CAMPHACK

家もキャンプ用品も…森暮らしの掃除は“天然素材”の箒で【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#14】

0

長野・駒ヶ根に活動のベースとなる基地「K-BASE」を所有し、アウトドアライフを満喫する写風人さん。3章目となる連載の第14回は、掃除アイテムの紹介。ひそかな森暮らしに似合うのは、電気式掃除機よりもやっぱりこちら。というわけで、天然素材を使った「箒」のお話です。

写風人

アウトドアマン・写風人さんが送る“南信州の森暮らし”

長野県・駒ヶ根市に居を構える写風人さん。アウトドアと密接な日々の暮らしを綴ります。

写風人
1955年生まれ。GRIP SWANYオフィシャルカメラマン。FIRESIDE薪ストーブエッセイ著作家。2019年より南信州に移住し、薪ストーブを中心とした火のある生活を愉しんでいる。Instagramのアカウントは@syahoo_jin

虫対策は必須の日々が続く秋

南信州はもうすでに秋の気配を感じるほど涼しくなりました。ただ森暮らしの初秋は、まだまだ虫が多くてほんとに嫌になります。

森に囲まれているので、今まで見たことのない虫に出会うことも少なくありません。

「アロマ線香」で身体にやさしい虫対策

普段野良仕事をする服装は長袖・長ズボンのため意外と蚊やブヨなど吸血系の虫に刺されたことはありませんが、ちょっと油断してTシャツ・短パン姿で草引きでもすれば、すぐにアブの餌食です。


そこでよく焚くのが、天然成分の「菊花線香」。主成分は除虫菊やハッカなどの天然成分で、虫を殺すのではなく退避させる効果のため小さなお子様やペットにもやさしいアロマ線香です。

りんねしゃ オリジナル菊花線香 

●サイズ φ12cm
●重量:390g
●素材:除虫草、ハッカ、除虫菊粉末、白樺木粉、タブ粉、でんぷん



photo_002 天然といえばクスノキやスギの葉など自然の樹木の煙にも虫除け効果があるので、キャンプ場にスギの葉があれば焚き火で燻してやると虫は寄ってこなくなります。

そんな話になったところで、今回は天然素材で作られた暮らしの道具をご紹介したいと思います。直接キャンプとは関係ありませんが、道具のメンテナンスにも役立つアイテムですのでどうぞお付き合いください。

関連記事