CAMP HACK元編集長、人生初のクルマを買う。-納車〜即キャンプ編-

2020/09/30 更新

フレックスドリームさいたま北店にて、95プラドの購入を決めた濱松(記事はこちらを参照!)。9月上旬にいよいよ納車されたということで、早速キャンプロケへ繰り出して見ました。果たして夢にまでみた初めのてマイカー、その満足度はいかがなものでしょうか。


アイキャッチ・記事中画像撮影:烏頭尾 拓磨

9月某日、渋谷区にて

隣にいるのは今回のキャンプの相棒で“便乗系キャンパー”として恐れられるギャレット・斉藤さん
ハンドルを握って颯爽と友人とともに登場した濱松。その顔にはうっすらと笑みを浮かべ、どこか“ドヤ感”を携えた印象です。「じゃ、行きますか」とサラッと言い出しそうな雰囲気を制して、まずは街中にある95プラドの姿を見てみました。

01年式 TOYOTA ランドクルザープラド95 TZ

前回、あれこれと悩みながら無事人生初のクルマを購入し、1ヶ月ほど待って納車された愛車に満足そうな濱松。特に気に入っているところはやはりカタチとのこと。少し前のSUV(当時の言い方だとRV)車らしく、カクカクしたゴツめのデザインはまるで道具のようで、男心をくすぐります。

また新型ジムニーのミディアムグレーをイメージしオールペンされた車体の色もアスファルトとの相性を感じさせますね。

▼人生初のクルマ購入に密着した模様はこちら


フロントのグリルは購入編でリクエストしたように、クラシックな英字ロゴにカスタム。丸目ライトとのバランスも良く、オーセンティックなアウトドアカーに仕上がっています。

ハッチバック内の積載は二人分のキャンプ道具を積んでもなお、この余裕。今回は「ゆくゆく必要だったら」ということで、とりあえずルーフキャリアなどのオプションは付けず。高さ制限のある駐車場に停められなくことが多くなることも配慮したそう。

しかし5シートを維持したままここまで詰めるのなら、ルーフキャリアの出番はよっぽど大掛かりなキャンプをするとき以外はなさそうです。

9月といえどまだ暑く美味しいアイスコーヒーで一服。いざ千葉へ!

首都高速から千葉のキャンプ場へ

首都高速に乗って目指すは千葉の「昭和の森フォレストビレッジ」。片道およそ80キロの道のりですが、高速道路の乗り出しは順調。加速もスムーズで、楽な手応えのままグングンと速度を上げて行きます。

納車されてから2日くらいしか経っていないですが、操作もバッチリ。

濱松
妻を乗せて事前に少しドライブしたんですが、基本的に操作性は現代車そのものなので、なんら難しいポイントもなくすぐに慣れました! 四駆って言葉に捉われて乗り心地を心配していた妻もスムーズな乗り心地に驚いてましたね。

ただやはり今まで乗ったことのあまりないサイズなので、まだ車幅感覚などは把握しきれていません。その辺りの感覚を掴んでいきたいです!

順調に運転すること1時間半、景色は徐々に緑色に。やはりこのボディカラーはアスファルトとの相性がよく、バックに緑が出てくると自然と映えますね。

昭和の森フォレストビレッジに到着


さすが日本が世界に誇るSUV車だけあって、オフロードはもはや水を得た魚。グイグイとパワフルに進んでいきます。


濱松
オフロードでも安定感がすごい。舗装された道路とまでは流石に言いませんが、予想以上に揺れもなく多少古いクルマですが、サスペンション性能やボディ剛性など高い完成度を感じました!

95プラド、濱松のお気に入りポイント

濱松
まずはやっぱり見た目です。正直クルマのメカニカルなところとか詳しくないですし、買うとき気になったのは走行距離などの状態と維持費くらい……。

その中でなんでプラドを選んだかというと純粋に見た目が好きだったからです。このクルマを運転しているということが嬉しい!

濱松
中でもグリルは変えてよかったなぁーと思います。この文字タイプのロゴがちょっとレトロな雰囲気を高めてくれてますね。好きな見た目がさらに好きになりました! あとは車体の色もすごく気に入っています。

濱松
あとはTZグレードのディテールもいいですね。このマルチインフォメーションはおまけ感覚でしたが、外気温や自分が今どの方角に進んでいるのかなど分かるので、見ていて楽しいです。あ、こっち真西だったんだ! とか(笑)。

濱松
サンルーフは開けて走ると気持ちいいですし、車内に光が入るので明るくなって居住性も高まります。しばらく停めてて、車内が灼熱のときにも重宝しそうですね。

濱松
リヤエアコンも早速大活躍です。サンルーフ同様に灼熱の車内の急速冷却を助けてくれます! これからの季節なら後部座席を温めるのにも活躍してくれそうですね。

サイトを決めて、テント設営タイム

ここからはしばしクルマのレビューを離れて、テント設営タイムへ。CAMP HACKらしい感じになってくるはずです(笑)。

斉藤さんも自前のテントの準備に取り掛かっています。

お互いに位置どりを相談しながら、テントを張る位置を決めています。

濱松の変化にお気づきでしょうか? そうですベストを着用し始めました。愛車をバックに、やる気も満ちていますね。

斉藤さんはTHE NORTH FACEの「ストームブレーク2」を設営。多くのキャンパーから名作と名高いモデルです。

ITEM
ノースフェイス ストームブレーク2
●サイズ:220×127×109cm
●収納サイズ:56×18cm
●重量:2.41kg

濱松はなぜか今日初めて張るというゼログラムの「エル チャルテン Pro2P」を設営。テント周りの居住スペースを整えています。あ、暑くてベストは速攻で脱いだみたいです。

ITEM
ゼログラム エル チャルテン Pro 2P
●サイズ:210×120×98cm
●重量:1540g


設営終了! 95プラドも濱松もご満悦な表情を見せています。やっぱり両者ともフィールドが似合いますね。映えてます!

改めてクルマを購入してみて

最後に「さぁこれからキャンプをするぞ!」というタイミングで、改めてマイカーでキャンプへ来たことへの感慨を聞いてみました。

濱松
人生でトップレベルに高い買い物で維持費もかかりますが、素直に買ってよかったなって思ってます。ギアを新調したときのワクワク感に似ているというか、早くキャンプに行って使ってみたい! っていうあの感覚と一緒で、昨日は興奮して眠りも浅かったです。

そんな童心に戻してくれるような力がこのクルマにはあって、すごく満足しています。これからのアウトドアライフが何倍も楽しみになりました!


キャンプ&ギア情報の発信という仕事をし、ついに95プラドという愛車を得た濱松。それもひとえに読者の皆様の存在あってこそ。自由自在に走り回れる脚を得たいま、これまで以上により新鮮で質の高いキャンプ&ギア情報というカタチで皆様に還元してくれることでしょう! ご期待ください!

購入した販売店「フレックス・ドリーム」のプラド在庫一覧はこちら

【昭和の森フォレストビレッジ概要】
住所:千葉県千葉市緑区小食土町955
MAP:https://goo.gl/maps/KLzuqjPWbqyL7HcY7

紹介されたアイテム

ノースフェイス ストームブレーク2
ゼログラム エル チャルテン Pro 2…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
岡本546

【30代男性】服とギアと車に関心強め。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!