CAMP HACK[キャンプハック]


1,900円で買える「ワークマン」の撥水2WAYバッグってどうなの?実際に使ってみました

0


アウトドアにデイリーに・・・どっちも想像以上に使えた!

アウトドア:デイキャンプへ行くバッグとして

ワークマン 撥水2WAYポケッタブルライトトート アウトドア時使用画像
デイキャンプとは言ってもチェアやテーブルは多少かさばっても使い勝手の良いものを持って行きたいタイプなので、食材や調理器具も全部入るのか……。
ワークマン 撥水2WAYポケッタブルライトトート アウトドア時使用画像2
そんな心配をよそに、これだけのグッズがしっかり入りました! 容量自体は20Lですが、ソフトな生地なので形に融通が利くというメリットを実感。

ワークマン 撥水2WAYポケッタブルライトトート アウトドア時使用画像3 ちなみに20Lという限られた容量をフル活用する工夫として、外側のサイドポケットには500mlのペットボトルを1本ずつ入れて、メインコンパートメントには余力を持たせておきました。

これで途中コンビニで買い足した物や薄手のアウターをしまうにも困りません!

日常:子供とのお出かけバッグとして

ワークマン 撥水2WAYポケッタブルライトトート 日常時使用画像
日常生活では、その軽量さから子供とのお出かけに重宝しました。細々としたもの以外にも子供の着替えを入れられるほどの収納力! とにかく軽いので長時間背負っていても疲れなかったのには驚きました。

ジムバッグとしての利用や、買い物のときのエコバッグなど普段の生活でも出番が多そうです!

価格においても満点合格!

ワークマンの「撥水2WAYポケッタブルライトトート」のプライスタグ
繰り返しにはなりますが、お値段なんと1,900円! 同じ2WAYでデザイン的にも類似した某アウトドアブランドの商品なら約1万円ということも考えると、このハイコストパフォーマンスは最大の決め手になるのではないでしょうか。

「ワークマン 撥水2WAYポケッタブルライトトート」見つけたら買い?!

ワークマン 撥水2WAYポケッタブルライトトート イメージ画像
ちなみにこのバッグ、筆者は3店舗回りましたが見つからず4店舗目でやっと入手できました。ウェアやシューズなど近年のワークマンブームの例に漏れず早くも人気沸騰中? ピンと来た方は“見つけた時が買い時”かもしれませんよ!

ワークマン「撥水2WAYポケッタブルライトトート」の詳細はこちら

野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

関連記事