【しかも爆安!】ワークマンのエプロンがキャンプやアウトドアで超使えるのでレビューしてみた

2020/08/24 更新

ワークマンの新作エプロン3種を着用レビュー!アウトドアにも最適と称され、価格は1000円台と今回も破格。実際に機能性を確かめるべく、着心地や機能性、耐久性など隅々までチェックしていきます。


アイキャッチ・本文画像撮影:筆者

ワークマンのエプロンが爆安で最強らしい!

ここ数年で大躍進を遂げているワークマン。職人向けの高品質な作業服がアウトドアユーザーにヒットし、さらに激安価格というコスパの良さで客層の幅を一気に広げ、一般ユーザーにも爆ウケしています。

今回取り上げるのは、キャンプやアウトドアで即戦力になること間違いなしのエプロン。

種類は3タイプ。それぞれインもアウトも気分があがるデザインなのに、なんと1,000円台と衝撃価格! はたして機能性や生地感、耐久性などはいかがなものか……。

そこで実際に着用し、気になるところを徹底調査! サイズはワンサイズ・ユニセックスなので、男性も女性もぜひ参考にしてみてください。

①2WAY+超多機能!耐久撥水リップストップエプロン

一見よくあるタイプのエプロンに見えますが、超機能的でアピールポイントだらけな1着! 正直、これが1,500円で購入できるとは驚愕です。機能面とデザイン性、ともにチェックしていきましょう。

マルチポケットが豊富で大容量

胸元に大きく1つ(①)と、細いボールペンなどが入れられるポケット(②)が1つ。さらに大きなポケット(③④⑤)が3つあり、チャック付きのポケット(⑥)で計6ポケットもあるんです。これならサコッシュ不要で、必要なものがサッと出せて便利すぎる!

汚れが落ちやすい耐久撥水生地

生地は耐久撥水加工が施されているため、ご覧の通り水や汚れを弾きます。ただし、防水ではなく撥水商品なので、水滴を押さえつけたり、大量の水にさらすと縫い目から浸水する可能性があります。

着用する度に洗濯するのではなく、サッと拭いてお手入れしていく方が長持ちするでしょう。

中央にスリットがあるから動きやすい

真ん中はパッカンと開くタイプなので、足を広げたり、かがんだり、かなり動きやすいです。とくにキャンプシーンでは設営・撤収時に動きにくい格好だとストレスを感じますが、これなら全く問題なし。

面ファスナーであっという間にズボン化?!

中央スリットはただ動きやすいだけではなく、サロペットのように着こなすことも可能。裏側についている面ファスナーをぐるっと足に巻きつけるだけで、誰でも簡単にできちゃいます。

これなら地面に裾がつく心配もなく、さらに動きやすく着こなしも楽しめますね。

カラーは3種類

カラー展開は、キャメル、カーキ、ブラックの3色。どれもアウトドアシーンにハマる色合いで、カジュアルコーデにもぴったり! 2色買いしても3,000円と激安なので、家族や友人と揃えてみるのもいいですね。

あなたなら何を入れる?

筆者の例です。胸ポケットにマスク、サングラス、ボールペン。下の大きなポケットには虫除けスプレー、日焼け止め、手ぬぐい、ガストーチ、スマートフォン、飴玉。チャック付きのポケットにはリップクリームやティッシュ類を入れます。

1箇所ついているボタンベルトは、紐を通したり引っ掛けたりできるので、ナイフとシェラカップをぶら下げてみました。こんなに沢山のアイテムが入れられるなら十分ですね!

こちらは夫バージョン。胸ポケットにライト、サングラス、火吹き棒。下の大きなポケットにはグローブ、ハンマー、フラスコ、目薬、フリスク。チャック付きのポケットにはお金を、ボタンベルトには鍵をぶら下げました。

無くしやすい火吹き棒がスッと収まる感じに、とてもご満悦だった夫。チャック付きのポケットを財布代わりに使うのも真似したいですね。

ちなみにサイズは、丈100、巾78cmのワンサイズですが、男性にも女性にも着心地の良いエプロンです。

商品詳細はこちら

②オシャレで焚き火に強い!アウトドア胸付きエプロン

2着目に紹介するのは、胸元ロゴがオシャレで綿100%と焚き火にも強いエプロン。生地は耐摩耗性でしっかりとした造りなのに、こちらも1,500円と衝撃価格!

ポケットは4つ

胸元に1つ、下に3つと、それぞれかなり大容量なポケットが計4つあります。入れる口も幅も大きいので入れやすく、取り出しやすいのもポイント。ハンマーもご覧の通り、すっぽり入ります。

カラーは4種類

カラー展開はブラウン、グリーン、ヒッコリー、デニムの4色。どれも男性・女性ともにウケが良さそうな色味で、とくにアウトドア好きにはぴったりのデザイン。

サイズは丈96㎝・ウエスト巾77cm・裾巾86㎝と、丈感は耐久撥水リップストップエプロンに比べてやや短めです。

商品詳細はこちら

③ガーデニングやBBQでも便利なアウトドア腰下エプロン

3つ目は、今回紹介した中で最安値の腰下のエプロン。価格はなんと1,280円と爆安! しかも生地は綿100%と焚き火に強く、耐摩耗性機能がついた超優れモノ。

腰下エプロンは着脱のしやすさがポイントで、とくにエプロンデビューの男性にとっては取り入れやすいデザインでおすすめです。

大容量ポケットが3つ・ベルト式

エプロン全体がポケットになっており、とくに真ん中のポケットが1番大きいです。サイド2つもそれなりに大きいですが、入れすぎると着用した時見た目が不恰好になってしまうかも。

上2つのエプロンは紐を結んで止めるのに対し、腰下エプロンのみバックル式。ここも着脱しやすいポイントの1つです。

カラーは4種類

カラー展開はデニム、ヒッコリー、ブラウン、グリーンの4色。正直どの色も、下に何を着ていようが合わせやすい絶妙なカラー。

シンプルにTシャツやポロシャツと合わせたり、ワンピースやサロペットの上に着用してもオシャレに着こなせます。

商品詳細はこちら

検証結果:ワークマンエプロン買い決定です!

値段の安さからは想像できないほど、しっかりとした生地感と機能性は「さすがワークマン!」と頷きたくなるほど。デザインとカラーもアウトドアシーンにぴったりで、かなり使えると思います。

ワークマンはオンラインでも購入可能なので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
内舘 綾子

クリエイターズユニットCAMMOC/ライター・キャンプコーディネーターとして活動。当時父親が愛用していたギアを受け継ぎ、現在2人の子供と週末キャンプ育。キャンプのある暮らしを発信中。 Instagram@___a.y.a.k0uchi__

編集部のオススメ

【20歳以下厳禁!!】先輩キャンパーに聞いた、冬キャンプ「新・三種の神器」を試してみたAD
女子キャンパーの必携ギアは?賢い収納術アイデアはぜひ真似したい!AD
冬キャンプ支度はここで完了!アウトドアショップ「UNBY箕面店」に注目AD
ダイワ DV1
暇を持て余しがちな「14:00~17:00」の救世主アイテムはコレが正解でしたAD
長期遠征もこれがあれば安心!わたしの車中泊に欠かせないガジェットを紹介しますAD
海の幸、山の幸を満喫できるのに都心からも近い!「意外な穴場」で極上キャンプ体験!AD
【セブン-イレブンで対象商品を購入して応募しよう】キャンプギアが当たるプレゼントキャンペーン開催中!AD
【キャンプ歴35年の人気キャンパー】シモンさんに聞いた「楽しい」キャンプの作り方AD
【Amazon最大の爆安セール】5日間限定!コスパ満点のイケてるキャンプ用品が値引き中!
一目惚れ必至!『アラジン』の傑作、1970年代の反射型ストーブが便利なカセットボンベ式で復刻
人気沸騰の予感!今すぐ買い足したい「オレゴニアンキャンパー」の武骨なNEW収納ギア3選!
先物買いするなら今!今年の冬を彩るあったか最新モコブーツ15選
ハイドロフラスクから保温・保冷フードジャーが登場!用途に合わせて選べる、嬉しい3サイズ展開

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!