CAMP HACK[キャンプハック]


「#camphack家取材」で見つけた、“おうちキャンプスタイル”【収納・DIY編】 | 2ページ目

0


キャンパーたちのアウトドアな収納&DIYをチェック!

2×4材で迫力あるラックを作成

2×4材でラック作成画像
出典:instagram by @akunsio1234
DIY初心者でも比較的簡単に棚が作れる2×4(ツーバイフォー)の木材を使って、ラックをDIY。ランタンやハンマーなどの小物を上手にレイアウトされています。木材を塗装したり水道管をアレンジしてビンテージな雰囲気にするなど、オリジナリティを感じる仕上がりですね!

材料は通販でも入手できるので、たくさんある時間を有効活用してカッコいいラックを作成してみるのはいかがでしょう? 2×4材を使ったDIYのやり方はこちらの記事でも紹介していますよ。


ソーホースブラケットで雑貨屋風ディスプレイ

ソーホースブラケット使用画像
出典:instagram by @hayato.s158
本来は木材などをカットする作業台である「ソーホースブラケット」ですが、おしゃれインテリアとして取り入れている方も多いですね。

組み立てはこちらも2×4の木材とブラケットをネジで組み合わせて、両サイドに木材を渡して固定。その上に天板をのせれば完成です。比較的簡単なので、DIY入門としてチャレンジするのもオススメですよ。

出典:instagram by @hayato.s158
アクセサリーやキャンプ感ある小物を雑貨屋風に並べれば、眺めているだけでも気分が上がりそうですね。ソーホースブラケットの作り方は、こちらの記事をお手本にどうぞ!


包丁のグリップをカッコよくアレンジ!

包丁のグリップをアシモ化の画像
出典:instagram by @yuhei2018catalyst
人気ガレージブランド・アシモクラフトのasigrip(アシグリップ)で、マイ包丁をカッコよくアレンジ。このグリップは楢材を削ってつくられたハンドメイドアイテムで、ナイフの愛着を増にも最適です。見た目だけでなく凹凸のあるグリップは、握りやすさもアップ!
出典:instagram by @yuhei2018catalyst
元の包丁の柄に当て木をして木槌などで叩きながら取り外し、鋼をasigripに差し込みます。刃物のお手入れは保管する時には鋼素材なら三ヵ月に一度、ステンレスならおおよそ1年ごとにメンテナンスをするのが理想的。忙しいときは忘れがちなナイフや包丁のお手入れも、この機会にしておくと良いですね。


男前なギアを壁面収納

ギアを壁面収納の画像
出典:instagram by @sotograph_yuto
ギアの数々を壁面収納するアイディアですが、ホットサンドメーカーにバーナー・斧まで壁掛けにするとは斬新! カッコ良さ抜群ですが、ちょっと安全面が気になりますね……。そこはきちんと考慮し、地震対策として斧はカバーを装着。武井バーナーとランタンはチェーンで壁に固定されるそうです。

魅せる収納をするなら、色味の統一感にこだわってキャンプ道具を集めると良いですね!

ハスクバーナ 手斧 38cm

●サイズ:38cm
●質量:0.6kg
●材質:刃/スウェーデン鋼、柄/ヒッコリー製
●特記事項:専用皮ケース付き

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ mini

●サイズ:23×19.3×19.5cm
●重量:3.5kg
●公称電圧:3.6V
●定格容量:86,400mAh
●定格エネルギー:311Wh
●バッテリーセルタイプ:リチウムイオン


見た目も実用性もアップするパラコード網

パラコード網の画像
出典:instagram by @campmeshi_rx78
パラコードを使ってキャンプ小物をプチアップデートするアイディアも。オリジナリティが出て満足度が上がるのはもちろん、摩擦に強くクッション性があるパラコードは握りやすくなるという実用的なメリットもあります。

非常時にはこの編み込みをほどいてロープとして使ったり、緊急時の着火剤としても活躍するスグレモノ! ナイフへのパラコードの編み方をレクチャーしている記事もありますよ。

関連記事