CAMP HACK[キャンプハック]


新型シェラカップ「シェラどんぶり」でキャンプ料理がもっと楽しくなる!! | 2ページ目

0



それでは、細かな仕様を見ていきましょう。

個食で完結する「大きなシェラカップ」

シェラどんぶり
ソロキャンプでインスタント麺を食べるとき、シェラカップではサイズ的に物足りないから、作った鍋でそのまま食べている人も多いですよね。

シェラどんぶり
シェラどんぶりが活躍するのはまさにそんな場面。一人用の食事に適したサイズになっているんです。大皿料理を取り分けて食べるわけではなく、個食で完結できるので衛生的でもあります。

1人分のチキンラーメンにぴったり

シェラどんぶり チキンラーメン
大きさはφ14.8cm×H7.4cm。これは 1人分のチキンラーメンをつくるのにちょうどいいサイズ。

混ぜるボウルとしても

シェラどんぶり サラダ
キャンプで料理をしていると、野菜を和えたり肉を漬けたりとボウルが欲しくなるときありませんか? そんなときにもシェラどんぶりが活躍してくれます!

ステンレス製でフタつき

シェラどんぶり
シェラどんぶりの使用シーンとしては、「キャンプ」で「器」としてがメインと考えています。

シェラどんぶり
軽さをそこまで追求する必要もなく、直接口をつける機会は少ないとなれば、「丈夫」で「料理が冷めにくい」ステンレスという結論に。

シェラどんぶり
ハンドルはサイドに折りたたむタイプです。曲面に固定しているので、ハンドルを伸ばしたときやや斜めになりますが、使い勝手にはさほど影響しません。

シェラどんぶり フタつき
さらにはフタつき! 調理効率も上がりますし、保温効果も高まります。また、虫の侵入も防げますね。

シェラどんぶりで炊飯もできる

ここからは器やボウルとしてだけでなく、調理器具としてのシェラどんぶりの使い勝手を紹介していきます。

シェラどんぶり ボウル
米を30分ほど吸水しておきます。水の量は1合炊きで200ml。見た目はこのくらいです。

2合入れることもできますが、確実に吹きこぼれるので1合炊きがおすすめ。

シェラどんぶり
火加減と火力との距離にもよりますが、フタをして中火で3〜5分ほど加熱。沸騰してきたら弱火にします。

シェラどんぶり フタつき
弱火にしてから8〜10分ほど加熱します。吹きこぼれない火加減をキープしましょう。

シェラどんぶり
炊飯で重要なのは「蒸らし」です。ひっくり返して10〜20分蒸らしていきます。寒い時期はタオルやブランケットなどで包んで、どんぶり全体を保温するといいでしょう。

シェラどんぶり
開けてみると、バッチリ炊き上がっていました。吸水時間が長ければ長いほど、火入れの時間は短縮できますよ。

シェラどんぶり 卵かけご飯
白飯を炊いたら、卵かけご飯にしたくなるのは人間の性。……ふっくらしてて美味しい!

ちなみにステンレス製でノンスティック加工(焦げ付き防止の加工)などされていないので、火入れするとどうしても焦げ付きや変色が起きてしまいます。

いろいろな料理に使えます!!

シェラどんぶり
もちろん炊飯だけではありません。他の参考料理もチラッとお見せしましょう。

まずは深型の特徴を生かした、食材丸ごとのスープ(写真は玉ねぎ)。

関連記事