最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
エアライトアッセムプットベッド-BJ

なんだこのフレーム?!ロゴスの新作は「ローコットの組み立て大変」問題を解決してくれるぞ!

2022/08/16 更新

キャンプでの快眠をサポートしてくれるコット。しかし収納状態が巨大だったり、組み立てに力が必要だったりと、扱いにくいイメージが……。そこで注目したいのが、口コミで評判のロゴス新作コット「エアライトアッセムプットベッド-BJ」。コンパクト収納できて、かつ組み立てやすいと高い評価を得ています。実際の使い心地を調査すべく、リアルなレビューをご紹介します。

目次

ロゴスのコットが充実してるって知ってた?

ロゴスのコットラインナップ

出典:LOGOS

寝床のゴツゴツを回避したり、地面と距離をとることで底冷え対策ができたりと、持っておいて損はないのがコットです。

今回ピックアップするのは、総合アウトドアブランド・ロゴスのコット。じつはロゴスって、コットのラインナップが充実しているんです。

「エアライトアッセムプットベッド-BJ」に注目

ロゴスのエアライトアッセムプットベッド-BJ

出典:LOGOS

なかでも、フレーム構造が優秀だと口コミでも高評価を得ているのが、「エアライトアッセムプットベッド-BJ」。コンパクト収納ができ、直感的に組み立てやすく誰でも簡単に設営できるのだとか。

ロゴスのエアライトアッセムプットベッド-BJ収納状態

実際に現物を持って、キャンプに行ってみました。収納状態は「思ったよりも小さいな」という印象。サイズは約43.5×20cm、厚さは4.5cmです。重量も約2.5kgと軽く、まずは大満足のコンパクト性を確認することができます。

では実際に組み立てていきましょう。人気コットのリアルな使用感はいかに? ロゴスの豊富な最新コットラインナップと合わせてご紹介していきます。

ロゴスの評判コットを、初見で実際に組み立ててみた

ロゴスのエアライトアッセムプットベッド-BJ 部品

収納袋から、中身を出してみました。いちばん左が座面となる生地、中央は生地に通すポールでしょう。そして右側にある5つのパーツが、当モデルのキモとなるフレームです。

ポールの組み立てはほとんど一瞬

エアライトアッセムプットベッド-BJ ポールを組み立てる様子

ではポールから組み立てていきましょう。分割された状態のポールを、1本の長い棒にします。内部にテンションコードが張られているので、難しいことは何もありません。きわめて迅速に、2本のポールが完成しました。

エアライトアッセムプットベッド-BJのポール

ポールはところどころに、黒いリングが設置されていました。これはいったい何でしょうか? まあ組み立てているうちに判明することでしょう。

ポールを生地に差し込む

エアライトアッセムプットベッド-BJのポールを取り付ける様子

組み立てたポールを、生地の両サイドに差し込んでいきます。スリーブのいちばん端、その横っちょにスリットが入っており、そこが差込口になります。

エアライトアッセムプットベッド-BJを組み立てる様子

黙々と差し込んでいきます。この作業は特に他のコットに比べて、簡単ということはありませんでした。油断すると途中の穴からポールの先端が飛び出してしまう事態に。

ただしこの問題は、コットの組み立てにおける「あるある」。当モデルが特にやりにくいということではありません。慎重にポールを差し込んでいきます。

エアライトアッセムプットベッド-BJを組み立てる様子

ポールの差し込みが完了しました。あとはポールの先端を、収まるべき位置に潜り込ませて固定します。ループを引っ張りながら押し込むと、生地が突っ張って固定される仕組みで、この工程はそこそこの握力が要求されました。

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚取り付け部

さきほど不思議に思っていた黒いリングは、等間隔で空けられた穴にちょうど配置されていました。なるほど、この位置に脚のフレームを取り付けるということでしょう。

5本の脚フレームを準備

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレーム部品

さていよいよ、脚のフレームの取り付けを開始します。普通はコットの組み立てで、もっともパワーを必要とする工程です。

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレーム

折りたたまれた状態の脚フレームを開いて、変形させましょう。可動部はラチェット構造になっており、赤いボタンを押すとロックが解除されて、フレームを開くことができます。他ブランドでは見かけない特殊なフレームのデザインに期待感が高まりますね。

昭和な例えで恐縮ですが、「シェー」のポーズ的な形状に。このままでは取り付けられません。

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレーム

脚フレームの内部にもテンションコードが張られているので、可動部からフレームを引っ張り出し、方向を変えます。

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレーム

数秒の作業で脚フレームが完成しました。可動部のラチェットはもう1段階、直線に近い状態にしておいた方がいいのですが、初見ゆえご容赦を。

脚フレームの取り付けは驚くほど簡単

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレームを取り付ける様子

ポールの黒いリングにフレームの位置を合わせて、上から押し込みます。カチッと音がすれば、もうそれで完了。フレーム中央のラチェット構造により、緩む方向に戻ることはなく、しっかりと固定されます。

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレームを取り付ける様子

上から力を加える必要がありますが、ご覧の通り、腕力は必要ありません。体重を思いっきり利用できるからです。世の中にはフレームの取り付けに馬鹿力が必要となるコットもありますが、当モデルは重力があればOKでした。

エアライトアッセムプットベッド-BJ完成

あっけなく完成! 最初は「脚が5本もあるのか」と億劫でしたが、グッ!カチッ!のリズムであっという間でした。筋力を使わないので、疲れもありません。

ビジュアルも上々ですね。自然にまぎれるカモ柄なので、枯れ葉の落ちた地面にいい感じで同化しています(撮影状況の影響もあります)。

全体をじっくりと見てみよう

サイズは幅61.5×長さ185cm

エアライトアッセムプットベッド-BJ

完成状態をじっくりと見ていきましょう。まず使用時のサイズですが、幅が61.5cm、長さが185cmです。寝かせたときの高さは12.5cmと、ローコットのなかでもかなり低い方ですね。

しっかりとした厚手の生地を採用

エアライトアッセムプットベッド-BJ生地

生地はPVCコーティングが施されたポリエステル。厚手で歪みにくい仕様になっています。コットの座面はどうしても荷重に偏りが発生し、負担の集中する部分がありますから、抜かりなく配慮されているようです。

ところでカモ柄をよく見ると、ロゴスのマークが……。こいつは洒落たギミックですね。

脚フレームに漂う謎の美しさ

エアライトアッセムプットベッド-BJの脚フレーム

独自の構造を持つ脚フレームは、不思議な美しさを放っていました。美しいだけでなく、耐荷重120kgというスペックを実現した実力も備えています。

素材は超軽量な7001アルミ合金で、全体の軽さにも貢献しています。

エアライトアッセムプットベッド-BJのポールゴム

脚フレームはそれぞれ、ポールの黒いリングにしっかりとはまっています。こうした「カチッ」と決まっている感じが、なんだか気持ちのいいコットです。

寝たり座ったりしてみた

エアライトアッセムプットベッド-BJに寝る男性

試しに寝てみました。生地がこれでもかとパツパツに張られているので、ほどよく固い寝心地で、腰によさそうです。

個人的な意見ですが、ローコットの座面のテンションは価格に比例するイメージがあり、空を見上げながら「値段の割に張りがいいな……」などと考えていました。

必要最低限の幅で省スペースに

エアライトアッセムプットベッド-BJ

さきほども触れましたが、幅は61.5cm。「ワイド」であることを売りにしていないコットとしては、定番といえるサイズでしょう。成人男性にとっては必要最低限といったところで、幕内のスペースを圧迫しません。

なかなか頼もしい張力

エアライトアッセムプットベッド-BJに座る様子

今度は座ってみました。12.5cmと低めのローコットなので、お尻がついてしまわないか不安でしたが、頼もしい張力が支えてくれます。また脚が5本もあるので、よほど端っこに腰をかけない限り、安定していました。

気分のいい武骨デザイン

エアライトアッセムプットベッド-BJに座る男性

機能だけでなく、デザイン性も高く評価したいコットです。オリジナルのカモ柄は非常に男前で、サイトを武骨に演出してくれました。

ベンチとして使用すれば、一般的なローチェアよりもずっと低い目線になり、まるで地べたに座っているかのような感覚でリラックスできます。

「エアライトアッセムプットベッド-BJ」の気になった点・良かった点

いざ撤収!……ちょっと不便に思った部分も

エアライトアッセムプットベッド-BJ脚フレームを取り付ける様子

分解は、組み立てと逆の手順でOK。赤いボタンを押せばラチェットが解除され、フレームを取り外すことができます。ただしここでも体重を使うことが重要で、上からフレームを歪ませるように体重をかけてやらないと、ボタンは固くて押せたものではありません。

エアライトアッセムプットベッド-BJ脚フレームを外す様子

組み立てにも分解にも、体重を利用できるのは助かるんですが、どうしても座面を地面に押し付けることになります。生地は汚れに強い素材ではありますが、芝生サイトでもない限り、グランドシートがないと汚れが心配になるでしょう。

この点が不便といえば不便で、組み立てやすさと引き換えにした部分かなと思いました。

最大のメリットは、組み立てに筋力不要!

ロゴス エアライトアッセムプットベッド-BJ

「エアライトアッセムプットベッド-BJ」の組み立てに、力は必要でした。しかしそれは、筋力ではありませんでした。体重をめいっぱい利用することができるので、コット購入時に不安になりがちな「組み立てが大変だったら……」は見事に克服しています。

デザインも優秀ですし、選んで間違いのないコットのひとつでしょう。

ロゴス エアライトアッセムプットベッド-BJ

●総重量:約2.5kg
●サイズ:約幅61.5×奥行185×高さ12.5cm
●収納サイズ:約幅43.5×奥行4.5×高さ20cm
●耐荷重目安(静止荷重):約100kg
●主素材:[フレーム]7001アルミ合金[生地]ポリエステル(PVCコーティング)

他にはどんなモデルが?ロゴスの最新コットを一挙見

冒頭でも触れましたが、ロゴスのコットは充実のラインナップ。今回ピックアップした「エアライトアッセムプットベッド-BJ」以外にも座面の広いワイドタイプやハイコットもあります。2020年最新ラインナップを一挙ご紹介。

ロゴス neos コンパクトキャンプベッド-AH

ロゴス neos コンパクトキャンプベッド-AH

●サイズ:183×56×21cm
●収納サイズ:64.5×8×18cm
●重量:3.4kg
●耐荷重:80kg
収納サイズはちょっと大きめ、重量も多少はありますが、リーズナブルな価格が最大の魅力。また高さが約20cmとローコットにしては高めで、その分、地面からの冷気や湿気をしっかり防いでくれます。

ロゴス neos FDコット DX-AH

ロゴス neos FDコット DX-AH

●サイズ:190×74×46cm
●収納サイズ:95×11×17.5cm
●重量:6.0kg
●耐荷重:100kg

幅74cmのワイドサイズで、のびのびと寝られるハイコット。脚が6本に抑えられているため、地面のデコボコの影響を受けにくいという特長も。それでいて耐荷重は100kgと、不足はありません。

ロゴス デザインコンフォートベッド(LOGOS LAND)

ロゴス デザインコンフォートベッド(LOGOS LAND)

●サイズ:72×205×34cm
●収納サイズ:幅30×奥行15×高さ74cm
●重量:6.4kg
●耐荷重:120kg

大きなLOGOSLAND柄が目を引く、デザイン性の高い収束型コット。「収束型」なので何ら組み立ての手間を要することなく、ただ広げるだけで完成します。幅72cm、長さ205cmとゆったりサイズ。

ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド

ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド

●サイズ:205×72×34cm
●収納サイズ:30×15×74cm
●重量:6.4kg
●耐荷重:100kg

すぐ上で紹介したコットのカラー違い。キャンバス風の生地とブラウンの脚フレームとの組み合わせが上品で、お洒落なサイトにぴったり。重量、収納サイズともそこそこありますが、贅沢な寝室を創出します。

ロゴス グランベーシック EZアッセムコット

ロゴス グランベーシック EZアッセムコット

●サイズ:190×76×40cm
●収納サイズ:92×20×12.5cm
●重量:6.3kg
●耐荷重:120kg

ロゴスの高級ライン「グランベーシック」シリーズのハイコット。EZ HANDLE SYSTEMが採用されており、力要らずの簡単作業で、屈強なフレームが組み上がります。幅はゆったりと寝られる76cm!

ロゴス グランベーシック Bed Style BIGコット

ロゴス グランベーシック Bed Style BIGコット

●サイズ:217×111×51cm
●収納サイズ:23×17×113cm
●耐荷重:120kg
●重量:14.5kg

こちらはコットというよりも、普通にベッドです。100×217cmもの座面サイズは一般的なシングルベッドと同サイズ。別売りの「専用FUTON3点セット」を組み合わせれば、まるでホテルのような寝室に!

スタイルに合わせて選びたいロゴスのコット

ロゴス エアライトアッセムプットベッド-BJ"]

気になるコットは見つかりましたか? 使いやすさを追求したデザインのコットをキャンプサイトに取り入れてみてはいかがでしょうか。

コットをお探しの方は、こちらの記事も参考に!

紹介されたアイテム