【全部買っても3万円以下】カインズの新作焚き火ギアは玄人受けするラインナップが魅力

ホームセンター「カインズ」から発売されている焚き火ギアをご存知でしょうか?黒いスチール素材を使った男前なルックスに加えて、どれも玄人っぽさ漂う佇まい。その魅力をフィールドでチェックしてきました!


    カインズから焚き火台周辺ギアが一挙リリース


    カインズといえば、他のホームセンターとは一線を画すデザイン性の高い商品でお馴染み。それはキャンプ用品も同様で、特にこの秋に発売された焚き火周辺ギアはキャンパーの心を鷲掴みにするかっこよさです。

    しかもそのほとんどがコンパクトに収納ができ、商品によっては収納ケースが付いているので、持ち運びにとっても便利と話題なんです。


    ラインナップは焚き火台にはじまり、トライポッドやテーブルなど多岐にわたっています。その多くが黒いスチール素材でとにかく男前なルックス!

    それでいてお値段もローコストなので、キャンプデビューの方はもちろん、買い足しアイテムとしても候補に入れるべき存在なのです。


    カインズの店頭では焚き火で作るスモアの材料(マシュマロ、チョコレート、クラッカー)も売っていて、焚き火シーンにかける本気度も伺えますね。

    今回は新作の中から焚き火周辺ギアを全8品ピックアップ。それぞれフィールドで使ってその実力を検証してみました。

    カインズの新作焚き火ギアを実際に使ってみました

    その1:コンパクトに折り畳めるスチール製の焚き火台


    まず最初に紹介するのが「持ち運びに便利な折りたたみ焚火台(2,980円)」。串焼きなどの串を立て掛ける波状のスタンドや網が落ちにくいフックなど、焚き火調理のやりやすさを考慮したディテールへのこだわりはさすがです。

    別売りの網(45✕30cmサイズ)を購入すれば、フレームの上部分に乗せての調理も可能。火力を調整したい場合に便利です。


    本体は折りたたんで収納することができ、専用の収納ケースも付属します。網は側面にあるフックに引っ掛けた状態で収納できるのも嬉しいポイント。本体重量は約3.6kg、収納時サイズが幅41✕奥行き7.5✕高さ56cmなのでかさばることもありません。

    「焚き火台」の詳細はこちら

    その2:焚き火料理を堪能できるトライポッド


    焚き火調理を思う存分に堪能したいのであれば「持ち運びに便利なトライポッド(2,980円)」がおすすめ。

    脚は2つのポールをジョイントする仕組みで、取り外せば高さ52cmになり、カメラの三脚のようにコンパクトに収納が可能。商品には専用のケースも付属します。


    トライポッドは焚き火台と組み合わせて使うギアですが、付属のチェーンの長さを調整することで、弱火~強火を自由に変えられるのが特徴。

    重量のあるダッチオーブンや大きなケトルでお湯を沸かすのに重宝します。スチール製のボディは耐熱塗装が施されているので、耐久性も抜群です。

    「トライポッド」の詳細はこちら

    その3:焚き火周りでも安心なスチール製のコの字型テーブル

    slider image
    slider image
    slider image
    {"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


    火の粉が飛んでくる焚き火周りには、スチール製のテーブルが安心です。「ファイアピットにも使えるテーブル(4,980円)」は焚き火台を囲うようにレイアウトできるコの字型を採用。

    高さは3段階に調節ができるので、ロースタイルから通常のハイスタイルまで、使うシーンに応じて対応できます。


    収納時は半分に折りたたむことができ、サイズは約63✕43✕8.3cm。

    スチール製のため重量は約5.6kgと少し重めですが、その分耐荷重が約20kgあるので、ダッチオーブンなどを置いても安定感は抜群です。


    焚き火を使った調理をする場合、熱したフライパンなどの置き場所に困ることがありますが、天板がスチール製なので直に置いても問題ありません。

    2台を組み合わせれば焚き火を囲っての団らん時にも役立ってくれそうです。

    「テーブル」の詳細はこちら

    その4:焚き火の達人感がただようファイアベース


    トライポッドよりも玄人感溢れるギアが「ファイアベース(6,980円)」。脚の長さは2段階に調節が可能なので、火床の位置に応じて調整ができます。

    本体は組み立て式で、収納時は約69✕14.5✕5cmとコンパクトに。収納ケースも付属します。


    商品にはS字フック3本、網1枚、チェーン4本のほかに、小物掛けも付属。

    本体の側面に取り付けることで、火ばさみや手斧といった焚き火に必要なギアをぶら下げておくことができるので、暗闇で見失うこともありません。


    付属する網のサイズは約50✕40cm。10インチのダッチオーブンを設置しましたが、グラつくことなく安定感もありました。

    写真のように焚き火台とセットで使うのはもちろん、焚き火の近くにレイアウトして、ツールなどを引っ掛けておくハンガーラックとしても活用できます。焚き火周辺ギアが増えてきて置き場所に困っている方は購入を検討する価値大です。

    「ファイアベース」の詳細はこちら

    その5:テーブルのうえで炭火焼きを楽しむ卓上コンロ


    焚き火を使っての調理は豪快で火力も強いのがメリットですが、炭火を使った調理をするのであれば「持ち運びに便利な折りたたみ卓上コンロ(2,980円)」が便利です。

    本体サイズは約31✕20✕18cmなので、ファミリーで使うのにもぴったりの大きさ。ほかのギア同様、黒一色のスチール製なので、見た目もシックで男前。


    本体は分解して折りたたんで収納することができるので、持ち運び時はコンパクト。専用のケースが付属します。

    テーブルに置いて、じっくりと焼いたり蒸したりする調理には欠かせないアイテムです。

    「卓上コンロ」の詳細はこちら

    こちらも見逃せない!焚き火時間を優雅にする3つのギア

    5つの焚き火周辺ギアを紹介してきましたが、合わせて持っていると焚き火時間がより優雅で快適になる新製品もカインズには揃っています。早速ご紹介していきましょう。

    その1:二通りの使い方ができるランタンスタンド


    焚き火のムードを壊さないためにも、ランタンなど明かりの位置はとても重要です。「ツールスタンドとしても使えるランタンスタンド(1,980円)」は、好きな位置に打ち込むことでランタンの場所を自由自在に変えられる商品。

    焚き火から近からず遠からずの位置に設置すれば、ムードを邪魔することなく、足元を明るくすることができます。


    また、スタンド部分は分割して使用することも可能です。2本のスタンドを平行に打ち込んで、別売りの「異形丸棒」などをリングに引っ掛ければ、ご覧のようなツールスタンドに早変わり。

    スタンド部分はスチール製で、高さは約105cm。ギアの収納はもちろん、ハンガーを使って洋服などを掛けておくのにも重宝しそうです。

    「ランタンスタンド」の詳細はこちら

    その2:好きな場所に突き刺させるドリンクホルダー


    焚き火の時間、意外と置き場所に困るのがドリンク類です。火の粉が飛んでも気にならない素材のサイドテーブルがあればベストかもしれませんが、おすすめなのが「外で使えるドリンクホルダー(2本入りで980円)」。

    芝や土など、柔らかい地面に限りますが、好きな場所に突き刺すだけで、ドリンクの定位置が完成します。・


    500mlのペットボトルをはじめ、350ml缶やカップラーメンなど、直径8.5cm以内のものであれば大概は設置が可能。

    980円で2本のスタンドが入っているので、使用する人数に合わせて持っておくと便利な逸品です。

    「ドリンクホルダー」の詳細はこちら

    その3:燻製も作れる丸型ミニバーベキューコンロ


    焚き火の合間に仕込んでおくと喜ばれるのが燻製。「スモークもできる丸型ミニバーベキューコンロ(2,480円)」は、その名の通りコンロとしてはもちろん、スモークウッドを使って燻製を作ることができます。温度計も付属しているので、初めての人でも安心。


    網の直径は約28cmあるので、4人分の食材であれば一気にスモークが可能。

    フタ部分には通気穴があり、煙の量を調整することもできます。スモークウッドは約二時間半煙が続くので、頃合いを見てフタを開ければ完成します。


    カインズではファーストキットとして、スモークウッド(980円)とスモークチップ(698円)も販売してます。

    それぞれ、サクラ、ナラ、リンゴの3種類の香りがついてくるので、好みの風味を見つけてみましょう。

    「ミニバーベキューコンロ」の詳細はこちら

    「スモークウッド」「スモークチップ」の詳細こちら

    カインズなら焚き火ギアを全部そろえても約26,000円!


    今回紹介した焚き火周辺ギアは全部で8種類。全部合計しても26,340円(スモークウッド除く)と、そのコスパの高さには目を見張るものがあります。

    カインズに足を運んで、気になる製品を実際に手にとってみてはいかがでしょう?

    カインズ 公式ECサイトはこちら価格は2020年11月時点

    撮影協力/キャンプ民泊NONIWA

    Sponsored by 株式会社カインズ

    CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!