CAMP HACK[キャンプハック]


SOTOの分離型シングルバーナー「新型」と「定番」をくらべてみました

0


意外と違った「収納サイズ」

ST-301 フュージョン  比較
ST-301の収納サイズ約160×100×90mmに比べ、フュージョン(左)の収納サイズは約110×75×90mm。見た目同様、フュージョンのほうがひとまわり小さく収納できます。

重量もST-301が約690gなのに対し、フュージョンは約250gと半分以下の重さです。

SOTO「st-301」
ちなみに、ST-301には専用の収納ポーチが付属していますが、フュージョンには付属していません。

最新モデルでは、より簡単になった「組み立て手順」

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

ST-301の組み立て手順は決してシンプルとはいえず、少々手数が多くなってしまいます。

組み立て手順
1. 2本のゴトクを開き、先端のロックピンを溝にはめ込む。そしてリングストッパーを締めてゴトクを固定。
2. 蝶ネジを緩めて点火スイッチを倒す。90度倒したら、蝶ネジを締めて固定。
3. ガスボンベを安定させるためのスタビライザーをカチッというまで開く。
4. ガスボンベの切れ込みに金具を合わせてはめ込み、ボンベホルダーを止まるまでまわして固定。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

対する最新モデルのフュージョンは、組み立ての煩わしさが解消され、素早く組み立てることができます。

組み立て手順
1.  4本のゴトクを開く。カチッと音がしてきちんと止まればロック状態。
2. たたまれている器具栓ツマミを起こす。
3. ボンベの切り込みにガイドを合わせ、止まるまで約60度回転させれば組み立て完了。

形状が大きく異なる「バーナーヘッド」

SOTO「st-301」
ST-301の火力は3,200kcal/hとクラス最大級。バーナーヘッドは大きめで、外周に沿って炎口が備えられています。無数の小さな炎を出すことによって、風の影響を少なく抑えます。

またバーナーヘッドが大きいことで、大鍋の広い底面にも、まんべんなく炎を当てることができます。

SOTO FUSION
一方、フュージョンの火力は約2,200kcal/h。すり鉢状の小さめなバーナーヘッドを採用しています。炎口がすり鉢の内側に装備されているので風の影響を受けにくく、効率よく加熱することができます。

ボタンとツマミの位置が異なる「点火装置」

SOTO「st-301」
点火装置ひとつ取ってみても、この2モデルには大きな違いがあります。

ST-301の点火ボタンは、バーナーヘッドのすぐ横に配置。鍋を載せても点火しやすいように、少し離れた位置にボタンを装備しています。

SOTO「st-301」
電極はバーナーヘッドにある炎口のすぐ横に配置されています。ここで火花を散らすことによって、着火する仕組みです。

SOTO「st-301」
火力調節ツマミはガスボンベ側に配置。ツマミをひねることによって、ガスの流量を調節します。

SOTO FUSION
一方のフュージョンは、点火スイッチがガスボンベ側についています。炎や鍋を気にすることなく点火できます。

SOTO FUSION
電極はバーナーヘッドの中央に配置し、配線を内部に隠した「ステルスイグナイター」を採用。衝撃で破損したり、電極が曲がってしまうことが少なく、故障しにくいのが特徴です。

SOTO FUSION
火力調節ツマミは、ガスボンベ側に配置。点火ボタンのすぐ横にあるので、扱いやすくなっています。

大鍋を載せることができる「ゴトク」

ST-301 フュージョン  比較
どちらのゴトクも大型で、大きな鍋を載せることができますが、いくつかの違いがあります。

ST-301はゴトクの外径が約200mmで、3本ゴトクを採用しています。一方フュージョンはより安定感の高い4本ゴトクを採用。しかしゴトクの外径は約165mmと、ST-301よりも35mmほど小さめです。

「載せられる鍋」に差はあるのか?

まずは大きめの鍋が載せられるかどうか見てみましょう。使ったのは同ブランドの「ステンレスダッチオーブン10インチ」です。

SOTO「st-301」
ではST-301から見ていくことにしましょう。ST-301は、直径約25cmの鍋までなら載せることができるので、鍋底の直径が約20.5cmの「ステンレスダッチオーブン10インチ」は載せることが可能です。

ゴトクが3本でも、先端がくの字に曲がっているので安定して載せられます。

SOTO FUSION
フュージョンの場合は、説明書に「使える鍋は何cmまで」と明記されておらず、極端にはみ出る大きな鍋や大きな鉄板の使用が制限されているだけです。カタログには「ステンレスダッチオーブン10インチ」を使用した写真が載っているので、目安としてはST-301同様、25cmくらいまでの鍋となりそうです。

また、ゴトクが4本になっているだけでなく、本体の脚も4本になっているので、安定感も十分。

シェラカップも載る?

大きな鍋が載せられることはわかったので、今度は小さなものが使えるかどうか、シェラカップの載せてみることにしましょう。

関連記事