魔法のフライパン!?「ゼログラム」の新作スクエア型フライパンがとにかく便利

2020/05/13 更新

UL(ウルトラライト)バックパッカー向けのアウトドアギアブランド「ゼログラム」。丸形フライパンには無い魅力が詰まった、スクエア型の「Ramen Pan UL」が、改良されてリニューアルしました!軽量かつコンパクトでありながら、煮る・炊く・炒めるなど、なんでもござれの万能フライパンです。ちょっとユニークなレシピも紹介しちゃいます!


食パンぴったりサイズ!ULスクエア型フライパン登場

出典:ZEROGRAM
今回ご紹介するのは、UL系ギアが大人気の『ZEROGRAM(ゼログラム)』の軽量なスクエア型フライパン「Ramen Pan UL 2」。

製品名の文字通り、袋ラーメンや食パンがすっぽり入るサイズ感で、これひとつで、煮る・炊く・炒めるなどの調理ができる万能フライパンです。その魅力をご紹介します。

見てると欲しくなる!「Ramen Pan UL 2」の魅力

スープが注ぎやすい取っ手の位置!

出典:zerogram
まず特徴的なのが、フライパンの角に付いた折りたたみ式の取っ手。コーナーに取っ手があるのって珍しいですよね!

この絶妙な位置のおかげでフライパンの角が使いやすくなり、特にスープを注ぐときなど液だれがしづらくなるんです。

深型なので調理の幅がさらに広がります!

出典:ZEROGRAM
深さ43mmの深型にすることで炒める・焼くだけではなく、炊く・煮る・揚げるが可能に。容量は850mlで、フライパン外側にあるロゴの位置は水位500mlの目安にもなっています。

焦げづらく、汚れも落ちやすい!Xylan®Plusコーティング

出典:ZEROGRAM
表面はテフロン加工で、なかでも特に剥がれづらいXylan®Plusコーティングを採用。焦げつかず、汚れも落ちやすいので、野外でのパパッとした調理に最適ですね。

発がん性や胎児の影響が懸念される「PFOA」フリーなので、身体にも環境にも優しい仕様です。本体は、強度のあるセラミック粒子が混合されていて、耐摩耗性にも優れている点も◎。しっかりアウトドアで活躍するタフさも兼ね備えています。

熱伝導率を上げ、滑り止めにもなる底辺の溝

出典:ZEROGRAM
そしてフライパンの底面には、スクエア型の溝が放射状に入っていることで、均一に熱伝導率をあげる工夫も。滑り止めの役割も果たしてくれるという細部にまでこだわりの詰まったアイテムです。

魔法のフライパン!『ゼログラム』のレシピ紹介が面白すぎる

出典:ZEROGRAM
さて、ここからスクエア型フライパン「Ramen Pan UL 2」で、どんな調理が可能か、イメージを膨らませてみましょう!

『ゼログラム』の公式サイトでは、さまざまなレシピが写真付きで紹介されていて、どれもユニークで美味しそう。こちらは、目玉焼きトースト。食パンがそのままフライパンで火にかけられるのは、野外ではとっても便利ですね。

レシピはこちら

出典:ZEROGRAM
続いてこちらは、韓国風ミルフィーユ鍋。牛肉、白菜、エゴマなどの材料をフライパンごと冷凍しておき、現地でそのまま火にかけられるレシピです。熱々のお手軽鍋は、キャンプでも最適ですね。

レシピはこちら

出典:ZEROGRAM
最後にこちらは、紅茶のパイナップルケーキ。豪快に2つの「Ramen Pan UL」を使って、別々に調理して、片方を蓋にもしてしまうという荒技です。

具材も小分けにしてフライパンに敷き詰め、持ち運んでしまう、なんとも無駄の無い使い方。スクエア型なので、サランラップやアルミホイルを被せやすいのもポイントです。

レシピはこちら

「Ramen Pan UL 2」の可能性は、軽さを追求した先にある


スクエア型ならではの魅力が詰まった「Ramen Pan UL 2」。軽量で収納もしやすく、調理の幅も広がる、まさに魔法のフライパン。考えてみれば、肉でも魚でも野菜でも麺類でも、四角いフライパンの方が、隙間無く調理できますよね。

「Ramen Pan UL 2」が持つ可能性、それは使う人それぞれのUL(ウルトラライト)な発想から生まれるのかもしれません。

Ramen Pan UL 2
●価格:¥3,300(税抜)
●素材:Aluminium Alloy 1.2mm( Xylan®Plus コーティング)
●サイズ:152×141mm/深さ43mm
●重量:155g
●容量:850ml
●構成:フライパン、メッシュケース、ミニレシピ
「Ramen Pan UL 2」の詳細ページはこちら
「ゼログラム」のレシピ一覧はこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
リョーワタナベ

ライター、カメラマン。神奈川県出身。アウトドア系雑誌編集部、環境コンサル会社、自然&音楽&カルチャー系雑誌編集部を経て、家族で九州へ移住。ローカルにグローバルに意識を持ち、自然と遊び、学び、思索する日々をおくる。『踊るカメラマン』として、各地のフェスやイベントに出没!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!