CAMP HACK[キャンプハック]


エディー・バウアー×JJJJOUNDロゴ

創立100年を迎えた『エディー・バウアー』が『JJJJOUND』と数量限定コラボダウンを発表!

0

シアトル発のアウトドアブランド『エディー・バウアー』がこの度、世界から注目を集めるカナダのクリエイティブスタジオ『JJJJOUND(ジョウンド)』とのコラボレーションモデルを発表。ブランドのアイコン的ダウンアイテムに着想を得た2モデルがラインナップしました。

加茂 光


『エディー・バウアー』×『JJJJOUND』のコラボは2モデル!

エディー・バウアー×JJJJOUND
今年記念すべきブランド100周年を迎えたアメリカ・シアトル発のアウトドア・ライフスタイルブランド『エディー・バウアー』。

エディー・バウアー×JJJJOUNDロゴ
本物のアウトドアマンに愛される同ブランドから今回、カナダ・モントリオールを拠点に世界中で活躍するクリエイター、ジャスティンサンダース氏が率いるレーベル『JJJJOUND(ジョウンド)とのコラボを発表。2つの新しいダウンウェアが誕生しました。

『エディー・バウアー』はダウンジャケットの生みの親?!

エディー・バウアーのダウンジャケット いまでは当たり前となった冬のマスト防寒アイテム「ダウンジャケット」。『エディー・バウアー』は、アメリカで初めて特許を取得したダウンジャケットを作った由緒あるブランドなんです。

「真冬でも釣りを楽しむためのジャケットを作る」という情熱を抱いていた創立者エディーは、当時ウェアには使われていなかったダウンの保温性に注目。ダウンが偏るのを防ぐためのキルティングを施した「スカイライナー」を1936年に発表し、以降アップデートを繰り返しながらブランドの顔として進化を果たしてきました。

気になるコラボモデルは、そんな『エディー・バウアー』の原点モデル「スカイライナー」とロングセラーモデルの「カナディアンベスト」にインスパイヤされたデザインになったとのこと。早速チェックしていきましょう!

ブランドのアイコン「スカイライナー」を踏襲

エディー・バウアー×JJJJOUNDのスカイライナー
(写真左から)ライトセージ、タン
こちらがその『エディー・バウアー』のアイコン的アイテム「スカイライナー」のデザインを踏襲したモデル。

スカイライナーの袖リブとポケット
袖口はキュッとしたフィット感が心地良いリブ仕様になっているほか、ポケット部分には『JJJJOUND』のオリジナルチャーム入りです!

なお今回のコラボモデルでは、両モデルともに軽くて保温性に優れた「RDS」認証の800フィルパワーのグレーグースダウンを封入。ライトな着心地ながら、抜群の保温性を発揮してくれます。

【EDDIE BAUER JJJJOUND SKYLINER JACKET 2020】
カラー:ライトセージ、タン
サイズ展開:S/M/L
素材:表側ポリエステル100%、裏側ポリエステル100%
価格:29,000円(税別)

上品なフォルムなダウンベスト

エディー・バウアー×JJJJOUNDのカナディアンベスト
(写真左から)ライトセージ、ストーム
そして2つ目のこちらは、1954年に発売された「カナディアンベスト」のアーカイブを再現しつたダウンベスト。

カナディアンベストの襟元
スーツベストのような気品のあるデザインは、天候が変わりやすいアウトドア環境はもちろん、スーツのなかに着込むなどフォーマルなシーンでもマルチに活躍してくれそうです。

【EDDIE BAUER JJJJOUND CANADIAN VEST 2020】
カラー:ライトセージ、ストーム
サイズ展開:S/M/L
素材:表側ポリエステル100%、裏側ポリエステル100%
価格:20 ,000円(税別)

コラボレーションモデルは数量限定!11月19日(木)より発売スタート

今回ご紹介したアイテムは、『エディー・バウアー』のオンラインストア、及び一部直営店での数量限定販売となっています。是非、お買い逃しのないように!

『EDDIE BAUER』×『JJJJOUND』の特設サイトはこちら

加茂 光

ライター。フリーペーパー『88』『Lj』編集スタッフを経てフリーに。「アウトドア」「旅」「オーガニック」をテーマに、人と自然が関わる風景を伝えるべく活動中。座右の銘は「ルール破ってもマナーは守るぜ」。

関連記事