テーブルに挟んで設置!ありそうで無かった新感覚のコーヒードリッパースタンドが便利

2020/09/08 更新

家でも外でも本格的なドリップコーヒーが楽しめる「バークランプドリッパースタンド 」をご紹介!クランプ式でアウトドアテーブルに挟み込み設置できるスタンドは、コンパクトに分解もできるので持ち運びにも好都合。現在makuakeにて特価で手に入れるチャンスです。


キャンプのコーヒー時間を充実させる「バークランプドリッパースタンド」


クラウドファンディングサイト「makuake」にてプロジェクトを開催中の「バークランプドリッパースタンド」をご紹介。この製品の魅力は、無垢な真鍮を使ったヴィンテージ感のある見た目と、クランプでテーブルに設置できるという小回りの効く点!

ありそうで無かった新発想のコーヒードリッパースタンドを作るのは、老舗刃物メーカーから誕生したブランド『FEDECA(フェデカ)』。

スタンドは高さ・前後調整も可能!


「こだわってハンドドリップで淹れたコーヒーを味わいたい!」そんな本格派の方にも納得して使ってもらえるよう、ドリッパーの固定高と位置を前後調整できるという機能性が。


そのためご覧の通り、受け皿となるカップやピッチャーに合わせて対応可能! 手持ちのドリッパーに対応できる汎用性を持ち合わせています。

設置はクランプ式だから場所を取らない


クランプ式の本体は、アウトドアテーブルの天板に設置して使うことも! 挟める天板の厚みは32mmまで。ドリッパースタンド専用の台座がなくても設置できるため、作業スペースの場所を取らないものアウトドアにおいてはメリットですよね。

またテーブルの天板を傷つけないよう、固定用のネジはむき出しにならない設計になっていたりと細部にまで配慮されているのも嬉しいポイント。

台座も販売あり!


家で使うとなると台座があった方が好都合という方には、スタンドと台座のセット応援コースもあります。宝石のような多面カットされた台座は、ウォルナットを採用。重厚な佇まいでインテリアとしても取りれたくなるデザインです。

分解してコンパクトに携行できる


そんな機能性がありながら、ドリッパースタンドの作りは実にシンプル。重厚な見た目ですが、本体の重量は407g。パーツもたった2つと分解して持ち運べば、収納場所もそう取りません。

アイデア次第でこんな使い方も?!


また変化球な使い方ができるのも、この製品も面白いところ。アイデア次第では、LEDライトのデスクライトスタンドとしても活用できます。リングの内径は76mmのため、自身のギアとシンデレラフィットしないか探ってみるのもいいですね。


キッチンでも抜群の存在感を発揮してくれる「バークランプドリッパースタンド」。makuakeでのプロジェクト期間中は、先行販売の特別特価で製品を手に入れるチャンスです。

おうち時間、そしてキャンプのホッと一息をより充実させてくれる「バークランプドリッパースタンド」を導入してみてはいかがでしょう!

makuakeプロジェクトページはこちら

FEDECAの公式ページはこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!