超・個性的『トリパスプロダクツ』の男心くすぐる新作全6アイテムを一挙見!

2020/06/18 更新

金属加工の技術をもとに、焚き火を中心としたアウトドアの楽しさを追求するトリパスプロダクツから、期待の新作アイテムがリリース。名作焚き火台「グルグルファイヤー」をさらに強化するアイテムやスタイリッシュな焚き火スタンド、独創的なフックなど6点が追加!


鉄加工を得意とする『トリパスプロダクツ』のアイデアが止まらない


超個性的な見た目の焚き火台「グルグルファイヤー」でデビューし、次々と新製品を発表している「トリパスプロダクツ」から、ドサッと6点の新製品がお披露目! グルグルファイヤーを更に強化するオプションアイテムから、焚き火をもっと便利に楽しくするアイテムまで個性豊かなアイテムがラインナップしました。


鉄の加工を得意とするトリパスプロダクツ。1mmも狂わぬ精巧な加工が施されたアイテムは、わずかな穴や溝でお互いをカッチリとジョイントさせることが可能。

見た目にも美しいトリパスプロダクツのアイテムを揃えれば、きっとこれまでの焚き火とは異次元の体験を与えてくれるはず! これから焚き火関連のアイテムを揃えようとしている方必見です。

焚き火によるダメージの心配なし!ギアハンガー


まずは、ギアハンガーをご紹介。鉄製のため熱に強く、焚き火台の近くに設置してもOK。ダッチオーブンを吊るせば、焚き火料理でもガシガシ使うことができるタフなアイテムです。

またキャンプでは、ハンガーラックとして脱いだアウターをかけたり、濡れたタオルを干すのにも使い勝手が良さそうですね。アイデア次第で使い道が広がるギアハンガーは、脚部とブリッジ部分がそれぞれ単体で販売されいます。

脚部フレーム「A-KYAKU(エーキャク)」


A型フレームのデザインが特徴的な脚部フレーム「A-KYAKU (エーキャク)」は、2脚で1セット販売。その特徴は、フレームを継ぎ足すことで高さを調整でき、ハイ・ローそれぞれのキャンプスタイルに対応できる点にあります。

A-KYAKUの連結パーツ「KAKEHASHI(カケハシ)」

(写真上)トリパスプロダクツネームをレーザー刻印したデザイン、(写真下)ブランドネームなし、中央のロゴはレーザー切り抜き加工。選べる2デザインです。
そしてこちらが、アイテムを吊るすブリッジ部分の「KAKEHASHI(カケハシ)」。全長985mmと複数のギアを吊るしても大丈夫なよう、しっかり長さが確保されています。


エーキャクとカケハシのスリット同士がぴったりとハマる構造になっているため、安定感も抜群。また連結して使用する場合、カケハシの高さを460mm・780mm・910mmの3つの高さに調整できます。

ロースタイル(高さ460mm)の連結パターンの場合


こちらがロースタイルの連結実例。ローテーブルの近くにレイアウトし、カケハシに鍋やお玉などの調理器具を吊り下げておけば、即席キッチンテーブルの完成。調理作業が捗りそうですね。

ギアハンガーでここまで高さが低く設定できるものも珍しいので、ミニマムな焚き火台と合わせて使用するのも好相性です。


またこちらのカケハシですが、トリパスプロダクツの既存アイテム「ツノスタンド」とジョイントさせて使用することも可能です。

エーキャクとカケハシがセット販売ではなく、それぞれ単体で販売する理由はコレだったんですね。すでに「ツノスタンド」をお持ちの方も必見の新製品です。

【A-KYAKU】
価格:9,800円(税抜)
重量:約1.3kg
材質:鉄
組立サイズ:905×370mm(脚部未端間)
収納サイズ:500×230mm

【KAKEHASHI】
価格:ブランドネームあり:6,800円(税抜)、ブランドネームなし:6,200円(税抜)
重量:約1.4kg
材質:鉄
サイズ:985×70×10mm

ガイロープに吊るして使ってもOK!便利なフックアイテム


次はエーキャク、カケハシと合わせて使いたい、トリパスプロダクツらしさが詰まった個性的なフック2点をご紹介します。

IKARI-HOOK(イカリフック)


まず紹介するのは、船の錨(イカリ)の形をした個性的なフック。100円ショップのS字フックとは、一味も二味も違う雰囲気を演出してくれます。


錨の方を下にすれば、おたまやフライパン、カッティングボードなどを1つのフックにつき2つ吊るすことができます。


上下を反対にして使えば、ダッチオーブンなどをまっすぐ吊るすことができるフックに。この状態で使う場合、ガイロープにテンションをかけながら吊るすことができ、フック自体の防滑性もUPします! 5本セットで販売予定です。

【IKARI-HOOK】
価格:3,600円(税抜)
重量:190g
材質:鉄
セット内容;5本1セット
耐荷重:片側15kg

TRI-HOOK(トリフック)


そしてもう1つのフックアイテムが、三角形のようなデザインの「TRI-HOOK(トリフック)」。


先述した「カケハシ」にぴったりジョイントするようスリットが全ての角に刻まれていて、ズレやユレを軽減してくれます。


こちらも「イカリフック」と同様に底辺部分を上にしてロープを挟むように設置すれば、防滑性がUPしますよ!

【TRI-HOOK】
価格:4,200円(税抜)
重量:250g
材質:鉄
セット内容:5本1セット
耐荷重:1辺につき15kg

グルグルファイヤーと合わせて使いたい!便利焚き火アイテム

FUBOU2(フウボウ2)


さらに、グルグルファイヤーのオプションアイテム「フウボウ2」もラインナップ! ただ単に風を遮るだけでなく、グルグルファイヤーの燃焼効率を飛躍的にアップしてくれるアイテムなんです。


2層構造になっており、本体外側下部より空気を取り込み、内側の穴から空気を噴出。煙の原因にもなる燃焼に至らないガスの燃焼を促進し、いわゆる二次燃焼を発生させる装置なんです。

つまり少ない燃料でもよく燃え、薪の消費量の節約にもつながるということ! これは使わない手はありませんね。豪快な炎を楽しみたい方は、ぜひグルグルファイヤーとセット使いで焚き火を楽しんでみては?

【FUBOU2】
価格:Sサイズ:8,800円(税抜)、Mサイズ:9,800円(税抜)
重量:Sサイズ:2,340g、Mサイズ:3,852g
材質:鉄

TRI BASAMI(トリバサミ)


最後に紹介するのは、なんとも男心をくすぐるRPGゲームの“伝説の剣”のような見た目の焚き火用トング。


先端に入れられたスリット(ギザギザ)は、焚き火にかけたケトルや飯盒を持ち上げるための工夫ポイント。


またスリットの反対側は細かいノコギリ状に。薪の結束バンド程度ならこれで切れてしまうのだそう!


さらに先端に設けられた小さな溝は、別売のグルグルファイヤーの「灰受け」や「HOGO」のフチに引っ掛けて固定することが可能な作りに。こんなに小さな溝で固定できちゃうのは、強度のある鉄製ならではと言ったところですね!


グリップ部分には紐通し用のホールを設置。すべて鉄製で手元も熱くなりやすいので、お好みのパラコードや皮ヒモなどでグリップをカスタマイズしちゃいましょう!

【TRI BASAMI】
価格:4,800円(税抜)
重量:380g
材質:鉄

今回ご紹介した6アイテムは全て、7月7日(火)より発売を開始予定です。詳細は随時公式サイトで発表されるので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

トリパスプロダクツの公式サイトはこちら

 

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
加茂 光

ライター。フリーペーパー『88』『Lj』編集スタッフを経てフリーに。「アウトドア」「旅」「オーガニック」をテーマに、人と自然が関わる風景を伝えるべく活動中。座右の銘は「ルール破ってもマナーは守るぜ」。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!