ロゴ変更で一新!「ホールアース」から高コスパな新作2ルームテントが登場

2020/05/21 更新

この春、ブランドロゴを刷新し新たなスタートを切ったホールアース。“すべての場所をフィールドに”という新たなコンセプトも掲げられ、アウトドアだけでなく日常の生活も充実させるアイテムが新たにラインナップしました。そんなリニューアルされたホールアースから、期待の新作テント2つをピックアップしてお届けします。


1991年に誕生した「ホールアース」が生まれ変わった!

1991年に誕生したアウトドアブランド「WHOLE EARTH(ホールアース)」が、この春ブランドの顔であるロゴを一新!

“すべての場所をフィールドに”という思いが込められた新しいコンセプト「All Playing Field」を掲げ、アウトドアから日々のライフスタイルまで豊かにするアイテムを展開。新たなステップを踏み出しています。

そんなホールアースが満を持して発表した、新作テントの中からピックアップしてご紹介!

“丁度いい”が詰まった2ルームテント「EARTH HALF KUCHEN」

まずご紹介するこちらは、カップルや親子3人でのキャンプに丁度いいサイズのトンネル型2ルームテント。標準で付属するインナーテントのサイズは約235×235×165cm。2ルームテントにしては大きすぎず、小さすぎずと言った絶妙なサイズ感が魅力的!

それに対し、テント全体のサイズは約2.5×5mもあるので、広々としたリビングスペースを確保しています。
フロント、サイドのパネルには大きなメッシュパネルが付いているので風通しも良く、夏の暑い日も快適に。またフライシートは、風や冷気の侵入を軽減してくれるスカート完備のため、オールシーズン(厳冬期をのぞく)活躍してくれます。
付属のポールを使ってフロントパネルを立ち上げれば、リビングスペースを拡張させることも可能! さらに別売のポールを使えば、サイドパネルを張ね上げられるのも嬉しいポイント。

タープを持っていなくてもコレひとつで快適なキャンプサイトが作れる、初心者さんにもおすすめなモデルです。

ITEM
ホールアース EARTH HALF KUCHEN
●サイズ: 255×500×190cm(フライシート)、235×235×165cm(インナーテント)
●収納サイズ:82×25×25cm
●重量:約12.95kg

 クロスドームに拡張性のある前室をプラスした「EARTH DOME 270 Ⅳ」


こちらは人気の定番ドーム型テント「EARTH DOME 270」の最新版。自立型のドームテントで、ポール、スリーブ、ジョイントパーツの各部分には同じ色の目印があるので、直感的に設営していくことができます。

フレームには軽量でしなやかなジェラルミン素材を採用。またフライシート表面は、焚き火の火の粉が当たっても燃え広がりにくい難燃加工が施され、設営の簡単さとハイスペックな機能を兼ね備えたモデルです。


インナーテントのサイズは270×270×160cm。これは、ほぼ四畳半の部屋とおなじサイズという広々空間です。

最大5人まで就寝可能なので、大人数のファミリーキャンプにも最適なサイズです。価格も44,000円(税抜)とお手頃なので、エントリーモデルとして人気が出そうですね。

ITEM
ホールアース EARTH DOME 270 Ⅳ
●サイズ: 290×480×170cm(フライシート)、270×270×160cm(インナーテント)
●収納サイズ:25×25×60cm
●重量:約8.8kg

ホールアースのアイテムはまだまだ他にも!


いかがでしたでしょうか。ホールアースではこのほかにも、テント、タープなどの幕体やテーブル、チェアなどのファニチャー、クッキングツールなど幅広いラインナップを高コスパで展開中。気になる方はチェックしてみてください!

ホールアースの公式サイトはこちら

紹介されたアイテム

ホールアース EARTH HALF KU…
サイトを見る
ホールアース EARTH DOME 27…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
加茂 光

ライター。フリーペーパー『88』『Lj』編集スタッフを経てフリーに。「アウトドア」「旅」「オーガニック」をテーマに、人と自然が関わる風景を伝えるべく活動中。座右の銘は「ルール破ってもマナーは守るぜ」。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!