森暮らしの万能アイテム、アナルコカップス【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#9】

2020/04/24 更新

長野・駒ヶ根に活動のベースとなる基地「K-BASE」を所有し、アウトドアライフを満喫する写風人さん。3章目となる連載の第9回は、森暮らしで重宝する山食器「アナルコカップス」をご紹介。マウンテンリサーチが展開するアナルコカップスは、現在では廃盤となってしまった「ロッキーカップ」の現代版。ひとつひとつが職人技のヘラ絞りで手作りされているこだわりの逸品で、写風人さんも大のお気に入りなんだとか。今回は、そんなアナルコカップスシリーズを紹介してもらいました。


森暮らしで重宝する、山食器

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
森暮らしでは、日常使いのアウトドアギアがあります。それは直火にも掛けられ鍋にも食器にもなる代物。それは山食器!

私が愛用している山食器は、マウンテンリサーチのアナルコカップス、シエラクラブのシェラカップ、ファイヤーサイドのコッパーシェラカップです。

今回はその中でも特に思い入れが強いアナルコカップスに焦点を絞ってご紹介します。

アナルコカップに惹かれたきっかけとは……?

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
私がアナルコカップを使い始めたのは2012年頃。ロッキーカップを買いそびれたこともあって、現代版に蘇らせたアナルコカップに惹かれたのがきっかけでした。

オリジナルのロッキーカップがプレス製法に対し、アナルコカップはオリジナルより分厚いステンレス。ひとつひとつが職人技のヘラ絞りで手作りされているんです。

稀少なロッキーカップを高値で落札するより、アナルコカップの方が実用性が高いのではと思い、購入しました。
写風人 駒ヶ根アウトドアライフ アナルコカップに刻印されている文字は「ANARCHO MOUNTAINEERS」。

“無政府主義的山岳家のためのカップ”という意味があるようですが、社会にとらわれず自分らしく気ままに山で暮らす自分にとっては馴染みやすいネーミングでもあります。
写風人 駒ヶ根アウトドアライフ 森暮らしの野外炊事には、もっとも頻度の高い食器です。無垢のステンレスは無骨でヘビーデューティな力強さも感じられ、とても私好みの逸品。

シリーズ中、最もスタンダードなカップがAnarcho Cup(アナルコカップ) ですが、それ以外のラインナップもご紹介します。

種類も用途も豊富なラインナップ


セットで揃えたい「マグ」と「キャップ」

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
Anarcho Mug(アナルコマグ)とAnarcho Cap(アナルコキャップ)、マグの容量は約850ml。汁物にはとても重宝します。

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
キャップはカップとマグ専用のフタ。灰や虫が中に入るのを防いでくれるし、小皿やフライパン代わりにもなります。

ソロキャンにちょうどいい「ソロ」

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ Solo (ソロ)は一人用の小鍋。写真はバブアーのワックスを溶かしていますが、もちろん調理にも缶詰を温めるのに丁度よいサイズで両持ち手になっています。

調理にも食器皿としても使える「ボウル」

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ Anarcho Bowl (アナルコボウル)は小鍋型の食器。口径18cm、底面15cm、深さ6cmの広い面と程よい深さは、調理にも食器皿としても重宝します。

両サイドのハンドルは隣の人に手渡しするときに便利。

お肉も焼きやすいフライパン型「プレート」

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ Anarcho Plate(アナルコプレート)は、ボウルよりも面が広く少し浅めの両持ち手食器。口径20cm、底面16.5cm、深さ4cmの皿型プレートで、私はフライパンとしてよく使っています。

月面着陸の記念モデル「ハーフムーン」

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
昨年購入したHalf Moon(ハーフムーン)。月面着陸50周年へのトリビュートメッセージを刻印した1/2pt(250ml)の記念版。

ロッキーカップのハーフパイントのオリジナルモデルを忠実に再現されています。アナルコシリーズもここまでと思っていましたが、つい先日、誘惑に負けて新作を購入してしまいました。

誘惑に負けて購入した「ミニマグ」と「ディッププレート」

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ アナルコマグのミニチュア的フォルムのMini Mug(ミニマグ)。容量80mlのショットグラスサイズです。

残念ながらお酒は飲めませんが、食前酒くらいならたしめるかと。もちろんこのミニサイズもヘラ絞りで手作りされています。
写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
Dip Plate(ディッププレート)も同時購入。しょうゆ皿にも取り皿にもなり、食卓には何かと便利なアイテムです。
写風人 駒ヶ根アウトドアライフ しかもカップ&マグ用とソロ用のプレートとしてスタッキングが可能。カップ&マグ用には、さらにアナルコキャップをのせることができるよう親切設計されています。

またアナルコシリーズには、チタン製や籐巻きハンドル、木製リッドなどがあり選択肢がたくさんあってありがたいですね。

アナルコカップスについて詳しくはこちら

写風人の過去の連載はこちら


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

写風人 駒ヶ根アウトドアライフ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
写風人

1955年生まれ。岐阜県在住のプロカメラマン。薪ストーブを中心とした火のある生活を愉しみつつ、ダッチオーヴン料理や薪ストーブクッキングなどの講座も行う。かねてより念願であった森暮らしを実現。薪ストーブと焚き火三昧の日々を愉しんでいる。Instagramは@syahoo_jin

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!