街も外遊びもこれ一足でOK! ティンバーランド「ギャリソントレイル」は汎用性抜群

2020/05/18 更新

ルックスも機能性も最強のハイブリッドシューズが「Timberland(ティンバーランド)」からリリースされました。しかも名作モデル、フィールドブーツのDNAを継承する実力派。80年代後半に巻き起こったイエローブーツの大ブレイクを彷彿とさせる、話題性に富んだコレクションです。


ルックスも機能性も最強のハイブリッドシューズが登場


アメリカの東海岸で1952年に設立されたアウトドアスタイルブランド「Timberland(ティンバーランド)」。80年代後半には、イエローブーツが爆発的にヒットするなど、様々な名作プロダクトを生み出しています。

近年はサスティナブルな活動にも力を入れていますが、今季はそんなブランドの進化を体現する新コレクション「ギャリソントレイル」シリーズを発表。ルックスも機能性も最強のハイブリッドシューズがリリースされました。

名作“フィールドブーツ”のDNAを継承する実力派

出展:Timberland
「ギャリソントレイル」が話題になる、もうひとつの理由が、イエローブーツ、モカシンシューズに続く、第3のアイコンモデル、フィールドブーツのDNAを継承する実力派ということ。

フィールドブーツは1973年の誕生以来、ワークブーツとハイキングシューズの機能性を融合した、元祖“スニーカーブーツ”として知られる名作。アウトドアシーンではお馴染みの一足です。

そんな伝統的なモデルのスタイルを受け継ぐ「ギャリソントレイル」コレクションから、要注目の2足をピックアップしてみました。

街でもフィールドでも映える次世代スニーカーブーツ

GARRISON TRAIL WATERPROOF MID HIKER


無骨になりがちなミドルカットのシューズを、アーバンなカラーリングとシルエットでスタイリッシュに仕上げた一足は、まさに次世代のスニーカーブーツと言えるルックス。完全防水仕様なので雨の日も安心して履けます。

インナーには独自開発したリサイクル素材「リボトル」を採用し環境にも配慮。天然樹脂を天然ゴムとブレンドした「ティンバーグリップ™」のソールは、路面状況に左右されない高いグリップ力を発揮してくれます。

ITEM
ティンバーランド ギャリソン トレイル ウォータープルーフ ミッド ハイキング シューズ

絶妙なアクセントカラーで魅せるエントリーモデル

GARRISON TRAIL LOW HIKER


こちらはトレンド感もある絶妙な配色が魅力のエントリーモデル。 アッパー部分はエココンシャスなリボトル素材のメッシュと合皮のコンビネーションで仕上げられ、フィット感に優れた独自のシューレースホールもポイントです。

そしてフィールドで最も濡れやすいツマ先部分だけ防水仕様にすることで、軽量性も高めています。さらに衝撃吸収性と防臭性に優れた「オーソライト®」のインソールを搭載することで、長時間の歩行も快適。日常の一足としても重宝してくれます。

ITEM
ティンバーランド ギャリソン トレイル ウォータープルーフ ロー ハイキング シューズ



今回のコレクションには、他にもギャリソントレイル ウォータープルーフ ミッド ハイカーと同性能のローカットモデル「ギャリソントレイル ウォータープルーフ ロー ハイカー」や、ゴアテックスを搭載した「ギャリソントレイル ゴアテックス® ロー ハイカー」を含めた4モデルがライナップされています。気になる方は、公式サイトをぜひチェックしてください。

ティンバーランドの公式サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

紹介されたアイテム

ティンバーランド ギャリソン トレイル…
サイトを見る
ティンバーランド ギャリソン トレイル…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
桑原 将嗣

サブカル全般が守備範囲の、文化系外遊びライター&編集者。アメリカンカルチャーやアウトドアを軸にしたファッション誌やWEB媒体で活躍。キャンプと焚き火と山とお酒と漫画が好き。今年はULハイクにも挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!