カルディやコストコで手に入る!アメリカ発の調味料「シーズンドソルト」が、めちゃ万能!

2020/08/13 更新

アメリカ発祥の万能BBQ調味料、ロウリーズの「シーズンドソルト」「ガーリックソルト」。スパイシーで個性的な2つの風味を、豊富なレシピで試作。家でもキャンプでも超オススメです!


記事中画像提供:アトリエばく

サッとひと振り、アメリカンBBQの味!

ロウリーズのシーズニングスパイス
海外旅行のお土産としても隠れた人気の、ロウリーズ「シーズンドソルト」、そして「ガーリックソルト」。メキシコ系のスパイスと、ネイティブアメリカンの食文化に影響を受けた、いわばアメリカの「おふくろの味」です。

外に出かけられない日でも、本場アメリカの風味が居ながらにして味わえます。数多ある日本のBBQスパイスとはまた違う味覚をプラスしてくれますよ。

ハーブとスパイスの絶妙バランスが美味しい!

シーズニングソルト、ガーリックソルト、粉末
2つとも、ロサンゼルスのローストビーフ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」のオリジナル。17種類ものハーブとスパイスが調合されています。適量まぶすだけで、肉やシーフードがアメリカン・BBQ風に。料理の仕上げに振りかけても使えるそう。

これはぜひ試してみたい! 2つのスパイスを、それぞれ色々な食材とともに調理してみました。さてさて、どんな風味になるのでしょうか……?


「シーズンドソルト」で、グリル&ソテー

カルディやコストコで手に入る!

「シーズニングソルト」、牛肉、ハマグリ
天気がいいので、今日は自宅庭でBBQ! 早速、手に入れたばかりの「シーズンドソルト」を使ってみましょう。

ロウリーズ「シーズンドソルト」は、全国のカルディ、コストコ、ドン・キホーテで購入できます。

カルディでの購入はこちら
ITEM
ロウリーズ シーズンドソルト
・原材料:食塩、砂糖、パプリカ、ターメリック、オニオン、ガーリック
・内容量 :113g
・原産国:アメリカ

何がともあれ牛ステーキ!

牛ステーキ、シーズニングソルト
奮発して買った奥羽牛のザブトン肉に、「シーズンドソルト」を軽く振ってみます。

網焼きステーキ
いつものキャンプ用七輪に炭火を熾し、網焼きステーキ! 次第にいい香りが漂ってきました……。

う〜ん、スパイシー!

牛ザブトン網焼きステーキ
日本製のBBQスパイスは、醤油や海産物の出汁味を感じますが、これは全く別物。ほのかに香るパプリカとターメリックが、どことなくチリソース風。アメリカンな個性を感じました!

鶏手羽先と海老に使ってみた

手羽先と海老、材料
濃厚な風味の鶏手羽先、そしてシーフードはどうでしょうか? どちらも両面にサラッとかけてみました。

鶏手羽先はオリーブオイルでソテー

手羽先のソテー
フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、中火で手羽先をソテー。きつね色になる頃合いを計りながら火を通していきます……。

手羽先のソテー
焼きあがりました。ひと口かぶりつくと、カリカリになった皮目の歯ざわりと、キリッとしたスパイスの香りが絶妙にマッチ!

今まで、鶏肉はシンプルに塩胡椒をかけるか、照り焼きにしていたので、この味はかなり斬新。

海老の串焼きはどうか?

海老の串焼き
いつも家呑みのアテを炙るのに使っているミニこんろ。これにロゴスの整形炭「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ」を熾し、海老の串をじわじわと炙り焼きに。

海老の串焼き、完成
これも絶品! 潮の匂いが「シーズンドソルト」の香りと渾然一体となって、生臭みがキレイに消えました。そして、意外や意外、ライムの絞り汁をかけると味が引き締まり、とても美味。辛口のロゼワインとの相性も抜群です。

イカやタコ、ホタテなど、シーフードの串焼きにもってこいですね!

チリコンカンの味付けがこれ一発で決まる!

チリコンカンの材料
キャンプの鉄鍋料理としてよく作られる「チリコンカン」。柔らかく煮えた豆とスパイシーな風味がたまらない一品です。でも、最初から作ろうとすると、多種類のスパイスを自前で揃えることに。

「シーズンドソルト」なら、ほぼこれだけで味付けができますよ。

玉ねぎと挽き肉を炒める

材料を炒める
フライパンにオリーブオイルを熱し、荒いみじん切りの玉ねぎ1/2個分と、牛豚合挽き肉100gを炒めます。

カットトマト缶、ミックスビーンズを入れる

カットトマト、豆を入れる カットトマト1/2缶(約200g)、ミックスビーンズ50gを加え、豆が柔らかくなるまで弱火でグツグツ。

「シーズンドソルト」をひと振り!

シーズンドソルトを入れる
仕上げはこれひとつ! 「シーズンドソルト」を小さじ1/2程度振り入れ、さらにひと煮立ち。加える量は、味を見ながら微調整してください。

マイルド風味のチリコンカン、完成!

チリコンカン、完成
これで約2人分です。ご飯のおかずに、ガーリックトーストやクラッカーに乗せておつまみに。「シーズンドソルト」で調味すると、パクパク食べられる軽めの味わいに仕上がりました。

大人向きには、仕上げに粗挽きブラックペッパーを加えても。

お次は、つまみに最適なガーリックソルト!

さて続いては、もうひとつの絶品調味料「ガーリックソルト」をご紹介。おすすめの食べ方も披露していきますよ。


「ガーリックソルト」でサイドメニュー

食欲をそそる香りが特徴

ロウリーズ「ガーリックソルト」
パッケージを開けたとたん、ふんわりと漂うのは、甘いガーリックの匂いと、パセリの爽やかな香味。思わずお腹がぐーっと鳴ってしまうような、食欲がそそられる香りです。

こちらも、カルディ、コストコ、ドン・キホーテで販売されています。

カルディでの購入はこちら
ITEM
ロウリーズ ガーリックソルト
・原材料:食塩、ガーリック、砂糖、パセリ、植物油
・内容量:85g
・原産国:アメリカ

手が止まらない!ガーリックフライドポテト

ガーリックポテト、材料
ソロや少人数キャンプを想定し、メスティンでガーリックフライドポテトを作ってみましょう。小型のクッカーでもOK。

じゃがいも2個は、皮のまま8等分のくし切りに。調理時間節約のため、あらかじめ500Wの電子レンジで約2分加熱してから、持っていくといいですよ。

メスティンで揚げる

メスティンでポテトを揚げる
メスティンにサラダオイルを半分ほど入れ、バーナーで加熱します。炎の当たりを柔らかくするため、ユニフレーム「ミニロースター」のバーナーパッドを使用しました。

油の温度が下がらないよう、揚げるのは5〜6本ずつ。薄いきつね色になったら、ペーパータオルの上に取り出します。メスティンのフタを使うと便利!

揚げたてを袋に入れて…

ポテトを紙袋に入れる
揚げたてのじゃがいもを清潔な紙袋に入れ、「ガーリックソルト」を振り入れます。袋の口を閉じて……

レッツ・シャカシャカ!

ポテトとスパイスを振る
全体がよく混ざるように振りましょう。たくさん作るときは、この作業をお子さんにやってもらうと喜ぶかも!

風味絶佳!スタッフも魅了

ガーリックポテト、完成
「ガーリックソルト」をまぶしただけなのに、家でもキャンプでもこんなに旨いガーリックフライドポテトが食べられる……! 感動の仕上がりでした。ビールやチューハイに、おやつにもぴったり。

ガーリックで美味しさ倍増!きのこのソテー

きのこのソテー、材料
2人分の材料です。ブナシメジ1/2パック、えのき茸1/2パックは根元を切ってほぐします。しいたけ2枚は石突きを取って薄切りに、エリンギ大1本は手で細く裂き、にんにく1片は薄くスライス。

キノコにガーリックソルトを入れる
フライパンにバター約15gを溶かし、にんにくを炒めます。香りが立ったらきのこを入れ、中火でゆっくり火を通しましょう。

全体にしんなりしたら、「ガーリックソルト」を振り入れます。味を見ながら、ちょうどいい塩加減に調整してください。工程はたったこれだけ!

そのまま食べても、パスタソースにも!

きのこのソテー、完成
きのこの旨味が混ざり合い、「ガーリックソルト」が全体をまとめてくれるので、こちらも手が止まらない一品に。

そのまま食べても、粒マスタードを添えてホットサンドの具にも◎。オリーブオイル大さじ2を足せば、なんとパスタソースにもなっちゃいます!

キャンプ場の近くなどで、地物のきのこが手に入ったら、ぜひ作ってみてください。

ただ「かけるだけ」メニューも!

目玉焼きと洋風冷奴

冷奴と目玉焼き
最後にご紹介するのは、「かけるだけ」の小ワザ2種。いつもの目玉焼きに「シーズンドソルト」をひと振りすれば、朝ごはんに新たなバリエーションが生まれます。

マンネリになりがちな冷奴ですが、オリーブオイルを垂らし「ガーリックソルト」をかけるだけで、新感覚のガーリック・トーフが出現! ええっ? と思う組み合わせですが、おつまみに最高ですよ。

家でもソトでも、新たな味のバリエーションを!

シーズニングソルト、ガーリックソルト、七輪
ライト感覚でスパイシーな「シーズンドソルト」、香り豊かな「ガーリックソルト」。家で使っても、キャンプに持ち出しても、普段の味をさらに広げてくれること間違いなし。いつものスパイスボックスに、ぜひこの2本を!

撮影場所:自宅

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

ロウリーズのシーズンドソルト、ガーリックソルト
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
関美奈子

ガールスカウトがきっかけで、キャンプが大好きになりました。友人同士や子育てキャンプを経て、今は夫婦2人、たまにはソロで街からエスケープ!夏は高原、冬は南の海辺へと、“たためる別荘”を担いで漂泊する日々。 Instagramアカウント:@minako_seki_atelierbaku

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!