最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

保冷力30%アップって、どういうこと!?YETIの新型クーラー「Roadie 24」を自腹買いレビュー(3ページ目)

Roadie20 Roadie24

翌朝になり24時間が経過しました。どちらもだいぶ溶けてきていましたが、まだ少し氷が残っています。「24」の方に残っている氷のほうが大きいことがわかりますね。

Roadie20 Roadie24

溶けた水を別のペットボトルに移して比べてみたところ、若干ですが「24」の方が水が少ない。ということは氷が多く残っている=保冷力が高いということですね。

クーラーボックスは使い方によって保冷力が変わるので明確に30%の違いを検証することはできませんが、どちらも翌朝まで氷のまま残っているという、保冷力の高さは改めてわかりました。

ラッチが開閉しやすくなった

Roadie20 Roadie24

サイズや容量だけでなく、機能面でもいくつかの変更が。まず、蓋をロックするためのラッチの仕様が変わっています。

Roadie

「20」はゴムが固く力が要るので、子供の力では開閉できませんでした。そのため、子供が飲み物を飲みたいとなったら毎回親まで駆り出されるハメに……。ところが新型はテコの原理でさほど力を入れなくても閉められるため、子供でも開閉できるように!

拍子抜けするほど力を使わずに閉まるので、ちゃんと閉まっているのか不安になるほどです。またこの構造であれば、ゴムが伸びて密閉度が低下してしまう現象も防げます。

軽量化されてスッキリしたハンドル

Roadie20

「20」のハンドルは、金属製の武骨でガッチリしたタイプでしたが……

Roadie24

「24」のハンドルは、ソフトタイプのストラップ状になっています。

Roadie24

ストラップ状と言っても、持ち手の部分は硬い樹脂製のカバーが付いています。手に食い込まずにしっかり握れるので、持ちやすさは問題ナシ!

Roadie24

使わないときは本体に密着して収まるので、収納や積載時に邪魔になることもありません。「20」のクラシカルで男前な雰囲気も捨てがたいですが、やはり利便性という点では新型の「24」が優っていますね。

注目の新色・ネイビーも登場

Roadie ネイビー

出典:Instagram by @tomotech54
シーズン毎に新色をリリースしてきたYETI、今回は定番のタン・チャコール・ホワイトに、加えてネイビーが登場しています。深めの落ち着いた色味で、これまた人気が出そうなカラーですね。

気になる価格は?

Roadie

容量も保冷力も上がっているとなると、価格も上がっているんじゃないかと気になるところ……。と思いきや、なんと価格は「20」から据え置きの税込35,200円! 決して安くはありませんが、値上がりしなかったのはありがたいですね。

ところで「Roadie24」って、ファミリーでも活用できる?

Roadie24

ここまでのチェックで、新型の「24」が格段に性能アップしたことはわかりましたね。ただ4~5人の家族の場合、容量約20リットルでは物足りないですよね。同じYETIでも35~45qtを選びがちですが、じつは20リットルを使えばこんなメリットもあるんです!

ファミキャンでは2台併用、ソロやデイでは1台で!

Roadie

40〜50qtクラスの大型クーラーは、たしかに量はたくさん入ります。ただ、それ自体が重いハイスペックなハードクーラーに食材や飲み物を満載した時の重さと言ったら……。サイズもかなり大きく、どう積載すれば効率良いのか、頭を悩ませたこともありませんか?

Roadie

半分ほどの容量なら運搬・積載時の負担が大幅に軽減される上に、それぞれの開閉回数が減るため保冷力の低下防止にも繋がります。あとは、逆に大きいクーラーが必要ないデイキャンプでも、20〜25qt前後の容量の方がまさにジャストなパフォーマンスを発揮してくれます。

というように、じつは小型サイズのクーラーボックスはどんなスタイルの方でもとても使い勝手がいいものなんですよね。

利便性が格段にアップしたYETI「Roadie24」は買って大正解!

Roadie24

保冷力の高さは疑いようがなかったYETIのクーラーボックスですが、重さやサイズのわりに中身が入らない、などいくつか課題も……。今回のバージョンアップではそういった点が見直され、機能面でも大幅な進化を感じられました。

より使いやすくなった「Roadie24」の登場で、YETIは今後も人気のクーラーボックスの代名詞的存在であり続ける予感です!

YETI「Roadie24」について、詳細はこちら

3 / 3ページ