隅から隅までチタン製!たったの重量500g「テンマクデザイン」の軽量焚き火台が男前すぎる!

2020/10/13 更新

人気テント「サーカス」シリーズのヒットもあり、着々とファンを増やし続けるテンマクデザインが、男前すぎる焚き火台のリリースを予定しています。なんとオールチタン製の贅沢モデルで、500gを切る軽量コンパクト仕様。ソロキャンパーにとって大注目のアイテムです。


オールチタンの贅沢な焚き火台「男前ファイアグリル」

テンマクデザインの11月中旬発売予定の焚き火台「男前ファイアグリル」。なんとすべてのパーツにチタンを採用している、じつに贅沢な仕様となっています。落ち着きのある光沢がなんとも男前ですね。

上から見ると25×20cm、高さは15cmと、ソロキャンプにぴったりのサイズ。フォルムも武骨で、ソロキャン心をくすぐってきます。
プロデュースしたのは東京都水道橋のアウトドアカフェ「BASE CAMP」の代表・A-suke氏。氏はアウトドアを愛する元プロダクトデザイナーで、この焚き火台の他にもナイフやタープをプロデュースしています。

本体の重量はたったの415g!

専用の収納ケースが付属し、その収納サイズは31×16.5cmと、A4のコピー用紙を細長くカットしたような面積に。厚さはわずか1.5cmに折りたたまれます。そして本体の重量ときたら、たったの415g!

オールチタン製にしたことで、強度と熱への耐性、サビにくさを実現しつつ、500gを切ることにも成功しました。

組み立てはほぼワンタッチ

セッティングはパタパタッと広げるだけ。脚を差し込むような手間はかかりません。耐荷重をMAXにしたい場合は、V字型の火床が開きすぎないようサポートバーを設置する必要がありますが、それでもほとんどワンタッチと言える手軽さです。

ゴトクもまた男前!

付属するゴトクもまたチタン製。いかにも頑丈そうな、シンプルで武骨なビジュアルです。ハンドルに入れられた切れ込みにフィットするので、ズレや落下を防止するのも嬉しいところですよね。

ズレないゴトクは設置する位置に制限があるものですが、7箇所もの切れ込みがあるので、薪の状態に応じて不自由なくゴトクの位置を調整できます。
シェラカップでサイズ感を確認してください。ソロ用のコンパクトなクッカーでも、問題なく乗せることができます。V字型の火床は薪を組みやすいだけでなく、熱を上方向に反射させるので、効率よく加熱できるというメリットもあるようです。

別売りのオプションも見逃せない

大人気の鉄板「男前グリルプレート」も、ちょうどよく乗せることができます。ジュウゥ……と好みの肉を焼きつつ、お湯を沸かしたりスープを保温したり、焚き火をフル活用することができるでしょう。

軽量コンパクト、そして展開と片付けがラク、さらには調理も快適に行える万能タイプの焚き火台「男前ファイアグリル」。ルックスが男前なだけでなく、利便性も兼ね備えた実力派です。

「男前ファイアグリル」の詳細はこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!