値段を気にせず2個買いできる!?「ワットノット」の収納バッグがコスパ良すぎな件

2020/03/27 更新

ワットノットというDIY・アウトドアを取り扱うショップが取り扱うオリジナル製品「ワンタッチバケット」のコスパが高いと話題沸騰中!2,000円以下という手頃な値段。キャンパーどストライクの見た目。品切するほど人気の理由は?その魅力を紹介します。


アイキャッチ画像出典:WHATNOT公式facebook

収納コンテナの革命児!

ワットノット キャンプの道具選び、安くて良いものを見つけることが楽しみの1つだったりしませんか? 「これは!」という掘り出し物を手にしたら、キャンプ出発前のワクワク感は断然アップ!

実際に使ってみて、期待していた以上の使用感が得られれば、アイテム選びは大成功。キャンパー冥利に尽きる、大満足キャンプになること間違いなしですね。

ワットノット 
Instagram by @whatnothardwearstore
今回は、なんと2,000円以下で購入できるコンテナバッグを発見! 商品名は「ワンタッチバケット」で、ブランド名は……「ワットノット」? あまり聞かない名前ですが、兵庫県のDIY・アウトドアショップのオリジナル商品ということ。

じつはこの商品、知名度は低いものの、一時品切れも多い、知る人ぞ知るいま大注目の売れ筋アイテム。いったい何がキャンパーの購買欲をそそるのか……何やら掘り出し物のにおいがぷんぷんしてきましたね。

これで2,000円以下!?クオリティ

ワットノット  ワンタッチバケット
出典:Instagram by @kimuco_kitchen
それでは、ワットノット「ワンタッチバケット」の詳細を、さっそくチェックしていきましょう! 人気の秘密は価格以外にもたっぷり。おすすめポイント満載の一押し商品ですよ。


2色展開のカラーはどちらも男前

ワットノット「ワンタッチバケット」
Instagram by @whatnothardwearstore
まずは「ワンタッチバケット」の見た目から。この商品、じつは金属フレームを持った布製コンテナバッグです。一見トートバッグのようにも見えますが、骨組みがガッチリしているので、単体でもビシッと自立します。

カラーも野性味あふれるカモフラ柄と、どんなキャンプギアにも合わせやすい、少し明るめのサンドベージュがラインナップ。アウトドアのツボをちゃんと押さえた流行りのカラーで、キャンプサイトをばっちり演出してくれますね。

折りたためるコンパクト仕様

ワットノット  ワンタッチバケット
撮影:筆者
フレームを収納して折りたためる点にも注目。縦サイズ32cmが写真の薄さまでペタンとコンパクトに! ボックスの空き部分(デッドスペース)がなくなるので、家での保管時にコレは便利。

外装が布なので、本体重量も1kgを軽く切る750gとかなり軽量。中にギアを入れた総重量も、その分軽くなるので、荷物運びもちょっと楽ちんに。

ループやポケット……細かいところに気が利いてる

ワットノット ワンタッチバケット ズームアップして細部を確認すると……ベルト部にたくさんのループフックを発見しました! よく使うキャンプ小物やカギ類を、ちょいと引っ掛けておける便利な工夫点。

あらかじめカラビナを2~3個ぶら下げておけばもっと使いやすくなりますね。

ワットノット ワンタッチバケット
Instagram by @whatnothardwearstore
側面には、ポケットも1か所装備。引っ掛けるにはちょっと大きめ、というアイテムはこのポケットにすぽっとインできます。

ボックスの中をガサガサする手間なく、サッと取り出し、パッと収納できる、なんとも気の利いた仕様です。

肩にかけやすい長さの紐

ワットノット ワンタッチバケット
Instagram by @kfam.camp.06.03
持ち運び用のベルトがついているのも、布製のコンテナバッグならでは。手提げでも使えますが、肩掛けもばっちりOKの長さです。

プラスチックコンテナのように両手で持ち上げるのと違い、肩掛けだと荷物運搬もぐっと楽になりますね。

生地が丈夫でハードに使える

ワットノット ワンタッチバケット
本体の布地は、軽くて丈夫な600デニールのポリエステル。ささくれ立った薪でも、ちょっと詰めこんじゃったかな? くらいではびくともしません。

縫製もしっかりしているので、アウトドアでガシガシ使いこめる、このタフさも持ち味です。

ソロキャンプからファミリーにまでハマるサイズ感

ワットノット ワンタッチバケット
Instagram by @whatnothardwearstore
コンテナ選びは容量も重要ポイント。使用時W36×D25×H32cmという大きさは、ソロからファミリーキャンプまでいろんなシーンにハマる絶妙スペック。カセットコンロやガス缶(CB缶)、ランタンケースなど、少しかさ張るアイテムも、余裕で収納できるサイズ感です。

写真中央に見えるよう、ヒューナスドルフの5Lタンクがサイズ的にぴったりシンデレラフィット! 灯油ランタンを愛用している方は要チェックです。

ワットノット  ワンタッチバケット
撮影:筆者
さらに、イワタニ「タフまる」もケースごとシンデレラフィットしました! ヘリノックスのチェアなら家族分の4脚がちょうど入る大きさです。


カスタマイズする猛者も!

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by @nico_wood_1130
天板を自作してさらに使い勝手をあげているキャンパーの方も発見! 木製の天板は家にあったものがピッタリサイズだったということで、100均の金具と合わせてカスタムされているそうです。

またワイヤーのトレイは、セリアのカゴということ。「ワンタッチバケット」を手に入れたら、ぜひ合わせて購入したいアイテムですね。
ITEM
ワットノット ワンタッチバケット
●展開時サイズ:W360×D250×H320mm
●収納時サイズ:W360×D250×H60mm
●重量:750g
●素材:【本体】ポリエステル、【ワイヤー】スチール、【底面】木・EPE、【足キャップ】PVC
●カラー:サンド/カモフラ

次の新作も気になるっ!

ワットノット
Instagram by @whatnothardwearstore
さて、今回のメイン商品「ワンタッチバケット」の紹介は以上ですが、「ワットノット」では、新作アイテムも続々と開発中! 現在はCBガス缶とバーナーを、コンパクトに同時収納できるケースを鋭意制作中のもようです。

火器取り扱い注意のくせに、倒れてコロコロ転がりまくるCB缶……。安全な収納、持ち運びに悩んでいる方に、これは朗報!

CB缶をピッタリ収納!新作をチラ見

ワットノット
Instagram by @whatnothardwearstore
内部は取り外し可能な間仕切り付きで、収納レイアウトは自由自在。側面のベルトループにシェラカップをちょっと引っ掛けておくとおしゃれ度もアップ。

本体には、薄めのクッション材も組み込んでいるとのことで、ギアを傷つける心配はなし。缶もしっかり保護してくれます。

ワットノット
Instagram by @whatnothardwearstore
使わないときは、「ワンタッチバケット」と同様、ペタンと折りたためる省スペース仕様。

こちらもユーザー視点で工夫を重ねた、ベストバイ商品になりそうです。もう今から発売が待ちきれませんね。「ワットノット」の最新情報のチェックは忘れずに!

お値段以上の使い勝手!2個買いも推奨の「ワンタッチバケット」

ワットノット ワットノット「ワンタッチバケット」は、コスパ最高レベルの超掘り出し物。イケてる収納ギア欲しいな、とお悩み中の方は今が買い時! きっと愛着のわくアイテムになりますよ。

「ワットノット」では、アウトドアグッズやDIYツールを精力的に鋭意展開中。みなさんも、そのコスパ&使い勝手MAXのアイテムを、ぜひ体験してみてください。

ブランド「ワットノット」の詳細はこちら

紹介されたアイテム

ワットノット ワンタッチバケット
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

ワットノット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たかいし寛

ソロトレッキングに出かけると高確率で雨が降ります。おかげでシュラフを濡らさない技術だけは超一流になりました。まだ半分ほど残ってる四国八十八か所の歩き遍路、結願するのはいつの日になるやら。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!