キャンプとも好相性な『マウンテンハードウェア』の新作バッグに注目!日常使いもオススメです

2020/09/01 更新

高品質な登山・クライミング用品を展開している『マウンテンハードウェア』より、機能性を詰め込みながらタウンユースとしても活躍してくれる秋冬新作バッグが登場!日常使いはもちろん、キャンプでも活躍必至のデザインに注目です。

マルチユースに愛用したい、新作バッグが目白押し!


マウンテンハードウェアから、高所登山から日常使いにも対応する秋冬の新作バッグが登場。

アウトドア対応のギミックを詰め込みながら、タウンユースとしても対応できるPCスリーブを備えていたりと、守備範囲の広さが魅力的!


マウンテンハードウェアならではの耐久性はそのままに、考え抜かれた機能性バッグ3型をご紹介します。

ロールトップ仕様ながら、しっかり自立「Grotto™️ 35+ Backpack」


最初にご紹介するのは「Grotto™️ 35+ Backpack」。ボディの素材には、耐久性と防水性に優れた3レイヤーのDimension Polyant X-PACにフィラメント糸を使用。雨の日も気兼ねなく使えるタフ仕様です。

また、ロールトップタイプなのでポールなどの長尺ギアを差し込んで入れたりと、使用容量を拡張することができます。底面にパッドが入っており、自立してくれるのも嬉しいポイント! 車にも積載しやすく重宝しそうですね。


メインコンパートメントには、15インチPCスリーブも。パッド入りなので、移動中に荷物とPCが当たっても衝撃を抑えてくれます。

【Grotto™35+ Backpack】
価格 :¥30,000(税抜)
カラー:010 Black / 015 Black MultiCam / 317 Alder
ボディ素材:DIMENSION-POLYANT™ X-PAC™ VX50 3L プレーンウィーブナイロン (Ny100%)
ボトム素材:840D HT バリスティックプレーンウィーブナイロン (Ny100%)
ライニング素材:210D リップストップナイロン 66 (Ny100%)
容量:45L
重量:1194g

トレッキングでも活躍「J Tree™️ 22 Backpack」


耐久性のあるリップストップナイロンとバリスティックナイロンを使った「J Tree™️ 22 Backpack」は、ハイドレーションにも対応するトレッキングにもおすすめなモデル。通気性のいい硬質フォームのバックパネルを備えているので、背負っていても快適!


そんな機能性を持ちながらも、PCスリーブも搭載しているのがこのバッグの面白いところ。また日常使いでも馴染むように、チェストストラップは着脱も可能です。小分け収納もできるよう便利なポケットも配しており、細部にまでディティールにこだわりが詰まっています。

【J Tree™ 22 Backpack】
価格:¥12,000(税抜)
カラー:010 Black / 310 Blue Spruce / 446 Washed Turq.Multi
ボディ素材:210D リップストップナイロン 66(Ny100%)
ボトム素材:840D HT バリスティック プレーンウィーブナイロン (Ny100%)
ライニング素材:150D リサイクルプレーンウィーブポリエステル ( リサイクル P100%)
容量 :22L
重量:806g

ギアの収納バッグに最適「Sandbag™️ 25」


自立タイプの円柱デザインのバッグ「Sandbag™️ 25」は、まさにキャンプに取り入れたい一品。マチがしっかり確保されているので、立てて収納しておきたいLEDランタン等を入れておくのにも丁度良いですね。

素材には、420Dのリップストップナイロンに耐久性を高めるカーボネートコーティングを施しているので、ガシガシ使用してOK。


バッグには肩掛けできるトートハンドル、内側にはショートハンドルも付いており2通りのスタイルで持ち運べます。家ナカでもお子さんのおもちゃを片付ける収納コンテナ代わりに使ったりと、幅広いシーンで活躍してくれそうです。

【Sandbag™️ 35】
価格:¥9,000(税抜)
カラー:010 Black / 325 Icelandic / 468 Dive
ボディ素材:420D カーボネートリップストップナイロン (Ny100%)
ライニング素材:150D リサイクルプレーンウィーブポリエステル ( リサイクル P100%)
容量:35L
重量:610g

新作バッグパック特集サイトはこちら

【お問い合わせ先】
コロンビアスポーツウェアジャパン
TEL:0120-193-803
URL:http://www.mountainhardwear.jp/

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!