最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ガスグリル「Q1250」で料理を楽しむ三人

料理が苦手…だけどウマい肉を焼きたい! そんなキャンパーにおすすめする最終兵器「Q1250」

AD for Outdoor

キャンプは大好き。でも、料理がちょっと苦手なので、アウトドア飯で褒められたことがない。そんなキャンパーさんにとって救世主となるのがガスグリルのWEBER「Q1250」。焚き火の必要なもないし、蓋つきなら失敗も少ないと話題のグリル。さらに今回は、アウトドア料理マイスターのA-sukeさんにQ1250を使用したとっておきレシピを教えてもらいました。料理苦手キャンパーは今日で汚名返上です!!

目次

「肉を美味しく焼きたいけどBBQは難しいし、火おこしも面倒で……」

ガスグリル「Q1250」に挑戦している夫婦
そうぼやくのは、キャンプ歴3年の高橋夫妻。アウトドアウエアが充実する代々木上原の古着店「Color at Against」を夫婦で営んでいます。

炭グリルを使ったキャンプ飯が苦手な高橋優太さんは、簡単に美味しく肉を焼けると評判のガスグリル「Q1250」に初挑戦。上手に肉が焼けるか……不安が尽きない様子です。


優太さん
サイズも大きいし、なんだかマシン感……。扱いが難しそうじゃない?


みなみさん
私たちだけだと……ちょっと不安よね。

キャンプ飯のスペシャリストに学ぶのが一番だ

スペシャリストから「Q1250」の使い方を学んでいる様子
今回、そんな高橋夫妻のお助けマンとして参加してくれたのが、キャンプ好きが集う水道橋のカフェ「BASE CAMP」代表のA-sukeさん。

誰でもできるシンプルな料理を発信する一方、Tent-Mark DESIGNSから「男前グリルプレート」や「キャンプホリックナイフ」などのキャンプ道具もプロデュースする野外飯のエキスパートです。


A-suke
おや、自信がない? 大丈夫ですよ、めちゃくちゃ簡単なレシピ教えますから。
Q1250を使って、美味しい肉を焼いていきましょう!

1 / 3ページ