ユニフレームの焚き火ギアで、ワイルド&ミニマムな焚き火を楽しんでみた

ユニフレームの機能美ギアを使って焚き火を満喫しに行ってきました。ワイルドだけどコンパクトに楽しめる焚き火アイテムは、様々なキャンプスタイルやアウトドアシーンで活躍してくれます。中でもおすすめのものをご提案。新作から定番まで、ユニフレームだからこそのアイテムたちをとくとご覧あれ!


    キャンプの醍醐味は、やっぱり焚き火!


    自然の中でノンビリ過ごすキャンプの醍醐味といえば、やっぱり焚き火ですよね。炎を囲む時間はもちろん、薪拾いや薪割りなど準備をするのも楽しいし、火を使って簡単な料理をすることもできます。

    そこで今回は、機能的な焚き火ギアを取り入れて、コンパクトだけど雰囲気満点な焚き火に挑戦してみることに。もちろんキャンプ場のフィールドで薪を調達するところからスタート!

    焚き火に必要なギアを改めておさらい


    その前に、焚き火を快適に楽しむために用意しておきたいギアをおさらいしてみます。

    今は直火ができないキャンプ場がほとんどなので焚き火台は当然として、それ以外にも、火をつけるためのガスライター、薪をカットするための斧やノコギリ、グローブも用意しておきたいですね。実際に、これがあるとないでは大違い!


    ワイルド&ミニマムな焚き火のススメ

    まずは必須ギアをコンパクトに実装


    ということで早速、ワイルドだけどミニマム装備の焚き火を楽しんでみましょう。まずは腰回りに必須ギアをセット!

    今回揃えたユニフレームの焚き火ギアは、どれもフィールドでの使い勝手を考慮した機能的なものばかりなんです。無骨な斧やノコギリ、ガスライターも身軽かつ安全に持ち運ぶことができますよ。

    薪は大小様々な枝を拾い集めよう


    焚き火は準備が8割。実は火をつけるまでにすることが意外と多いのです。そのひとつが薪集め。

    河原や林間を歩いて落ちている枝を拾い集める時に、火口や焚きつけ用の枝からじっくり燃やせる太めの枝まで、なるべく幅広いサイズの枝を集めましょう。

    杉の落ち葉や松ぼっくりは着火剤代わりになるので、あると重宝しますよ。乾燥させた状態で常備しておいてもいいかも。

    薪のサイズはノコギリでスマートに調整!


    ある程度の薪が集まったら、焚き火台のサイズに合わせて薪の長さを調整します。ここで活躍するのがユニフレームの「燕三条乃鋸」。

    全長:約22.8cm、刃長:約9cmという手のひらサイズながら、燕三条の職人が仕上げた炭素工具鋼の刃は切れ味抜群! あまり力を入れなくても簡単に枝を切断できます。

    しかもフォールディング型でカラビナ付きなので、スマートに持ち歩くことも可能。

    「燕三条乃鋸」詳しくはこちら

    ITEM
    燕三条乃鋸

    市販の薪を使う場合は斧でバトニング!


    もちろん気軽に薪が拾えるキャンプ場ばかりじゃありません。それなりの太さがある市販の薪を使用することも多いですよね。

    そんなときに使いたいのが、ユニフレームの「燕三条乃斧」。こちらは全長:約27cm、刃長:約11.5cm、身厚:約5mmと、斧としてはコンパクトなサイズですが、ほどよく重量感のある作りでグリップ力も高いため、ビギナーでも気軽に扱えます。


    この斧はブレードの背を使って、テコの原理で細い枝や薪を折ることもできます。使い終わったら、専用のレザーシースに収納しておけば安全に収納可能。これはバトニングに欠かせないギアになりそう!

    「燕三条乃斧」詳しくはこちら

    ITEM
    燕三条乃斧

    着火はターボライターがオススメ!


    薪を用意したら、いよいよ着火です。安全に火をつけるために使いたいのが、ユニフレームのガスライター「スティックターボⅡ」。

    市販ライターのガスで気軽に充填でき、別売りの専用レザーホルスターに入れて、腰からぶら下げておけば使いたいときに素早く取り出せます。


    しかも全長:約20.9cmあり、通常のターボライターより火力が強いので、焚き火台から離れたまま火をつけることも! 火力調整ツマミやロック機能もあるため、安全に使えるのもいいですね。

    着火剤として用意した杉の落ち葉にワンアクションで火をつけると、あっという間に薪も燃えはじめました。

    「スティックターボⅡ」詳しくはこちら

    スティックターボⅡ レザーホルスター詳しくはこちら

    ITEM
    スティックターボⅡ
    ITEM
    スティックターボII レザーホルスター



    贅沢なひととき!ミニマムに焚き火を楽しもう


    ちなみの今回使用した焚き火台は、ユニフレームの「ファイアグリルsolo」。使用時のサイズは約29.5×29.5×18(網高)cm、収納時のサイズは約21×21×5(厚さ)cmと、かなりコンパクト。

    それでも、焚き火を楽しむには充分なサイズ感。ミニマムだけど安定感があるため薪を重ねて、それなりに大きな炎を楽しむこともできます。

    大自然の静寂のなか、薪が弾けるパチパチという音が響き渡る至福のひとときです。

    「ファイアグリルsolo」詳しくはこちら

    ITEM
    ファイアグリルsolo

    焚き火を使ったワイルドな料理も満喫!


    優雅な焚き火タイムを楽しんだら、今度はその火を利用してワイルドな焚き火料理を満喫してみます。卓上サイズの「ファイアグリルsolo」は、テーブルの上に置くことも可能。

    特にユニフレームの定番ギア「焚き火テーブル」と相性抜群です。ステンレス製の天板はキズや熱にも強いため、「ファイアグリルsolo」を載せても安心。

    付属の「焼き網」をセットしてスキレットを置けば、手元で簡単に肉を焼くことができました。このミニマムなサイズの焚き火台、なにげに使い勝手が最高です。

    焚き火テーブル詳しくはこちら

    ITEM
    焚き火テーブル

    ユニフレームの焚き火ギアで完結!しかもかなり快適だった


    薪集めから料理まで実践してみた焚き火ですが、ユニフレームの焚き火ギアを使えば、かなり快適かつ安全に楽しむことができました。

    しかもすべてのギアがコンパクトサイズなので、持ち運びもストレスフリー。まさに機能美という言葉を凝縮したような実用的なアイテムばかりです。これなら幅広いスタイルのキャンプに対応してくれるし、さらに焚き火の魅力を追求することもできそう。

    みなさんも、こうしたギアを取り入れて快適な焚き火ライフを満喫してみてはどうでしょうか?

    もちろんユニフレームは他にも様々なギアが出ているので、自分なりの焚き火スタイルを構築することができますよ!

    ユニフレームの焚き火関連ギア一覧はこちら

    Sponsored by 株式会社新越ワークス

    紹介されたアイテム

    燕三条乃鋸
    サイトを見る
    燕三条乃斧
    サイトを見る
    スティックターボⅡ
    サイトを見る
    スティックターボII レザーホルスター
    サイトを見る
    ファイアグリルsolo
    サイトを見る
    焚き火テーブル
    サイトを見る
    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!