争奪戦必至!シリアルナンバー入り「ミステリーランチ」の数量限定アイテムが登場

2020/06/01 更新

ミステリーランチ唯一のオンリーショップ「MYSTERY RANCH TOKYO」のオープン3周年を記念した、シリアルナンバー入りの数量限定モデル2型が6月1日より順次発売されます。販売方法や発売日について詳細をお伝えします。


オンリーショップの3周年を記念した激アツアイテムが発売


世界で初めて、ミステリーランチのオンリーショップとして2017年に誕生した「MYSTERY RANCH TOKYO」から、超スペシャルな限定アイテム2型がリリースされるとのニュースが舞い込んできました!

フルラインナップが揃う「MYSTERY RANCH TOKYO」


2017年に原宿のキャットストリート沿いにオープンしたミステリーランチのフラッグシップショップ「MYSTERY RANCH TOKYO」は、大型バッグから小物類までフルラインナップを取り揃える唯一の専門店。

オープンから3周年を記念し、モンタナ州のボーズマンにある本社工場で生産され、各アイテムシリアルナンバー入りというファン垂涎の限定アイテムの登場です。どちらも数量限定・発売日が異なるため、詳細をしっかりチェックしておきましょう!

前身ブランドのあの名作もついに登場!是が非でもゲットしたい2型

ウェストバッグの名作が帰ってきた!


ミステリーランチの前身ブランドである『デイナデザイン』が90年代にリリースしてヒットした名作「フルムーン」がミステリーランチネームで登場しました。

当時のモノは古着屋さんでも高額で取引され、30年ほど経った今でもなお、ファッション好きやアウトドアラバー達から熱烈な支持を受けています。


 

メインコンパートメントとフロントポケットのみという無駄を省いたシンプルデザインが、どんなシーンにもマッチする名作バッグです。かつてのポップなカラーリングとは対照的に、ミステリーランチらしいミリタリーライクな佇まいも取りれられモダンな仕上がりに!

容量も6.3リットルと貴重品を携行するには申し分なし。キャンプやフェスはもちろん、釣り、旅行や普段使いなどで大活躍間違いなしですよ。

探していた人は必見!人気の廃盤品「フラットバッグ」が復刻


2015年まで製造していたミステリーランチの人気作「フラットバッグ」が限定復刻。バッグを作る工程で出てしまう余り生地を活用できないか? という想いから誕生したモデルです。工場の新人研修では、最初にこの「フラットバッグ」を作っていたそうです。

 


ワンサイズのみの復刻でサイズはW255H×210mm。バッグインバッグやクラッチバッグとして使ったり、OD缶のバーナーヘッドを収納するなど、フィールドでも使える汎用性があります。

今回の限定モデル仕様として、素材をX-Pacや1000デニールのコーデュラナイロンにアップデートされたスペシャルなアイテムです。

購入方法は?


「フルムーン SP」は6月1日(月)12:00より各色限定30個、「フラットバッグ SP」は6月12日(金)より各色限定40個と、発売日も販売個数も違うので注意しましょう。

また、販売場所は「MYSTERY RANCH TOKYO」限定。店頭での販売の他、店舗への電話による代引き対応もあるとのことなので、気になる方は早めの行動が吉です!(ONLINEでの販売は一切ありません)

【MYSTERY RANCH TOKYO】
店舗住所:東京都渋谷区神宮前6-15-7
営業時間: 11:00~20:00(2020年6月1日現在、短縮営業中12:00~20:00)
電話番号: 03-4578-8827
定休日: 不定休
ショップについての詳細ページはこちら
限定アイテムの詳細ページはこちら

【購入にあたっての注意事項をしっかりご確認ください】
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止と近隣の皆様のため、開店前に店舗周辺にお並び頂くことはお控えくださいます様お願い致します。
※開店後、店内が込み合う状況になった場合は入場を制限させて頂く事がございます事を予めご了承ください。
※短縮営業を行っておりますので、営業時間をお間違いない様お気を付けください。(営業時間 12:00~20:00)
※同モデル・同色の複数購入はお控えください。
※シリアルナンバーをご指定いただく事はできません。
※ご予約やお取り置きのご要望にはお応えする事ができません。
※Full Moon SP と Flat Bag SP はそれぞれ発売日が異なりますのでお間違いない様お気を付けください。

 

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!