CAMP HACK[キャンプハック]


寒くなったら買おう、じゃ遅い!?冬キャン人気ストーブ購入ガイド【知ってお得】 | 3ページ目

2


昨年完売!今年も限定300台のNEWカラー登場!コロナ「SL-510 あずきミルク」

レトロなフォルムが人気のコロナ「SL-510」 2011年グッドデザイン賞を受賞したレトロなフォルムが人気のコロナ「SL-510」。対流式で部屋全体を効率よく暖め、遠赤外線炎筒が体も芯からポカポカにしてくれます。

昨年の300台限定カラー「CLASSIC BLACK」は見事に完売。今年もコロナストア限定300台のNEWカラー「あずきミルク」が登場!

コロナ「SL-510」のあずきミルクカラー
出典:CORONA
今回はユーザー投票で選ばれたカラーとあって、絶妙にレトロなカラーリング。ボディ下部のマットな質感や白のパイピングは「あずきミルク」のみの仕様です。

こちら、10月19日の発売に先駆け、9月23日より公式オンラインストア「コロナストア」にて先行予約が開始。ビビッとキタ人は予約必須です!

コロナ公式オンラインストアはこちら


2020年限定色コヨーテブラウンが最注目!「ギアミッション」シリーズ

【 レインボータイプ  RR-GE25 】
トヨトミの「レインボーストーブ」
出典:トヨトミ
トヨトミの代表格「レインボーストーブ」もギアミッションシリーズならこの通りの男前っぷり。白熱球40Wほどの明るさで、ランタン代わりにも。ギアモデルはボディのネジが樹脂ネジになってメンテナンス性もUP。

転倒してもタンクの灯油がすべてこぼれない2重タンク構造など、タフな作りも魅力です。昨年に引き続きキャンパー人気の高いモデルなので、欲しい方はお早めに。

トヨトミ RR-GE25

●サイズ(置台を含む):高さ48X幅38.8X奥行き38.8cm
●質量:約6.2kg
●暖房出力:2.50kW〜1.25kW
●乾電池別売:単2(4本必要)


【 ラウンドタイプ KS-GE67 】【 2020LIMITED EDITION KS-GE67(T ) 】
【ラウンドタイプ KS-GE67の 2020LIMITED EDITION KS-GE67(T )
出典:トヨトミ
コンクリート24畳/木造17畳対応のパワフルさとミリタリーライクなルックスで、シリーズ中キャンパーに最も人気の高いモデル。6.66KWを発揮する対流型かつ琺瑯加工のボディで、ぐるり360度を遠赤外線で暖めます。

樹脂ネジや2重構造タンクなどシリーズ共通仕様に加え、ガードには横線材をプラスして強度UP。

トヨトミの「レインボーストーブ」のコヨーテブラウン
出典:Instagram by@iwashita_k
しかも今年は2020年限定カラー「コヨーテブラウン」が新登場! 台座には「2020LIMITED EDITION」プレートがついてさらに男前に。

限定色のKS-GE67(T)は公式オンラインストアのみの販売。冬キャンプでとことん頼れるハンサムな1台が欲しい人はお急ぎを!

トヨトミ公式オンラインストアはこちら

トヨトミ KS-GE67

●サイズ(置台を含む):高さ58.3×幅48.2×奥行き48.2cm  
●質量:11Kg
●暖房出力:6.66kW
●乾電池別売:単2(4本必要)


【 ラジエントタイプ RS-GE23 】
ラジエントタイプ RS-GE23
出典:トヨトミ
こちらは反射板搭載タイプ。前方向に熱が集中するので、前方向を暖める能力は対流型を上回ります。逆に後方は熱くならず、壁際にも置けてレイアウトの自由度が高い点も魅力です。

スクエア形状で積載しやすく、KS-GE67ではオーバースペックというソロやデュオキャンパーに人気なので、早めのアクションが吉。

トヨトミ RS-GE23

●サイズ:高さ44.6X幅42.2X奥行き33cm
●質量:約6.6Kg
●暖房出力:2.25kW~1.91kW
●乾電池(別売):単2(4本必要)


生産終了後も根強い人気!中古市場で買えるレジェンドストーブ

リアルヴィンテージストーブ
出典:Instagram by@yuurakumin
ヴィンテージブームで必然的に人気が再燃しているのが、リアルヴィンテージストーブ。中でも国産製品は生産終了後20〜30年経過していても稼働するアイテムも多く、流石のメイドインジャパンクオリティ。

中古市場でも美品が出回っているモノもあり、マメにチェックすればレジェンドストーブと運命の出会いがあるかも!

オークションや中古品で比較的入手できる マナスル「ヒーター」

マナスルストーブ
出典:Instagram by@hbambooside_outdoor
半世紀以上に渡り生産され続けた名作で、燃費の良さやシンプルな構造から近年再注目されている「マナスルストーブ」。真鍮のレトロな雰囲気もたまりません。

そしてさらに人気なのが、「マナスル121」にジャストフィットする「オプションヒーター」とのセット使い。

「マナスル121」にジャストフィットする「オプションヒーター」
出典:Amazon
ドーナツ型でコンパクトに収納でき、MSRのウィスパーライトなど、3本足バーナーなら互換性のある機種が多いのも人気の理由。

残念ながら現在は廃盤ですが、流通量が多く中古市場では比較的入手しやすいアイテム。欲しい人はぜひ探してみては?

マナスル121

●燃料:灯油
●ケースサイズ:18×14×10.5cm
●重量:約1050g(ケース込み)
●タンク容量:0.4リットル
●燃焼時間:約2.5 時間


さすがのメイドインジャパン!根強い人気の「ニッセンストーブ」

ニッセンストーブ
出典:Instagram by@belair_camp
航海灯や各種空港用灯火の老舗メーカー「ニッセン(日本船燈)」。かつては家庭用石油ストーブも多数ラインナップしていました。

生産終了した旧型は、コロンと丸い琺瑯ボディ、現行の一般的な石油ストーブの2倍近い暖房出力がキャンパーにも人気です。

【 MS-1型 】
MS-1型のニッセンストーブ
出典:Instagtam by@yuurakumin
MSシリーズの中でも最も古い1969年製。耐震装置は無いけれど、丸いタンクが魅力で今も尚人気の高いモデルです。

【 SS-3型 】
SS-3型のニッセンストーブ
出典:Instagram by@tiptopretoro
「あたたかい くさくない」がキャッチフレーズのSSシリーズで1973年製。SS-2型から搭載された耐震装置もさらに進化。キャンプではより安心感のあるモデル。

【 ゴールドフレーム 】
ゴールドフレームのニッセンストーブ
出典:Instagram by@hanazumari19
こちらはまるでアンティークランタンのような優美なルックスから「フリージア」という愛称で長年親しまれているストーブ。残念ながら製造予定はないとのことですが、何十年も前のものを現役で使っている人がいるほど人気!

シャビーシック(古めかしくも上品さがあるインテリアスタイル)なヴィンテージサイトに馴染むストーブが欲しかった人には理想的なストーブです。

日本船燈株式会社公式サイトはこちら

関連記事