未来を感じるデザイン!新生ブランド「プロノドアズ」の焚き火台は細部に気の利いた実力派!

2020/06/09 更新

まるで未来からやってきたかのようなデザインの焚き火台が、5月下旬にリリースされました。手がけたのは湘南発の新生ブランド「プロノドアズ」。デザインが優れているだけでなく、細部にわたって気が利いていると評判なんです。


未来からやってきた?!新生焚き火台が面白い!


誕生したばかりの期待のブランド「pronodoors(プロノドアズ)」。こちらの焚き火台がブランドとして1発目の製品になるそうですが、どこか未来を感じさせる斬新なデザインと気の利いた機能が、はやくも注目を集めています!

大きな薪もラクラク投入OK


使用時のサイズは幅53×奥行き53×高さ30cm。火床のサイズは37×37cmと不足のない広さです。また薪のサイズを制限する構造ではないので、40cmを超える大きめの薪でもまったく問題なし。台形スタイルによる優れた安定性も見逃せません。


火床は空気をよく通すステンレスメッシュ。メッシュを採用した焚き火台は、薪の組みやすさに難がある場合が多いのですが、フレームの構造により薪を立体的にレイアウトできます。脚が末広がりになっているので、出番待ちの薪を火床の下で乾燥させやすいのも助かりますね。

煙突効果が生み出す優秀な燃焼効率


いくら大きな薪を使うことができ、立体的に組めたとしても、燃えないことには始まりません。そこで注目したいのが、付属する2枚のウィンドシールド。

これらは風防となるばかりでなく、煙突効果を生み出して優れた燃焼効率を実現します。同時に輻射熱も発生させるので、焚き火料理をするときに効率の良さを実感することでしょう。

上記画像では両サイドにシールドを設置していますが、風向きに合わせてL字型に設置することも可能です。

賢いロストルが付属!


V字型のロストルが付属します。この「V字型」というのが非常に賢い仕様で、端の方を利用すれば、底面積の小さなクッカーが使用可能に。目の細かいロストルを、別に購入しなくてもいいのは嬉しいところです。


底面積があるクッカーは、遠慮なく中央に。薪を横から追加することができるというのも、調理のときに助かるポイントです。

耐荷重はたっぷり15kg


耐荷重は15kgという頼もしさ。たとえばユニフレームの12インチのダッチオーブン(8.8kg)を使って、なみなみと大量のカレーをつくっても、何ら問題はありません。

別売りのロストルやトライポッドを用意することなく、大きなダッチオーブンまで使える焚き火台はちょっと珍しいですね。

たった3cmの厚さにコンパクト収納


収納サイズは38×38cm、厚さはたったの3cm。専用のケースが付属します。「38×38cm」というのはステンレスメッシュの大きさであり、分解されたフレームやウィンドシールドはもっと小さいので、数字以上のコンパクト性を実感できるでしょう。

重量は1.4kgと、その利便性からは想像できないほど軽量に仕上げられています。

この春は各ブランドからさまざまな焚き火台がデビューしましたが、当製品も間違いなく注目作のひとつ。逆ピラミッドを思わせる台形スタイルが斬新ですし、使い勝手も考え抜かれています。焚き火料理を重視するキャンパーに、特にオススメしたい焚き火台です。

プロノドアズの公式サイトはこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!