【3,990円】GUのマウンテンパーカが秋キャンプにちょうどいい?体を張って実験してみた

2020/11/09 更新

アウトドアブランドも顔負けの機能性ウェアが充実しているGU。今秋の新作にも、肌寒いキャンプで大活躍してくれそうなコスパ抜群のライトアウターを発見! スペックの特徴とともに、実際に着用してアウトドアを想定したシーンで実験でその魅力をお伝えします。


 アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

秋のキャンプにマストな軽めのアウターが欲しい!


キャンプのベストシーズンとも言える秋! 過ごしやすく焚き火もじっくり楽しめますが、気温差が激しく雨が降ることも多いので、天候の変化に対応するのが難しい季節でもあります。

そんな時期には、気軽に羽織れて風や雨をしっかり防いでくれる、軽めのアウターが必須。

今秋は低価格でも高機能なGUのアウターに注目!


機能性という点では、やはり安定のアウトドアブランドのウェアが気になるところ。ですが、機能の高さに比例して価格も高め……。

もっと安くて使えるものはないかと探したところ、GUでコスパ抜群で機能面も期待できそうなアイテムを見つけちゃいました!


秋キャンプに大活躍!GU「3レイヤーマウンテンパーカ」はこんなアイテム


そのアイテムがこちらの「マウンテンパーカ 3レイヤーファブリックGA+X」。ハイスペックアイテムという機能性を売りにしたカテゴリーで、アウトドアユースを意識したラインナップのひとつです。

アウトドアで活躍間違いなしの「5つの機能」


実際にどんな機能を持っているのかと言うと、防風・撥水・耐水圧・透湿・ストレッチの5つ。アウトドアで求めたい条件をほぼ満たしていると言ってもいいぐらい充実した機能ですね。

薄手なので真冬は厳しいですが、春や秋であればこの1着で対応できそうな予感。その秘密はどうやら生地素材にあるようです。

秘密は3層構造のファブリックにあり

出典:GU
複数の機能を果たしてくれる秘密は、ポリエステル・ポリウレタン・ポリエステルメッシュと3層になった生地の構造。それぞれ異なる役割を果たすことで、複数の機能をもたらしてくれるというわけです。

中でもとくに優れているとされる撥水効果の高さは、GU公式サイトの動画でも確認できます。

防風の役目を果たすポリウレタン層


アウトドアでは体温を奪われないために、冷たい風をシャットアウトすることが重要。二層目のポリウレタン層が、風の侵入をしっかりガードしてくれる構造です。

機能が豊富なのはわかりましたが、レベルに関しては実際に体感してみないとわかりません。ということで、実物を入手して隅々までチェック!

実際に着て、性能をチェックしてみた

撥水・耐水効果は?

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
まずは1番の特徴と言えそうな撥水効果のチェックから。ペットボトルに入れた水をドバーッと一気にかけてみたところ、公式動画のとおり生地の表面を舐めるように流れていきます。

撥水効果の高さについては疑いの余地は無さそうです!


より実際の使用シーンに近づけるため、身体を張って雨の中30分ほど散歩に……。もちろん傘無しですよ。ちなみに雨の強さは大雨ではありませんが、傘無しだとすぐにびしょ濡れになってしまうぐらい。

散々雨を浴びた後に帰宅して脱いでみると、中に着ていた服は全く濡れてませんでした。幸いなことに、この実験のせいで風邪をひくという結果にならずに済みました。

雨がしみ込みづらくする耐水性能もしっかり発揮。完全防水ではないもののよほどの土砂降りでなければ、キャンプの雨設営・撤収時のレインウェア代わりとしても使えそうです。


ただ、撥水効果というのは使っているうちに徐々に効果が弱まってくるもの。その弱点を補うため、裏地の縫い目部分には浸水を防ぐためのシームテープ加工が隙間なく施されています。

本格的なアウトドアウェアならまだしも、この価格でここまでしっかり加工されているウェアは、なかなか見掛けませんね。これなら多少撥水効果が弱まっても、軽い雨程度ならば充分耐えられそうです。


ちなみに、水には強いですが難燃性はないので、焚き火のときは火の粉にご注意を!


防風性能は?


裾はドローコードで絞ることができ、すきま風が吹き込むのを軽減。


フードにもアジャスターが付いていて、隙間を減らしフィットして脱げにくくなります。夕方になり少し肌寒くなってきた時にサッと羽織ると、しっかり風を防いで身体が暖まるのを感じました。

動きやすさは?


立ったりしゃがんだり、腕を曲げたり伸ばしたり、色々な姿勢になる設営・撤収の場面。生地に若干の伸縮性があることで、窮屈な姿勢でもジャケットが突っ張らずに作業できました。

見逃せないのは、やはり安定のコスパ!


着てみて文句なしの性能を持ちながら価格は3,990円(税抜)と、安定のGUプライス! 着回しやすいシンプルなデザインで、シーンを問わず活躍してくれそうです。

ダークグレー・ブラック・オレンジ・オリーブ・ネイビーとカラバリが多いのも嬉しいですね。

キャンプ用としても「アリ」なライトアウターだった


アウトドア専門ブランドの高機能なウェアと比べると、やはり劣る部分はあるかもしれません。ただ、そもそもそれほどハードなコンディションにならない普通のキャンプであれば、充分使えるレベル。

何よりやはり、3,990円というお手頃価格が、最大の魅力ですね。人気沸騰の予感、見つけたら手に入れて損は無さそうです!

GU マウンテンパーカ(3レイヤーファブリック)について詳しくはこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
AKT

家族ができてから沼に浸かったまだまだ初心者なファミリーキャンパー。https://camp-cafe.com/

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!