漬け込んで焼くだけ!なのに絶品肉料理【ワンバーナーで早うま〜!カノウヒナタ・クッキング#23】

2020/04/28 更新

キャンプでも登山でも、ワンバーナーで美味しい料理が簡単にできたら素敵だと思いませんか?料理家のグループ「KIPPIS」に所属するカノウヒナタさんが、CAMP HACK読者のために腕を振るいます!第23回は、新型コロナウイルスでの外出自粛が広まる中、お家でも簡単にできるジップロックで漬け込むジューシー手羽先料理を教えていただきました。


作り置きにもおすすめ!ジップロックを使った簡単調理法

こんにちは、料理家のカノウヒナタです。こちらの連載では、気軽に持ち運べて、料理をするのに欠かせない熱源「ワンバーナー」を使ったキャンプ料理を紹介していきたいと思います。

おうち時間の楽しみ方は無限大!

カノウヒナタ ワンバーナー
中々外で遊べない昨今、ストレスが溜まりがちな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

天気の良い日は、ベランダやお庭でご飯やおやつを食べたり、家の中でもアウトドア道具で料理をしてみたり。楽しみ方は無限大! 気分転換して家での時間を楽しみましょう。

さて、今回はジップロックの中で味付けして、焼くだけ! の絶品お肉レシピのご紹介です。作り置きもできる一品ですので、ぜひお試しください。

手羽先のレモンマリネ焼き

カノウヒナタ ワンバーナー〈材料〉
・鶏の手羽先 7本
・塩  小さじ1/2
・黒胡椒 適量
・オリーブオイル 大さじ2
・レモン 1個
・パセリ 適量
レモンは皮ごと使うので、国産や無農薬のものを選ぶと安心。

カノウヒナタ ワンバーナー
小包装されたオリーブオイル、こちらはコストコで購入しました。14mlずつの小包装なのでおよそ大さじ1(15ml)として使いやすくおすすめ。

カノウヒナタ ワンバーナー
調味料入れは画期的なものが色々とありますが、私は余ったタピオカストローで容器を作っています。塩、砂糖、胡椒以外にも、スパイスや粉末出汁など8本ほど常備。

ローコストで自分好みの大きさにできるのも気に入っている点です。最近ストローの1/5ほどをカットしてフタにする方法を教えてもらい、より便利になりました。

タピオカストローの先端は火であぶって閉じています。では、早速料理を作っていきましょう!


ナイフを使うのは、レモンを切るときだけ

カノウヒナタ ワンバーナー
まず、レモンは輪切りにします。

カノウヒナタ ワンバーナー
鶏の手羽先をジップロックに入れ、塩こしょうを加えてよく揉みこみます。このとき、手羽先の骨で袋に穴があかないように優しく揉みこみましょう。

カノウヒナタ ワンバーナーカノウヒナタ ワンバーナー
オリーブオイル、レモンを加えてさらに揉みこみ、30分〜1時間ほど置いておきます。ここまで処理して、冷凍保存してもOK。1か月ほどもちます。

カノウヒナタ ワンバーナー
中火でフライパンを温めたら、油は引かずに手羽先の皮面から焼きます。なるべくいじらずにパリッと香ばしくなるまで焼いてください。

今回テフロン加工のフライパンを使っていますが、よりおいしく作るには鉄のフライパンがおすすめ。その場合、薄く油を引いてから焼くようにしてくださいね。

残ったオイルで香りづけ

カノウヒナタ ワンバーナー
皮面が焼けてひっくり返したら、ジップロックに残ったレモンオイルを少量加え、フタをしておよそ2〜3分蒸し焼きにします。火が通ったらもう一度皮面をパリッと焼いてください。

完成!

カノウヒナタ ワンバーナー
お好みでパセリを散らしてかぶりつきましょう! とってもジューシーでさっぱりと食べられます。

自宅でより豪華にするなら、パプリカやブロッコリーなどの野菜を一緒にマリネ焼きするのもオススメですよ。

▼カノウヒナタさんの過去連載はこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

カノウヒナタ ワンバーナー
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
カノウ ヒナタ

山を愛する料理家。現在は富山県黒部市に住み、北アルプスを眺めながら暮らしている。低山から縦走まで、様々な山歩きが好きで、時間を見つけて山へ出かけている。 「自然のなかで楽しむ食事」をテーマに活動しているKIPPISのメンバー。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!