時代はここまで来たか!電気ヒーター付き「ヒートシュラフ」がニュートラルアウトドアより登場

2020/11/13 更新

ニュートラルアウトドアより電気ヒーター内蔵の「ヒートシュラフ」が11月1日より発売予定!スタメンに追加したくなるような、春夏秋冬オールシーズン活躍する機能性に注目。かなり個性的なシュラフは必見です!

ほかほかのシュラフで快適な睡眠導入へ!


ニュートラルアウトドアよりユニークな電気ヒーター付き「ヒートシュラフ」が登場!

一般的なマミー型シュラフのように見えますが、首・腰・足元の3箇所にパネルヒーターを内蔵しており、身体全体を温めてくれるこちらのシュラフ。

電源を入れてわずか1分後には、ほかほかシュラフの完成!


使い方は、手持ちのUSBモバイルバッテリーに接続し電源を入れるだけ。約5分ほどでシュラフ全体が温まるので、就寝する前に電源を入れておけばOK!

秋冬キャンプでありがちなシュラフ自体が冷え切っており、寒くてせっかくの眠気も飛んでいってしまった……なんて自体を防いでくれます。

温かさは、低温・中温・高温の3段階


お好みの温かさに調整できるよう、低温(40〜45℃)中温(45〜50℃)高温(50〜55℃)の3段階に電源ボタン一つで切り替えができます。

容量10,000mAhのバッテリーを使用の場合、低温で約7時間、高温だと約3時間ほどの持続時間を発揮。低温設定であれば一晩中眠りをサポートしてくれそうですね。


もちろん夏場は、パネルヒーターを使わずに普通のシュラフとして使うのも◎。シュラフ自体の性能でいうと、ヒーターOFF状態で快適使用温度15℃、下限温度10℃、限界温度0℃と春夏に丁度いい温度帯のモデルです。

ヒーターON状態では、快適使用温度5℃、下限温度0℃、限界温度-10℃なので、雪の降らない地域であれば秋冬も含めオールシーズン使い勝手のいいシュラフですね。

意外にも自由度の高い寝袋なんです


またこのシュラフの個性は、ヒーター機能だけに留まりません。シュラフには、フロントにダブルジッパーが配されており、暑いときはジッパーを少し開け通気を促すこともできます。

写真のように足を出すこともでき、背面についているベルクロで不要な足元部分を固定できるという個性豊かな仕様も!


思ったより気温が寒く何か羽織るものが欲しいときは、このシュラフを“着ておく”こともできます! アームホールもついているので、作業もお手のもの。随所にまでアイデアが詰め込まれた「ヒートシュラフ」をオールシーズン使いこなしてみてはいかがでしょうか?

ITEM
ニュートラル アウトドア ヒートシュラフ
●サイズ:W80×L200cm
●収納サイズ:Φ25×H40cm
●重量:2kg


「ヒートシュラフ」の詳細はこちら

紹介されたアイテム

ニュートラル アウトドア ヒートシュラフ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!