CAMP HACK[キャンプハック]


もう冬の定番?「ヌプシブーティー」シリーズで足元ぽかぽか快適!

0


フィールドでも安心。抜群の暖かさなんです!

ヌプシブーティーはもともと、冬山用のテントブーツとして開発されさまざまな極地遠征隊に愛用されていました。これにソールなどを装備し、一般向けに改良したのが現在のヌプシブーティーです。そんな技術が搭載されているので暖かいのも納得ですね!

中綿にはダウンと同等の保温性を備え、濡れても保温性を維持してくれる高機能素材「プリマロフト」を採用しているモデルがメインでラインナップ。中には650フィルパワーの高品質ダウンを封入したモデルもあり、足元はぽかぽか!

さまざまな“濡れ”を防いでくれる!

ヌプシブーティーが水を弾いている 出典 : Wonder Mountain
フィールド使用で気になることのひとつが“濡れ”。雨や朝露などの外的要因のほか、足室内の蒸れも気になります。そんなさまざまな“濡れ”を防いでくれるのが独自素材の「TEKWPROOF」。

蒸れを排出しながら水の侵入をシャットアウトする高い防水透湿性素材で、多くのモデルに採用されています。アッパーがウールやリップストップナイロン地のモデルは、防水ではなく撥水加工が施されています。

歩きやすい、履きやすい!だから快適!

ソールには低温時でも硬化しない「ウィンターグリップソールラバー」や、氷面でもグリップ力を発揮する「ウインターアイスポッド」をソールのセンターに配置するなど、凍った路面や足場の悪いフィールドでも歩きやすいようになっています。

ヌプシブーティーの足首ホールドシステム
出典:楽天
またシューレースがないモデルがほとんどですが「足首ホールドシステム」と、日本人に合わせた足型でフィット感はかなり高く、歩きやすさも抜群。脱ぎ履きしやすいのも特徴です。

バリエーションが豊富すぎ!シーンに合わせて選ぼう!

ヌプシシリーズにはさまざまなタイプがあり、そのラインアップの豊富さも魅力。アッパーがウォータープルーフやウールだったり、中綿が機能素材やダウン、丈もミドルのほかショート、ロングとあり、ヌプシブーティーをベースにしたブーツタイプではないモデルもラインナップされています。

自分がどんなシーンで履くか、考えてチョイスしたいですね。代表モデルを紹介します!

気軽にコーディネートに取り入れられるヌプシ トラクションライトモック

ヌプシ トラクションライトモック
出典:楽天
雑誌GOOUT掲載などで今年大人気なトラクションライトモック。他のシリーズ同様、中綿にはプリマロフトを使用し見た目以上に暖かく履くことができます。

ザ・ノースフェイス トラクションライトモック

●サイズ展開:23cm-29cm
●カラー展開:(K)TNFブラック、(KH)カーキ、(OW)オフホワイト、(LG)ライトグレー、(NV)ネイビー



関連記事