CAMP HACK[キャンプハック]


パラコード

【ひたすら巻くだけ】不器用でも“それっぽく”できあがる超簡単パラコード編み〜vol.1〜

1

キャンプに行けない日々を、どう過ごしていますか? 庭キャンプやベランピングをしたり、欲しいギアを物色したり……。そんな自宅待機キャンパーに提案したいのが、パラコードを使ったDIY。手持ちのギアをかっこよくアレンジしたりアクセサリーを自作したりと、夢が広がる世界なんです!

秋葉 実

制作者

秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

...続きを読む
秋葉 実のプロフィール

アイキャッチ・本文写真撮影:筆者

パラコードでDIY!

パラコード
キャンプに行きたくても行けない今日この頃、いかがお過ごしですか? 筆者はベランピングに庭キャンプ、ネット通販でキャンプギアの衝動買い……と一通りの過ごし方をしてきました。

そんな生活にも飽きてしまい、気持ちも新たに挑戦することにしたのが、パラコードを使ったDIY。「やってみたいけど難しそう」とずっと躊躇してきた分野であり、今回が初体験です。

ATWOOD ROPEを購入

パラコード
用意したのはメイドインUSAの「ATWOOD ROPE(アトウッド・ロープ)」。100フィート(約30m)で1,500円ほどで購入できます。ミルスペックな製品ではないようですが、それでも耐荷重はたっぷり250kg、カラバリも豊富でした。

ATWOOD ROPE 100フィート(30m)

・破断強度:550ポンド(約250kg)
・直径(約):4mm
・長さ(約):30m
・製造:アメリカ



パラコード
ちなみに筆者のパラコード知識は、「カットしたら炙ってほつれないようにする」ということを知っている程度。ここは頼りになる先生が欲しいところです。

そこで今回、筆者のチャレンジの間違っている部分などをビシバシ指摘してもらいつつ、より上達するアドバイスをいただくべく先生をお招きしました。

教えてくれるのはこの人

宮田さん
ミリタリー&アウトドアショップ KINRYU 宮田さん

宮田さん
お招きいただきありがとうございます! パラコードの魅力に取りつかれ数年。まだまだ未熟ものですが、お力になれるように頑張ります♪

パラコードは、パラシュート用に考案・開発された経緯を持ち、耐久性に優れたミリタリーアイテムです。それゆえアウトドアレジャーなどの野外環境においても「実用性」に長けている点が一つの特徴であり大きな魅力でもあります。

今回は、そんな優れた「実用性」を身近に、そして格好良く備えることができるパラコードDIYを気軽に楽しむことができるようお手伝いします。

シェラカップをお洒落にアレンジ

パラコード
いろいろなパラコードDIYをネットで探した結果、簡単そうだなと思ったのがシェラカップのハンドルアレンジ。巻きつけるだけなら自分でもできそうだと感じました。

宮田さん
僕も初めてのパラコード利用は、ギアのハンドルへの巻き付けでした。巻き付ける物の形状によって難易度が変わってくるので、まずは婉曲の少ないクッカーやナイフのハンドルなどのシンプルなものからどうぞ。

巻き方は靴ひもと同じように

パラコード
いくつかの動画を見て勉強し、そのなかで気に入ったやり方で巻いていきます。まずは先端を、前転させるように一回転。

パラコード
取っ手の内側に通します。


Uターンして逆サイドの内側を通過。

パラコード
またUターンして、さっきと同じようにくぐらせます。

またUターンして……ってくどいですね。要は靴ひもを通すのと同じように、8の字を描きながら巻きつけていきます。ちなみに指で押さえている先端は、そろそろ放っておいてOKです。

パラコード
隙間が空くとかっこよくないので、ギュウギュウと引っ張りながら、ロープ間を詰めながら巻いていきました。

締めくくりは炙って溶接

パラコード
ハンドルに巻きつけるスペースがなくなってきました。巻きつけ自体は簡単だったんですが、問題は締めくくり方です。

パラコード
最後の一巻きに余裕をもたせておいて……。

パラコード
その隙間に通して引っ張れば、巻きつけ作業は完了。しかしこれだと、簡単に解けてしまいますよね。そこでカットしたときと同じように、先端を炙って処理します。

パラコード
1cmぐらいを残して、余分な部分をカット。

パラコード
先端を炙って溶かし……。

パラコード
アツアツのうちにギュッと押し付けて溶接……って、アチーッ!!

パラコード
確かに溶接はできましたが、親指をヤケドしてしまいました。動画では素手でやっている人がいたんですけどね……。

宮田さん
素手での処理は本当に危険。溶けたナイロンが手に付着してしまったときは悲惨です(経験済み……)。ときにはハサミやナイフの腹を押し当てて処理すると断面が平らになってキレイに仕上げることができますよ。


パラコード
スタート部分の先端も、同じ用に溶接で処理しました。今度はペンチをコテのように使って、安全に行いました。

世界にひとつのシェラカップが完成!

パラコード
ヤケドした甲斐あって(?)世界に1つだけのシェラカップができあがりました。カラフルなパラコードを使えば、もっと心躍る感じに仕上がるでしょうね。ノーマル状態よりも持ちやすくなり、実用面でも効果がありそうです。

ちなみに使用したパラコードの長さは、仕上げにカットした部分も含めて、120cmほどです。

宮田さん
覚える順序として、巻き付け系はストラップの編み方を応用する機会も多いので、手近にカスタムしたい物がないときは後回しにしてもOK。今回挑戦している巻き付け方も、ブレスレット作成に流用できるものですよ。

いずれにしても巻き付けはギアの利便性向上にもつながるので、ぜひ試してみてほしいです。


ATWOOD ROPE 100フィート(30m)

・破断強度:550ポンド(約250kg)
・直径(約):4mm
・長さ(約):30m
・製造:アメリカ



ナイフ
さて、これを機にアレコレやってみたくなった筆者。次は、「手持ちのナイフの持ち手を巻いてみよう!」と意気込んで挑戦。しかし……?

紹介されたアイテム

関連記事