これ、使える!普段使いにも最適な「ペンドルトン」の新作ネイティブ柄バッグがいい感じ

2020/05/18 更新

創業100年以上の歴史を持つ、ウールブランケットブランドのペンドルトン。ネイティブ・アメリカンの伝統的な柄を落とし込んだファッションアイテムやアクセサリーは、森の中でも街の中でも、ビビッドかつナチュラルに映えるのが魅力。2020年春夏コレクションも、さわやかな海辺のイメージを纏ったグッズから、キャンプシーンで使いやすいアクセサリーまで、おすすめなアイテムが揃っています。


一点投入でコーデが楽しくなる!ペンドルトンの新作バッグ


キャンパーにとっては、タオルブランケットでお馴染みのペンドルトン。実はファッションアイテムも多く展開されていることをご存知ですか?

今回は、そんなペンドルトンの今季新作バッグをご紹介。アウトドア&普段使いとして、ヘビロテしたいバッグが勢揃い。

ペンドルトンならではのテキスタイルデザインは、コーデのアクセントとしても気軽に取り入れやすいものばかりですよ。早速チェックしていきましょう!

キャンプシーンに映える、色彩豊かなネイティブ柄のサコッシュ&トートバッグ

CHAIR POCKET SACOCHE


最初に紹介するのは、定番ネイティブ柄をプリントで表現したサコッシュ。小物を入れるメッシュポケットとカラビナが付属しているので、落とさないようパスケースを固定するのにも最適。

ただこのサコッシュ、それだけではないんです!


なんと、あの「カーミットチェア」のサイドに、チェアポケットとして設置することが可能なんです。最初から取り付けを想定して作られているため、サコッシュが邪魔にならないジャストなサイズ感に仕上げられています。

ここにペットボトルや本を収納して、優雅なひとときを過ごすのも良いですね。サコッシュは3色展開なので、複数のチェアで使い分けるのもおすすめです。

もちろんショルダーベルトの長さを調整すれば、車の座席やアルミテーブルなど、いろいろなところに設置できそうですね!

ITEM
ペンドルトン CHAIR POCKET SACOCHE
●カラー:OFF、KHAKI、BLACK
●サイズ:W30cm×H24cm

DRAW TOTE


続いて、同じくネイティブ柄採用の巾着バッグもラインナップ! ドローコードで、口が大きく開くため、中身が確認しやすく、取り出しやすさも抜群です。

サイズはW22cm×H15cm×D6cmと、必要最低限の貴重品を入れて気軽にお出かけしたいときにおすすめ!

ITEM
ペンドルトン DRAW TOTE
●カラー:OFF、KHAKI、BLACK
●サイズ:W22cm×H15cm×D6cm

波打ち際でも街角でも使いやすい!サーフペンドルトンシリーズ

MESH SHOPPER


次は、ハーディング柄をプリントした生地とメッシュ素材を組み合わせた、トレンド感のあるサーフペンドルトンシリーズのトートバッグ。

大事なものはインナーに。メッシュポケットには、あえて見えるように収納したいスマホやハンカチを入れておけば、使い勝手も◎。

【MESH SHOPPER】
●価格:¥3,500(税抜)
●カラー:WHITE、NAVY、GREY
●サイズ:W25cm×H31cm

2WAY POUCH


使用済みペットボトルのリサイクルから作られた生地を採用した、2WAYポーチも登場。内側はファスナー付のポケットで区分けされていて、鍵やペンなど小物アイテムの収納にも便利。

長さ調整ができるストラップは、取り外し可能なので、バッグ in バッグとしても使いやすそうですね。色違いのサックスブルーや、ネイビーもビビッドな印象でおすすめです。

【2WAY POUCH】
●価格:¥5,500(税抜)
●カラー:SAX、NAVY、BLACK
●サイズ:W22cm×H15cm×D6cm

色彩豊かなファッションアイテムは、ひとつ、身につけるだけで、印象がガラリと変わりますよね。普段使いにも楽しく、小物管理もバッチリなペンドルトンの新作ラインナップ。

これからの季節、キャンプシーンや普段のコーディネートのアクセントとして、チェックしておいてください!

【お問い合わせ】
株式会社スタンレーインターナショナル 03-3760-6088

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

紹介されたアイテム

ペンドルトン CHAIR POCKET…
サイトを見る
ペンドルトン DRAW TOTE
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
リョーワタナベ

ライター、カメラマン。神奈川県出身。アウトドア系雑誌編集部、環境コンサル会社、自然&音楽&カルチャー系雑誌編集部を経て、家族で九州へ移住。ローカルにグローバルに意識を持ち、自然と遊び、学び、思索する日々をおくる。『踊るカメラマン』として、各地のフェスやイベントに出没!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!