【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


車中泊どこでする?抑えておきたい場所と注意点

0

車中泊を行う場所は、どこでもいいわけわけではありません。高速SAや道の駅なら施設がそろい車中泊を行うのに適しています。しかし、公に認められているわけではなく、その場所のルールを確認して安心・安全な車中泊を楽しみましょう!

CAMP HACK編集部


アイキャッチ画像出典:道の駅「賤母 しずも」

車中泊の前提。「休憩所」であって「宿泊所」ではない

車中泊 ワーゲンバス出典:ORM
車中泊の場所としてよく利用されているのはSA道の駅ですが、どちらも税金によって設置されている国土交通省管轄の公的施設です。同省の見解では両施設共に、あくまでもドライバーのための「休憩所」であって「宿泊所」ではありません。そのことを認識しておきましょう!

したがって、厳密にいえばこれら施設の駐車場での車中泊という行為自体は違法とはいえないまでも「法的にグレーな行為」とみなされます。

公的には深夜に駐車している車のドライバーは「車中泊ではなくあくまでも仮眠中」であると好意的に解釈されており、取締りの対象にはなっていないだけなのです。すなわち、車中泊をする場合は一般の利用者を優先させるという配慮が必要です。

車中泊におけるマナーについて

車中泊 道の駅しもごう 電車やバスなどの公共の交通機関を利用するときと同じように車中泊にもマナーが存在します。知らないでは済まされない、周りに迷惑をかけないためのマナーについて紹介します。

エンジンのかけっ放しはNG

高速SAや道の駅などは、夜になると車中泊をする車が何台も停車しています。なので当然、車中泊として利用する際は他人の迷惑にならないように配慮しなければなりません。特に注意が必要なのは蒸し暑い夏場。冷房のためエンジンをかけっ放しにする方が多くいますが、これは周りの車や近隣住民への騒音公害となり環境にも有害です。

猛暑の季節は窓を開けて自然の風で調整するか、車中泊を避けるようにしましょう。

事前調査が不可欠

駐車場が広くてスペースが十分に確保できる場所なら車中泊は問題ないのですが、高速SAや道の駅などは24時間利用可能が多い場所でもあります。つまり、車が頻繁に出入りすることも考慮せねばなりません。

駐車スペースが狭い場合、連休中ともなると深夜でも満杯になることさえあるのです! このような駐車場での車中泊はスペースを一定時間独占する迷惑行為となりかねませんよね。

車中泊を予定する場所に関しては、駐車場の利用状況を事前によく調べておき、深夜の利用者が少ない場所と利用時期とを勘案して計画を立てておく必要があります。

関連記事