【ユニフレーム】ファミキャンにイチオシの最新ギア5選

老若男女のキャンパーから愛されるアウトドアブランド「ユニフレーム」。そのユニフレームから待望の2020年新作が発売!早速調査したところ、ファミリーキャンプを中心に使い勝手の良さそうなギアを発見しました。今回は5つに絞って紹介します!


    写真提供:ユニフレーム

    本格的キャンプシーズンに向けて買いそびれはないですか?


    今回は、ユニフレームから発売した最新ギアをご紹介。

    キャンプギアも大物から小物まで準備万端整えて、あとはキャンプに出かけるだけ! なんて思っていても、いざキャンプを始めると「アレを忘れた!」「コレがあったら便利だったのに……」なんてことはけっこうあります。

    そこで今回は、ビギナーからベテランまで、幅広い層に人気のアウトドアブランド「ユニフレーム」から、おすすめの最新ギアをピックアップしてみました。とくにファミリーキャンプやグループキャンプにあると便利なギアばかりです!


    キャンプが楽しくなるイチオシのギア5選

    キャンプの楽しみといえば、やっぱりアウトドア料理。青空の下で賑やかに食べることはもちろん、みんなで盛り上げりながら一緒に作れるのも、アウトドア料理の醍醐味です。

    そんなアウトドア料理をより楽しく演出してくれるのが、これから紹介する5つのギア。かゆいところに手が届くものばかりなので、一度使ったらきっと手放せなくなりますよ!

    イチオシギアその①カラシェラ300&900

    一見、塗装を施した金属製のシェラカップのようですが、この「カラシェラ」は、PBT(ポリブチレンテレフタレート)という樹脂製。耐熱性、耐衝撃性、表面硬度に優れた素材で、一般には業務用漆器の下地などに使われています。

    耐熱温度は約150℃、耐冷温度は約-20℃と、アウトドアでも安心して使えるスペックです。


    サイズは、約φ120×175×42mm(高さ)、約300mlの「300」と、約Φ185×260×50(高さ)mm、約900mlの「900」の2種類。「300」は取り皿やカップとして、「900」はスープ皿や丼代わりとして使いやすい大きさです。また金属製のものと比べ軽いので、持ちやすいのも特徴です。

    次に紹介するカトラリーとカラーをそろえれば、大人数でも誰がどの食器を使ったのかが一目瞭然。自分用に印をつけたり、置き場所に気を遣ったりしなくてもOKです。ポップなカラーはお子さんのマイ食器として大人気。

    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    {"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}



    カラーは、グレー、カーキグリーン、ベージュ、グリーン、オレンジ、イエローの6色。シェラカップなのでスタッキングもできてかさばりません。もちろん金属製のシェラカップとのスタッキングも可能です。

    カラシェラ300の詳細・購入ページはこちら

    カラシェラ900の詳細・購入ページはこちら

    イチオシギアその②カラ箸&カラカト

    「カラシェラ」と同じカラーをそろえたカトラリーもラインアップされています。そのひとつが「カラ箸」。ガラス繊維で強化したPBT樹脂を採用し、耐熱性などを強化しています。

    その耐熱温度は約160℃、耐冷温度は約-20℃となっています。

    箸の頭にはフックが備えられていて、付属のリングでまとめておくことができます。これなら片方だけなくしてしまう心配もありません

    また箸は六角形なので、テーブルに置いたときに転がらないので、落としてしまうことも少なく安心です。

    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    slider image
    {"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

    もうひとつのカトラリーは、スプーンとフォークがセットになった「カラカト」。こちらも「カラシェラ」同様に6色のカラーバリエーションで、素材にはPBT樹脂を採用しています。

    カラ箸の詳細・購入ページはこちら

    このカトラリーの最大の特徴は、折りたためるということ。かさばりがちなカトラリーは、登山やソロキャンプだけでなく、数が多くなるファミリーキャンプなどでも重宝します。

    同じカラーの「カラシェラ」と一緒に使えば、テーブルが華やかになるし統一感も出るので、料理が一層楽しくなりますね。

    カラカトの詳細・購入ページはこちら

    イチオシギアその③キャンプ羽釜 5合炊き

    好評を博した「キャンプ羽釜 3合炊き」に続き、今年は大所帯でもまかなえる5合炊きが登場。厚みのあるアルミ鋳物製で、熱がムラなく伝わります。

    さらに内側はすり鉢状になっているので対流が起きやすく、短時間でふっくらとおいしいご飯を炊くことができます。底面はフラットになっていて、ガスコンロでも使用でき、ご家庭でも本格羽釜炊きご飯が食べられます。

    内側には水量を確認できる目盛線がついているので、水の量を間違える心配がありません。ツーバーナーの強い火力で炊くご飯は、家庭の電気炊飯器とは比べものにならないくらいおいしいものです。

    こんなご飯が味わえるのも、アウトドアならではですね。

    キャンプ羽釜 5合炊きの詳細・購入ページはこちら

    イチオシギアその④FDブレッドナイフ

    パン党のキャンパーにはとってもうれしいナイフが登場! その名も「FDブレッドナイフ」(5月発売予定)。全長約42cm、刃渡約19cmというパンを切りやすい大きめのサイズながら、折りたたんでコンパクトに収納できるという画期的なブレッドナイフです。

    先端の1/3は大きな波刃となっているので、硬いバゲットでもカットが簡単! そして残り2/3は細かい波刃で、柔らかい食パンもきれいに切ることができます。

    外はカリッ、中がフワッとしたバゲットに具材をたっぷり挟んだサンドイッチでも、ストレスなくカットできちゃうんです。

    FDブレッドナイフの詳細はこちら


    イチオシギアその⑤フィールドラック ステンレス天板Ⅱ

    そして最後はこちら。重ねることで便利なラックとして、またクーラースタンドとして使える「フィールドラック」をローテーブルに変えてしまう「フィールドラック ステンレス天板Ⅱ」です。

    従来モデルにハンドルがついて、シェラカップやキッチンツールなどを吊るしておくことができるようになりました。

    素材はステンレスなので、水濡れや汚れも簡単に拭き取れるし、熱い鍋を直接置いても問題なし。ローテーブルとして使う場合なら、淹れたてのコーヒーが入ったポットも鍋敷きなしで置けるのでとっても便利です。

    フィールドラックの詳細・購入ページはこちら

    ステンレス天板Ⅱの詳細はこちら

    「コレ、コレ!」と思ったら、さっそくゲット!

    便利すぎるユニフレームの最新ギアの数々を紹介してきましたが“かゆいところに手が届く”という意味が、きっとわかってもらえたと思います。

    これを読んで「あぁ~っ、こんなのがほしかった!!」と思ったら、本格的なキャンプシーズンに突入する前にゲットしておきましょう。そうすれば今年のキャンプは、今まで以上に楽しくなるはず!

    ユニフレーム最新ギア一覧はこちら

    Sponsored by 株式会社新越ワークス

    CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!