CAMP HACK[キャンプハック]


ゼインアーツ「ゼクーM」をファミリーで快適に使うには?試してみた“5つのこと”

0


ゼクーMをファミリーテントとして快適に使うためにやったこと

1:ゴロゴロできるようにお座敷+ロースタイル

お座敷スタイルで使っているゼクーM室内画像
フロアレスシェルターとしての使えることが魅力でもあるゼクーMですが、我が家はセットに含まれていたリビングシートを使ってお座敷スタイル。

こうすることで子供も寝っ転がったりして過ごしやすく、低いラックやテーブルで完全ロースタイルにすることで上部空間も広く取れるという2つのメリットがありました。

2:虫対策として、あえて“小さい出入り口”をメインに

ゼクーM メインの入口を開いている画像
※写真はメインの入口
ゼクーMのメインの大きい入口は、メッシュがありません。インナーテントや小さめのテントを入れてのカンガルースタイルでないと、この時期は虫の侵入が気になる方も多いのでは?

特に女性や小さなお子さんがいる場合、なるべく防ぎたいですよね。
ゼクーM Aフレーム側の画像
そんなときはメッシュのあるAフレーム側の3つのパネルのうちひとつを出入り口とし、メインの入り口は閉じてしまいます。こうすることでプライベートを確保できるという点も、我が家にとっては効果的でした。
ゼクーM 下部ベンチレーションの画像
出典:ZANEARTS
ちなみにメインの入口を閉じても他の2つのAフレーム側や下部・上部にもベンチレーションはあるので、空気が循環してちゃんと風も通ります。ワンポールテントの弱点を見事に克服していて、夏場でも安心感がありました。

3:荷物収納として土間スペースを有効活用

ゼクーM 土間スペース活用画像1
家族4人ともなれば物も多く収納場所の確保も必要になるわけですが、そこはゼクーMの強みでもある土間スペースを活用しましょう! ミニマルワークスの「インディアンハンガー(Lサイズ)」はこの土間スペースにちょうどハマって、小物をスッキリまとめられて便利でした。

ミニマルワークス インディアンハンガー Lサイズ

●使用サイズ:W990 x H1100mm
●収納サイズ:H440 x D80mm
●重量:840g


ゼクーM 土間スペース活用画像2
また、寝るスペースに火器やジャグを置くのはちょっと……という場合、土間部分にラックを置いて保管場所にすることも。コンパクトな土間スペースですが、高さを出して空間を上手く活用すれば、収納場所としての実用性を底上げしてくれます。

ユニフレーム フィールドラック ブラック

●使用サイズ:約60×35×23(高さ)cm
●収納サイズ:約60×35×1(厚さ)cm
●重量:約1.7kg
●材質:鉄・カチオンメッキ
●耐荷重:30Kg



ここまでが、初めてゼクーMを使ったときに試したこと。このとき「もっと拡張性が欲しい!」と感じたので、二回目のキャンプではさらに2つのことをやってみました。

関連記事