手間やメンテナンスを考えると、ちょっとハードルが高いかも……。そんな理由で石油ストーブを使っているキャンパーも多いのでは? そこで注目したいのが「トヨトミのギアミッション」シリーズ。

ミリタリーテイストが漂うタフなルックスは、フロアレスのティピーテントとも相性抜群。その名の通り、ギア感覚でキャンプサイトに持ち込むことができます。

しかもポータブル石油ストーブの国内シェア率が、約40%を誇る老舗メーカー、トヨトミ製。安心かつ安全に扱える国産モデルなのも魅力のひとつです。


今回はテンマクデザインのサーカスTCの中で使ってみることに。1人〜2人用のフロアレステントなのでオーバースペックですが、持ち込んだモデルは最もハイスペックな「ラウンドタイプ」。もちろん見た目で選びました。

早速、点火してみましょう。ちなみに現在のテント内の温度は19℃。外は冷たい風が吹いているため、薄手のアウターが丁度いいくらいの気候です。

※テント内で石油ストーブを使うときは、必ず一酸化炭素チェッカーを併用して、定期的に換気してください。
電子点火仕様なので、ライターを使わずにワンタッチで点火できました。小窓から見えるオレンジの炎の光に癒されますね。

……なんて呑気なことを言っているうちに、テント内の温度はあっという間に30℃オーバーに。流石、天下のトヨトミ製。かなりパワフルにテント内を暖めてくれました。これなら大型シェルターはもちろん、タープの幕下で使っても効果がありそうです。