CAMP HACK[キャンプハック]


【2020年版】ユニクロ・モンベル ・無印良品の「インナーダウン」を比べてみた

0


インナーダウン人気の火付け役「モンベル」

モンベルのスペリオダウン ラウンドネックジャケット
まずモンベルからは、「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」。着心地はゆったりめで表地のしなやかさもあり、着ているのを感じさせないほど軽やか。重ね着前提で、アウターと干渉しないよう首回りは広めです。

価格は10,800円(税別)と、他の大手アウトドアブランドと比べると半額ぐらいというのも人気の高さに貢献しています。

モンベルのスペリオダウン ラウンドネックジャケットのタグ
まず注目したいのが、肝となるダウンの品質。ダウンシュラフなどにも使用されている800フィルパワー・EXダウンは、他の2つを上回る高スペック!

フィルパワーはダウンの「かさ高」を表す単位で、大きい方がより保温性が高く良質なダウンということになります。袖を通した瞬間、暖かさに包まれる感じがしました。

この薄さで、しっかりあったかい!

モンベルのスペリオダウン ラウンドネックジャケットの厚み
厚みはそれほどありませんが、フィルパワーが大きいのでダウンの量は少なくても保温性は◎。その分軽く、暖かさと携帯性の両方に優れています。

モンベルのスペリオダウン ラウンドネックジャケットの生地
表地は少し光沢のある質感で、15デニールのナイロンリップストップを採用。薄くて収納しやすい上に、強度も抜群です。

しかも、通常使用の範囲で破損した場合、3年間は無料で修理または交換してくれる保証付き! 品質への自信が感じられると共に、ユーザーとしては安心感を覚えます。

モンベル「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」について詳細はこちら

襟元のオリジナリティが魅力の「ユニクロ」

ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケット
続いては、ユニクロの「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」。オンラインと大型店限定のアイテムで、価格は4,990円(税別)とモンベルのさらに半分ほど。さすがユニクロと言わざるをえないコスパの良さです。

少しマットな質感で、しっかりした厚みの表地。シルエットパターンはモンベルと比べるとやや細身で、身体にフィットする少しタイトな着心地です。

ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットのタグユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットの厚み
ダウンの品質は640超フィルパワーとなっており、他の2つと比べると若干低め。見た目的にもペタッと薄手の印象で、暖かさを保ちつつもインナーとしての着やすさが重視されている印象です。

ユニクロだけ!Vネックに切り替えられる

ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットの内スナップ
第一ボタンを内側のスナップボタンに留めると、ラウンドネックをVネックに変更可能。これはユニクロだけの特別な機能です。

ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットをVネックにした様子
襟元をVネックに変えることで、ジャケットのインナーとしても着用できて、より一層活躍の場が増えますね。

モンベルと比べるとアウトドアだけでなく普段着やオフィスでも使いやすく、よりインナー感を意識しているように感じられました。

ユニクロ「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」について詳細はこちら

じつはユニクロより安かった・・・「無印良品」

無印良品のノーカラージャケット
最後に紹介するのは、無印良品の「ノーカラージャケット」。モンベルやユニクロと比べるとダウンのピッチ(幅)が広めで、普通のダウンジャケットに近い見た目。

身体のラインに沿った綺麗なシルエットで、表地がマットな質感ということもありおしゃれで落ち着いた雰囲気です。

無印良品のノーカラージャケットのタグ
元々5,990円(税込)だったところ、価格の見直しにより2020年10月からは4,990円(税込)に。この3モデルの中では最安値です!

無印良品のノーカラージャケットの厚み
750フィルパワーとモンベルに迫るダウンを使用しており、他の2つと比べても厚みはしっかり。実際着るとしっかり暖かさを感じました。

無印良品はファスナーが付きポケットがある

無印良品のノーカラージャケットのファスナーポケット
3ブランドの中では唯一ファスナー付きのポケットを採用。アウター使いのときに、安心して貴重品を入れておけます。

収納状態はどう?

特に脱ぎ着が多い季節の変わり目は、持ち運びのスペックも重要。3つともパッカブルタイプなので、持ち運び時の状態についても比較してみました。

関連記事