ついに帰ってきた!限定アイテムを引っさげ「オッシュマンズ原宿店」がカムバックオープン

2020/06/25 更新

オッシュマンズ原宿店がクローズして早3年半。アウトドアラバー達の聖地でもあるあの創業地原宿に、オッシュマンズが帰ってきました! オッシュマンズ原宿店は内装にもこだわりがいっぱい。自然を感じられるコテージゾーンやヨガもできるウッドデッキなど、かなりパワーアップしてます。しかもオープンを記念してスペシャルアイテムが超豊作です。これは見逃せません!


創業の地「原宿駅前」に6月9日オープン!


2017年2月に惜しまれつつもクローズしたオッシュマンズ原宿店。国内第一号店として30年以上もの間、アメリカのアウトドア、スポーツカルチャーを発信し続けてきました。そんなオッシュマンズ原宿店が創業の地にカムバック!

広大な空間は非日常そのもの。緑が広がるコテージゾーンや、一歩足を踏み入れた瞬間にリラックスできるこだわりの内装など、コトとモノを発信するオッシュマンズの全てが詰め込まれています。

自然を感じられる非日常空間にグレードアップ


新生オッシュマンズは原宿駅前に新たにオープンした商業施設「WITH HARAJUKU」の1F、M1F、2Fの3フロアに店舗展開。2Fウッドデッキではヨガワークショップやトークショー、フィルム上映会などを体験できるスペースに!


また、広大な渋谷原宿エリアのショッピングに便利なレンタルサイクルを、おしゃれ自転車で人気の「tokyobike(トーキョーバイク)」の協力のもと展開。最先端のカルチャー発信地を効率よく遊びつくそう!

オッシュマンズ内に日本初となる、グラミチストアがオープン!


さらにM1Fには国内初となるグラミチのスペシャルストアがオープン。今でこそアウトドアに限らずファッションシーンでも大人気のグラミチですが、オッシュマンズではなんと30年以上前より取り扱っている旧知の仲なんですよ。

最新のウェアから定番のクライミングパンツまで、グラミチの幅広いラインナップでチェックすることができるのは嬉しいポイントですね!

オープン記念のスペシャルアイテムも見逃せない!


オッシュマンズ原宿店のオープンを記念して、スペシャルなアイテムが各ブランドから登場します! 店舗限定別注やエクスクルーシブアイテム、原宿店先行発売品など、豪華アイテム達がオープンを彩っています。そんなスペシャルなアイテムの中から厳選した2アイテムを紹介。

アークテリクスの「マカ2」が原宿カラーに!


原宿店のオープンを記念して作られたオッシュマンズ別注のアークテリクス「マカ2」。原宿駅前のイチョウの黄色い葉をイメージして作られています。ライナーとサイドメッシュ、センタージップをイチョウ色で統一した、玄人好みのデザインに仕上がっています。


シンプルな見た目ながら、メインコンパートメントには内ポケットがセットされ、さらにスマホ用ポケットがあるなど、使い勝手もバツグン。キャンプや日常使いはもちろん、旅行などでも大活躍してくれそうですね。

アークテリクス「マカ2 オッシュマンズ別注」の詳細はこちら

日本観光するブービーバードのプリントが秀逸


みんな大好きCHUMSからは、「ジャパニーズ トラディショナル ティー」という日本らしさの詰まったお土産にも最適なアイテムが登場。しかも原宿店・オンライン限定発売というスペシャルなTシャツです。

胸部分に入った鳥居をくぐるブービーバードのプリントがなんともチャーミングですね!


バックプリントには、伝統的建造物に訪れるブービーバードがプリントされ、日本を旅しているかのようなモチーフのデザインです。ボディーに使用されている生地も肉厚のコットンなので、洗濯してもヘタれにくく長く着ることができますよ。

チャムス「ジャパニーズ トラディショナル ティー」の詳細はこちら


この他にも、ザ・ノース・フェイスやグレゴリーなど超人気ブランドの限定アイテムが登場しています。オンライン販売対応のものも多くラインナップしているのでアイテムの詳細を知りたい方は、下記ページをチェックしてみてくださいね。

スペシャルアイテム一覧はこちら

原宿の新たな名所に行ってみよう!

原宿駅を降りたら「とりあえずオッシュマンズ行くか」と親しんできた人も多いと思われるだけに、創業の地にオープンするのはかなり胸熱。それに加えてスペシャルアイテムの販売もあり見逃せない内容です。新しいアウトドアスタイルを探しに行ってみてはいかがでしょう!

【オッシュマンズ原宿店】
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-30 ウィズ原宿1-2F
電話番号:03-5413-5927(開業日より開通)
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定休

原宿店についての詳細はこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!