最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
スティックターボⅡ

【バカ売れ中!】ユニフレームのスティック型ターボライターがヒットした4つの理由

2022/08/23 更新

発売されるやいなやバカ売れ中のユニフレーム「スティックターボⅡ」。機能性もさることながら、ドレスアップしやすいシンプルデザインでその人気はますますヒートアップ。今回はそんな「スティックターボⅡ」人気の理由を徹底解明! バカ売れのヒミツ、紐解いていきますよ。

目次

アイキャッチ画像出典:Instagram by@nisidak

ターボライターの新定番!「スティックターボⅡ」が大ヒット中

スティックターボⅡ

出典:Instagram by@nisidak

2020年2月に発売されるやいなや、じわじわと人気が広まり、今やバカ売れ中のモンスターライターをご存知でしょうか? そのライターとは、ユニフレーム の「スティックターボⅡ」

これまでSOTO 「スライドガストーチ」一択だった小型トーチ市場に一石を投じ、新定番としてのポジションを確立しつつあるんです。

今回は、そんな「スティックターボⅡ」人気の理由を徹底解剖! “バカ売れ”のヒミツ、紐解いていきますよ。

「スティック ターボⅡ」がバカ売れしている4つの理由

理由その1.  トーチ級!1300℃の火力&耐風ターボ

出典:Instagram by@nisidak

人気の理由、まず1つ目は何と言ってもその火力。最大1300℃を誇る火力はトーチにも引けを取らないハイパワー。チーズに焦げ目をつけるなど、トーチでないと難しかった“炙り”メニューにも使えるほど。

また、ターボ式なのでもちろん耐風性能もバッチリ。アウトドアでのさまざまな着火シーンで、遺憾無くそのパワーを発揮してくれますよ。

 

出典:Instagram by@ittleforestcamper

SOTOスライドガストーチの炎と比較してもこの通り。炎の規模が違います。とはいえ、火口が縮んでコンパクトになる点では、スライドガストーチも非常に便利。必要とする火力など、シーンに応じて使い分けすればよりスマートかも。

理由その2.  ベストバランス&高強度のタフボディ

スティックターボⅡ

出典:Instagram by@nisidak

続いて人気の理由2つ目は、そのボディにアリ。「Ⅱ」という名前からも分かる通り、実はかつて初代「スティックターボ」が存在していたんです。写真では上段がⅡ、下段が初代。

比較するとよく分かるんですが、Ⅱの方が全体的にかなり太短いフォルムに。着火スイッチ周りの構造も見るからに頑丈そう。

スティックターボⅡ

出典:Instagram by@nisidak

写真は左が初代、右がⅡ。細く頼りなげな初代の芯と比べ、Ⅱはみっしりと太く。素材も樹脂製から亜鉛ダイキャストへと変更して強度が格段にUP。

全長は短くなったものの、着火スイッチから火口先端までの長さは10cm以上。SOTOスライドガストーチの7.5cmより長く、着火ライターとして便利な長さと強度の絶妙なバランスを実現しています。

理由その3.  操作系がシンプルで使いやすい

スティックターボⅡ
出典:Amazon

3つ目は、シンプルで使いやすい操作系。赤いセーフティーロックボタンを含む、黒い突起部分が着火ボタン。ロックを解除して着火ボタンをプッシュすれば着火、再プッシュすれば消火というシンプルな仕様に。

また、火力調整ダイヤルもすぐ下にあって操作系統が一箇所に集中。ガス調整つまみと着火ボタンが離れているSOTOガススライドトーチと違い、全ての操作が片手で行えるのが便利です。

理由その4.  シンプルで無駄のないデザイン

スティックターボⅡ

出典:Instagram by@powers_hiroshima

そして4つ目。とにかくシンプルで無駄のないデザイン。このままでも十分カッコイイですし、取っ手の箇所にレザーカバーをかぶせたりしてドレスアップしやすいのも魅力の大きなひとつ。

ユニフレーム スティックターボII

●サイズ:約直径16(直径27)×全長209mm
●重量:約140g(未充填時)
●充填量:約3.0g(0.28g/分)
●使用燃料:市販ライター用ガス
●材質:本体/ステンレス鋼・亜鉛ダイキャスト・樹脂

一緒に揃えたい、周辺グッズも要チェック!

BYCRUISE「X-PAC スティックターボⅡケース」

スティックターボⅡ ケース

出典:Instagram by@bycruise_originals

こちらはスティックターボⅡの専用ケース。自転車とキャンプとカフェのお店「Cruise Bicycle+Cafe」が展開するブランド「BYCRUISE ORIGINALS」のアイテムです。

耐久性・防水性に優れたX-PACと、YKK止水ファスナーを採用した定番アイテム「ツールケース」を、スティックターボⅡに合わせて全長を1cm長くリニューアル。

スティックターボⅡ ケース

出典:Instagram by@bycruise_originals

豊富なカラバリも魅力で、GOAL ZEROのLEDもちょうど2個入る絶妙なサイズ感。ぴったり過ぎない余白が使い勝手良さそうですね。

BYCRUISE ORIGINALS商品取扱店については、下記公式インスタグラムにて随時情報が更新されているようです。購入したい方はこまめにチェックを!

BYCRUISE ORIGINALS公式インスタグラムはこちら
BYCRUISE ORIGINALS公式オンラインストアはこちら
Cruise Bicycle+Cafe(ショップ)公式インスタグラムはこちら

ユニフレーム純正 レザーホルスター

スティックターボⅡ レザーホルスター

出典:Amazon

ベルトフックなどに取り付けたい人には、ユニフレーム純正のレザーホルスターもおすすめ。シンプルな牛皮製で、使うほどに味の出る経年劣化も楽しめます。

ユニフレーム スティックターボII レザーホルスター

●サイズ:約50×45×225(長さ)mm
●重量:約40g
●材質:牛革

分解は禁止!

分解禁止

カスタムパーツが多く販売されており、その中には分解を前提としたカスタムパーツも。ただし、分解については公式サイトより禁止と注意が出ています。

改造により、燃焼部等の破損し事故・発火の原因となる事例も出ているようなので、分解はしないように注意しましょう。

また、改造品はメーカーによる修理受付不可など保証対象外となるのも認識しておく必要がありそうです。

スティックターボⅡの気になるところ

高強度素材ゆえの重さ

スティックターボⅡ SOTOスライドガストーチ

出典:Instagram by@ittleforestcamper

火力が強く、使い勝手よし、ドレスアップも楽しめる……と今のところいいとこづくめのスティックターボⅡ。でもよく注意してみると、何点か気になる点も。

1点目はその重さ。強度と耐久性を重視した素材&構造ゆえ、140gという重さに。これは55gのSOTOスライドガストーチのおよそ3倍。ウルトラライトな装備を極めたい人にはちょっと気になる重さです。

対応はライターガスのみ

ライターガス

出典:Amazon

対応するガスは市販のライターガスのみ。燃料をカセットガス(CB缶)に統一したい人にはやや不向き。ちなみにSOTOスライドガストーチはカセットガス・ライターガスどちらもOK。

燃焼時間がやや短い印象

スティックターボⅡ

出典:Amazon

3点目は燃焼時間。0.28g/分という表記なので、2.8gでおよそ10分という計算に。ガス充填量はMAXで約3.0gなので、最大10分少々というところ。一方SOTOスライドガストーチは、かなりコンパクトなのに約15分の表記に。

やはり、それぞれのメリット・デメリットを生かしてシーン毎に使い分けるのがスマートと言えそうですね。

ユニフレーム スティックターボII

●サイズ:約直径16(直径27)×全長209mm
●重量:約140g(未充填時)
●充填量:約3.0g(0.28g/分)
●使用燃料:市販ライター用ガス
●材質:本体/ステンレス鋼・亜鉛ダイキャスト・樹脂

紹介されたアイテム