CAMP HACK[キャンプハック]


ついにMAX5,000ルーメン!クレイモアの新型LEDライト「3FACE+ X」を光速レビュー

0


最大5,000ルーメンって、どれくらいの明るさ?

それはもはや室内蛍光灯レベル

クレイモア LEDライト
MAXの5,000ルーメンで点灯した状態が、こちら。夜の室内で点けているのは「3FACE+ X」のみですが、普通に生活するのに充分足りる明るさにさっそく驚かされました。

220ルーメンのLEDライトと比べてみると・・・

クレイモア LEDライトクレイモア LEDライト
220ルーメンのLEDライトと比べると、明るさの違いは一目瞭然! ランタンはいくつか組み合わせて明るさを確保するのが一般的ですが、「3FACE+ X」は夜の屋外でも1台で充分。メインの灯りとして使えるLEDライトというのは、革新的ですね。

ちなみに連続点灯時間は、最大の明るさでも約7時間半。一泊のキャンプなら、日が暮れる前から寝る頃まで付けっぱなしで使えそうです。

照射範囲と色調は?

広範囲を照らす3面ライト仕様

クレイモア LEDライト
1面だけでなく3面にLEDパネルが配置されているのも、光を効率的に拡散させるポイント。200°という広い照射範囲で、隅々まで明るく照らせます。

クレイモア LEDライト
また、3面パネルのうち正面・両端の2面それぞれで明るさを調整することも可能。シチュエーションに合わせてちょうどいい光量にでき、気が利いていますね。

クレイモア LEDライトクレイモア LEDライト
正面だけと3面すべてを点灯したパターンで比較。3面点灯だと、隅々までしっかりと明るさが行き届いていますね。夜のキャンプサイトではガイロープに引っかかってしまうことがよくあるので、照射範囲が広いとそういったシーンも回避できそうです。

色調は3色に切り替えられる

クレイモア LEDライトクレイモア LEDライトクレイモア LEDライト
色調は電球色・昼光色・昼白色と3パターンに切り替え可能。調理時など手元をしっかり確認したいときはクリアな昼白色、夜が更けて雰囲気を良くしたい時は電球色にするなど、1台でシチュエーションに合わせて調光できるのは便利ですね。

設置パターンは?

チェーンやロープに吊るす

クレイモア LEDライト
まずは付属のカラビナとストラップを使って、ハンギングチェーンやロープに吊るす方法。多くのLEDライトのメリットとされるのがこの引っ掛ける設置ですが、「3FACE+」は大きいぶん高い位置で横向きに吊り下げれば、広範囲に明るい状態を作れます。

ハンガーやスタンドに引っ掛ける

クレイモア LEDライト
パイルドライバーのような自立式のハンガーや、タープポールとランタンハンガーを使って吊り下げることもできます。

クレイモア LEDライト
両サイドの持ち手にフックをかけて、縦に設置することもできます。横掛けよりスマートに見えますね。

三脚も使える!

クレイモア LEDライトクレイモア LEDライト
また、側面と底面に一箇所ずつネジ穴があるので、市販の三脚を取り付けてスタンドにすることもできます。こうすると自由に明かりの位置を動かせて、機能的ですね。

クレイモア LEDライト
ネジ穴は一般的な三脚に使われている1/4インチ規格のネジに対応。ただし縦に取り付ける場合は雲台が大きいと引っ掛かって取り付けられないことがあるので、あらかじめ確認が必要です。

そして「3FACE+」には、スマホなどのデバイスを充電する給電機能もついています。どれくらいの容量なのでしょうか?

関連記事