いま話題のワーケーションを体験!「休暇村」ならバッグ1つ、手間ゼロって本当?

いま話題の新しいワークスタイル「ワーケーション」を体験しに福島県の休暇村裏磐梯のキャンプ場へ!憧れの『Ogawa』の「アポロン」などの高級キャンプ道具や、最新のポータブル電源まで揃うレンタルセットが借りられる「ワーケーションプラン」は、これから時代のニュースタンダートな働き方になるかも!?


    ワーケーションに行ってみたい!けどハードルが高い……


    いま一部のキャンパーのあいだで話題の「ワーケーション」をご存知ですか? 「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、家から飛び出して旅行先で休暇を取りながら仕事もしちゃおうという新しいワークスタイルのことなんです。

    大自然のなかで仕事をこなし、夜はBBQを囲み、星空のしたで焚き火をする……。そんな魅力的なワーケーションですが、実際にキャンプ場で仕事をするとなると、なかなかハードルが高いですよね。


    かく言う筆者も、ワーケーションには興味がありましたが、ポータブル電源を持っていないということもあり、なかなか実践できずにいたんです。

    しかし今回、テントやテーブル、さらには最新のポータブル電源まで貸してくれるキャンプ場があるという情報をキャッチ! さっそく体験しに行ってきました!

    休暇村ならバッグひとつでワーケーションに行ける!


    今回訪れたのは、福島県の休暇村裏磐梯キャンプ場。「休暇村」は、国立・国定公園内にある宿泊施設で、北は北海道、南は鹿児島まで全国37カ所もあるんです。
    しかもそのうち26カ所にキャンプ場が併設されており、湖、山、海など、国立・国定公園ならではの雄大な風景のなかでキャンプを楽しめます。

    持って行ったのはコレだけ


    今回利用したのは、テントからポータブル電源まで、ワーケーションに必要な道具一式をセットでレンタルすることができる「ワーケーションプラン」。食器やカトラリー、薪や炭までセットになっているという情報だったので、持参した荷物はコレだけ!

    仕事用のノートPCのほかは、洗面道具に水筒、手ぬぐいにサングラスなど、ビジネスホテルに泊まるのと大差のない装備でワーケーションに挑みました!

    ワーケーションの手ぶらプランが充実し過ぎてる!


    日本全国にある休暇村では、以前からすべてのキャンプ場で「手ぶらでキャンプ」と題したレンタルプランを用意していました。
    テントは設営済みで必要な道具は一式揃っている「手ぶらでキャンププラン」は、ホテルに宿泊する感覚で手軽に利用できるのが特徴。
    「手ぶらでキャンププラン」の詳細はこちら


    そんななか、昨今のリモートワークの高まりを受け新設されたのが今回のワーケーションプラン!

    一般的なレンタルセットと大きく異なるのは、何と言ってもアイテムの質! 定価で買えば約16万円(税込)する『Ogawa』の人気2ルームテント「アポロン」を使用できちゃうほか、電気毛布まで完備。

    チェアもワーケーションに最適なハイバックタイプが4脚用意され、さらに『コールマン』の最上級モデル「コンフォートマスター」のテーブルも2つセットになっているという贅沢プランとなっています。

    ワーケーションプランならではのアイテムも豊富!


    そして、ワーケーションプラン最大の特徴が、大容量のポータブル電源もセットになっているという点。ポータブル電源は、そのデザイン性の高さからも話題の「エナーボックス」が選ばれていました。

    容量120,000mAhで、なんとこれはiPhone30台分を充電できるスペック。「エナーボックス」の嬉しい特徴はAC電源が3口も取れる点。PCとポケットWi-Fiを充電しつつ、ワーケーションプランに含まれる電気毛布を同時に使うこともできちゃうんです。

    仕事が終わればお楽しみの時間!


    電気毛布まで用意された快適な環境での仕事を終えたら、いよいよお楽しみのキャンプ時間のはじまり!

    仕事の終わりがキャンプのスタートなので、早くキャンプしたい! という気持ちからか、普段より集中して仕事をこなせたような気がしました。

    食事も手ぶらで楽しめる!


    仕事の時間で遅くなってから、夕飯の準備をするために買い出しに行くのはなかなか大変ですよね……。

    しかし! 休暇村では、食材付きプランをつけることもできるので、買い出しの手間をカットできちゃうんです。


    夕食の献立も気にすることなく仕事後すぐに調理を始められ、最高の夕食を焚き火とともに楽しめました!

    準備の手間がかからないだけでなく包丁やまな板も不要ですし、買い過ぎで余しちゃう、なんてことがないのも嬉しいポイント。

    サウナやメガSUP!充実のアクティビティも満載

    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    {"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


    一夜明けたワーケーション2日目はアクティビティざんまい!

    テントサウナや近くの湖でのメガSUP、免許不要でだれでも乗れるエレキボートなど、水辺のアクティビティを満喫できます。

    ホテルが隣接する休暇村なら温泉にも!


    休暇村にはホテルが併設されているので、夜はホテルの大浴場に入ってサッパリ! 露天風呂もある裏磐梯・休暇村の温泉は、鉄分を多く含む茶褐色のにごり湯。

    ポカポカに温まったら湯冷めする前に寝袋に潜り込みましょう。「キャンプだと寒くて寝れない」という方もきっと熟睡できるはずですよ!

    ワーケーションっていいかも!


    行く前は「キャンプ場で仕事なんて、絶対に集中できない」と思っていましたが、実際にやってみると、「仕事が終わればキャンプ!」というモチベーションから、いつも以上のパフォーマンスを発揮することができたワーケーション。

    休暇村のプランなら、AC電源も完備。普段からノートパソコンとスマホで仕事をしている筆者にとっては「メリットしかない」ワーケーション。みなさんもぜひ、検討してみてくださいね。

    ワーケーションプランの詳細はこちら※休暇村 裏磐梯キャンプ場 ワーケーションプランは10月31日までの販売です。

    ワーケーションプランがある休暇村

    ワーケーションプランを実施している休暇村のキャンプ場は以下の通り。ぜひ、お近くの休暇村キャンプ場でワーケーションを試してみてください!

    休暇村 裏磐梯
    休暇村 南淡路 
    休暇村 蒜山高原 
    休暇村 紀州加太 
    休暇村 讃岐五色 
    休暇村 南阿蘇 

    Sponsored by 休暇村

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!