トリパスプロダクツがまたやってくれた!秀逸デザインながら実用性も考え抜かれた「MOKUME TABLE」誕生!

2020/03/19 更新

超個性的で美しい焚き火台「グルグルファイヤー」や、異常に堅牢な焚き火テーブル「HOGO」など、比類なきアイアンアイテムを生み出してきたトリパスプロダクツから、またもや独創的な新製品が登場!天板にまさかの木目をあしらってお洒落に仕上げつつ、実用性を追求した逸品です。


アイキャッチ・画像提供:トリパスプロダクツ

美しすぎる「MOKUME TABLE」がデビュー


トリパスプロダクツが新たにリリースするのは、こちらの「MOKUME TABLE(モクメ テーブル)」。耐荷重80kgという頑丈なアイアンアイテムながら、じつに優美なデザインですね。

そしてビジュアルが優れているだけでなく、機能もまた考え抜かれた逸品なんです。

名前の由来はレーザー加工による木目


まずは、特徴的な天板のデザインに注目。天板の半分には、レーザー加工により美しい木目が! なるほど、だから「MOKUME TABLE」というわけですね。素材は黒皮鉄板で、高級感のある光沢が楽しめます。


もう半分の天板は、亜鉛メッキ鋼板。北海道で防風柵や防雪柵に使用される、錆びにくい特性があるので、飲食に使うテーブルにぴったりでしょう。

木目天板はまさかの可動式!


素材違いの天板を採用しているというのも珍しいのですが、さらに木目柄の天板はスライドできるという仕掛けも!

スライドさせてバーナーを設置できる


天板は2階建て構造のため、1階の天板にシングルバーナーを設置できます。ご覧の通りバーナヘッドと2階の天板がほぼ同じ高さになるので、座った状態でも調理のしやすい環境に。

スライドさせた状態の木目天板でも、耐荷重は12kgを維持。10インチのダッチオーブンも問題なく置けます。

サイドハングさせてバーナーの風防に

木目天板の可動システムは、スライドだけではありません。写真のようにサイドに吊るすことで、バーナーの風防の役割も担ってくれます。


風向きにもよりますが、これなら風の強い日も安心。ちなみに下段の天板は耐荷重5kg。シングルバーナーだけでなく、出番待ちの食器をガンガン乗せてOKです!

2階建て構造の天板は実用性◎


単なる2階建て構造で終わらないのが当製品。写真の1階天板に何やら違和感を感じませんか? どうも中2階が存在するような……。


そう、1階の天板は高さを2段階に調節できるんです。1階全体を高く、全体を低く、そして半分ずつ高さに差をつけることも。

この調節機能により何が可能になるかというと、2種類あるOD缶のサイズ、その両方に対応できてしまいます。これは助かる仕様ですね。

厚さ3.5cmにスタック収納できる!


脚も含めて組み立て式なので、バラバラにすれば当然スタックできます。


すべてのパーツを重ねても、厚さはたったの3.5cm。こんなにスタイルのいいテーブルなのに、車載を圧迫しないのは嬉しいですね。

2020年を代表するテーブルに!?

美しすぎるビジュアルと堅牢なつくり、そして実用性の高い機能の数々……。年が明けてまだ3ヶ月も経っていませんが、早くも2020年を代表するテーブルが発表されてしまったようです。

価格設定も、品質を考えると非常にリーズナブル。アイアンアイテムの愛用者はもちろん、鉄製品に興味のあるビギナーにもおすすめです。

【MOKUME TABLE】
発売予定日:4月17日
価格:23,800円(税抜)
耐荷重:80kg(スライド時は12kg)
組立サイズ:Φ550×H380mm(脚部間640mm)
収納サイズ:W550×D285×H35mm
素材:黒皮鉄板、亜鉛メッキ鋼板
本体重量:6.3kg

トリパスプロダクツ公式ページはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!