編集部員Tがどっぷり浸かる「マキタ沼」。その5製品を忖度なしにレビュー!

2020/04/22 更新

編集部T氏に誘われてキャンプ場へ。そこには彼が魅せられてしまった愛用のマキタ製品がズラリ。電動工具のイメージしかなかったマキタ製品に、こんなモノやあんなモノがあったなんて!というわけで、キャンプで活躍しそうなアイテムを実際に使ってみました!


アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

マキタ沼にハマってる編集部員Tに呼び出され……

先日、編集部員T氏から「見てもらいたいモノがあるんです!」と連絡が……。なんでも今イチオシのブランドがあるそうで、ぜひ一緒にキャンプへ行って、使ってみてほしいというのです。

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
で、やって来ましたキャンプ場。そして編集部員T氏が鼻息を荒くして、そのよさを力説するのが「makita(マキタ)」のアイテムです。

牛島
「マキタ」って電動工具のメーカーじゃなかった? あっ! DIYでキャンプ用品を作っちゃおうっていうことですか!?

編集部員T
いえいえ、そうじゃなくて……。実はマキタでは、キャンプでも使えるアイテムをラインアップしているんですよ!


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
じゃ~ん! これがボクの愛用している「マキタ」アイテムです!

牛島
扇風機にライト、掃除機まである! でもなんで、マキタでこんなものを扱っているんですか?

編集部員T
ご存じの通り、マキタは電動工具メーカーで、国内ばかりか世界でも高い評価を得ています。なかでも充電式工具の「リチウムイオンバッテリシリーズ」は……


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
話が長いので要約すると「リチウムイオンバッテリシリーズ」は、ひとつのバッテリーで数多くのアイテムを使うことができる汎用性がウリで、18Vバッテリーならなんと192ものモデルを共用できるそうです。

その中にキャンプで活用できるアイテムがあるので紹介したい、ということです。

編集部員T
……というわけでですね、実際に使ってそのよさを知ってもらいたいんです!

牛島
わ、わかりました……

キャンプで使えるmakita5製品の実力やいかに!?

そんなわけで、編集部員T氏愛用の5製品を実際に使ってみることにしました。“変わり種”ではありますが、なんだかちょっと楽しみです。

アウトドアに最適な「充電式ファン」

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
まずは「充電式ファン」からいきましょう! 実はコレ、キャンパーのあいだで人気があって、使っている人も多いんですよ。

牛島
最近は避暑地でも暑いですからね。でもコードレス扇風機って、意外と風が弱いんですよね。

編集部員T
まあ、見ていてください。スイッチオン!

牛島
おっ! けっこう風が強いですね。ウチにある乾電池式とは比べものにならない!


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
首振り機能もついているんですよ! そしてフックがついているから、クルマのアシストグリップなどにも吊り下げ可能。車中泊にも便利です!


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
牛島
あ、でも吊り下げた状態で首振りすると、ベースだけがまわっちゃうんですね……

編集部員T
……そうなんです(笑)


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
さらに首を上下に動かすこともできるから、こんなこともできちゃうんです!

牛島
お、サーキュレーター! 蒸し暑い日もぐっすり寝られそう!

ITEM
マキタ 充電式ファン CF102DZ 本体のみ
●電源:18V / 14.4V / AC100V
●本機寸法(バッテリ除く):185 × 272 × 284 mm
●質量:1.3kg
●連続使用時間:〈BL1860B〉バッテリーの場合
強:約9時間35分
中:約11時間45分
弱:約21時間10分
●羽根径:180 mm
●最大風量:4.6 m3/min
●風速
強:180 m/min 中:150 m/min 弱:120 m/min

パワフルだけどキャンプでは……な「充電式ブロワ」

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
次は「充電式ブロワ」です! 3段階のダイヤル調節とトリガーによる無段階調節で、自由自在に風量を変えられます。最大風速は80m/sです。ほら!

牛島
おぉ~スゴい! でも音もスゴいですね。ちなみにどんなときに使うんですか?

編集部員T
例えば、車内やテント内のゴミを外に飛ばしたいときなんかにどうですか?

牛島
それなら掃除機のほうがいい気がするんですけど……


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
あ、そうそう。コレ掃除機にもなるんですよ! 吸気口にノズルを付け替えて、ダストバッグを取り付けると掃除機のできあがり!

牛島
ホントだ! けっこう吸い込むものですね。でも正直、使いにくそう……


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
それじゃ、こんなのはどうでしょう!

牛島
おー、フイゴ代わりに使うとは! とってもパワフルで、これは便利ですね~。

編集部員T
コレがあれば、炭の火おこしだって簡単にできちゃいます!

牛島
これはけっこう実用的! うちわやトーチを使わなくてもいいし、遠くから風を送れるから火の粉が飛んでこなくていいかも。でもブロワで火おこしって、贅沢ですね……

ITEM
マキタ 充電式ブロワ UB182DZ 本体のみ
●質量:1.8kg(バッテリ含む)
●本機寸法:525 x 155 x 212 mm
●連続使用時間(目安):<風量>「強」:約12分 「中」:約25分 「弱」:約75分


【ブロワ】
●風量:0~2.6 m3/min
●風速:80 m/s

【集じん】
●風量:0~2.6 m3/min
●真空度:0~5.4 kPa
●集じん量:2 L

家庭で人気の「充電式クリーナ」はキャンプでも◎

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
コレも自慢のアイテムのひとつ「充電式クリーナ」です。家庭用に使っている人も多いみたいですよ。1回の充電で約20分の連続使用が可能です。

牛島
ハンディー掃除機はあると便利ですよね。しかもコードレスなら、車内の清掃にも便利ですね。


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
吸引力だってホラ、この通り! 厚手のシートを簡単に吸い上げちゃうほどのパワーです。

牛島
スゴい! しかもコレ、パワーに反してけっこう軽いですね。

編集部員T
18V6.0Ahバッテリーを使った場合の重さは約1.4kg。ダイソンの軽量コードレスクリーナーでも約2.2kgですから、かなり軽いですよね。


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
牛島
この軽さならテント内の掃除にも使いたくなるなぁ。テントには枯れ葉や砂ぼこり、虫の死骸なんかがけっこう入っているから、掃除するのが大変なんですよね。

編集部員T
家でも日常的に使えるから、これはコスパがいいんじゃないですかね?

ITEM
マキタ 充電式クリーナ CL180FDZ(青) 本体のみ
●質量:1.4 kg(バッテリ含む)
●本機寸法:999×114×152 mm
●連続使用時間:約20分
※3.0Ahバッテリ使用時

クルマに常備しておきたい「充電式LEDワークライト」

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
次におすすめする「充電式LEDワークライト」も、キャンプでは便利に使えますよ! ライトヘッドが回転したり、折りたためるので使い方は自由自在です。

牛島
重いバッテリーがいちばん下にあるから、置いても安定感がありますね。


編集部員T
明るさは12灯と6灯の2段階です。カタログでは12灯だと400ルクス(照射距離50cm)なので、ルーメンに換算すると約630ルーメンですね。

牛島
へ~、小さいけどけっこう明るい。


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
フックがついていますから、テントや車内でも簡単に吊せますよ。

牛島
吊せるのはいいですね。車中泊などでも役に立ちそう。でも、本体とバッテリーを合わせて重さが約1kgだから、テントに吊すのはちょっと厳しいかも。


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
デスクライトのように手元を明るく照らすこともできるから、テント内はこっちのほうが使いやすいかも。

牛島
ほ〜なるほど。キャンプ用のランタンって、広範囲を照らすものはあっても、手元を照らすものが意外と少ないからいいかもしれませんね。

編集部員T
釣りをするときなんかは、こんなライトなら細かい作業をしやすそうじゃないですか!?

牛島
確かに。キャンプでも、テーブルまわりは明るく照らしたいけど、まわりには明かりを広げたくない、そんなときに便利かも。

子どもが寝たあととか、まわりのキャンパーさんに気を遣いたいときとか。

ITEM
マキタ 充電式LEDワークライト ML801 本体のみ
●照度:12灯 400ルクス/6灯 200ルクス
※照射距離50cm先の中心部
●使用光源:LED 0.5W×12灯
●本機寸法(mm):116×79×380 mm
※BL1830取付け時
●質量(kg):0.36
※バッテリ除く

大容量ポータブルバッテリーになる「USB用アダプタ」

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
最後はコレ「USB用アダプタ」です! バッテリーに取り付ければ、大容量モバイルバッテリーに早変わり!

牛島
ほ~、そんなモノまで! USB端子が2口あるというのもいいですね。スマホなどの充電にもいいですけど、ペンダントライトや充電式ヘッドランプなんかにも使えますね。


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
18V6.0Ahバッテリーを使えば、3.7Vモバイルバッテリー換算で約3万mAhという大容量! iPhone6Sなら約12回も充電ができるんですよ!

ITEM
マキタ USB用アダプタ DP05 本体のみ
●出力電圧:直流5.0V出力
●電流:両側/4.2A(片側/2.1A)
●質量:0.11kg
●寸法:長さ102mm×幅72mm×高さ43mm


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
しかも純正の充電器「DC18RF」で充電すれば、18V6.0Ahバッテリーをフル充電するまでの時間は、たったの40分とチョー早い!

牛島
3万mAhクラスのモバイルバッテリーは、フル充電までに15~20時間ぐらいかかるっていうから、それに比べたらすごく便利ですね!

編集部員T
ただ充電するときにファンをまわすから、音がうるさいんですよ……。静かなキャンプ場では、まわりにちょっと迷惑かけちゃうかも。

ITEM
マキタ メロディ付急速充電器 DC18RF
●充電時間目安: 実用充電(80%以上まで)約27分 / 満充電(100%)約40分
※BL1860Bの場合
●本機寸法:156×190×84mm
●質量:0.98kg


マキタ(makita) キャンプで使えるもの
編集部員T
で、これは純正ではないんですけど、12VDC出力を搭載したアダプターを使えば、インバーターを介してAC100Vを取ることだってできちゃうんです!

牛島
万が一、カメラやビデオのバッテリーが切れてしまっても、これがあれば安心ですね。でも、バッテリーや充電器の価格を考えると少々お高いかな……


編集部員Tが使っているAC電源化アイテム
ITEM
マキタ 互換アダプター

ITEM
BESTEK カーインバーター 300W

ITEM
シガーソケット メス DCジャック 5.5-2.1mm オスコネクタ

DIYなど幅広く使えればリーズナブル

マキタ(makita) キャンプで使えるもの
工具メーカーが作るアイテムだけあって、骨太で男心をくすぐるデザインが魅力的です。キャンプで使うのに十分な性能もあるし、使ってみて楽しいものばかり。

ただ、個々の製品は非常に魅力的なのですが、価格が少々気になるところ。実勢価格で、18V6.0Ahリチウムイオンバッテリーが約1万4000円、充電器が約6300円。しめて約2万300円。これをベースに各アイテムをそろえていかなければならないと考えると……

DIYが趣味で、日ごろから電動工具を使っている人にとっては「DIY以外のときには寝ていたバッテリーが役立つ!」って感じだと思うので、リーズナブルになるのではないでしょうか?

編集部員T
値段のことを言われて、改めて計算したら、5万円以上使っていました……!


牛島
やはり。でも、マキタ製品に囲まれたキャンプスタイル、ちょっと楽しそう……って、完全に編集部員T氏に洗脳されてる!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

マキタ 充電式ファン CF102DZ 本…
サイトを見る
マキタ 充電式ブロワ UB182DZ 本…
サイトを見る
マキタ 充電式クリーナ CL180FDZ…
サイトを見る
マキタ 充電式LEDワークライト ML8…
サイトを見る
マキタ USB用アダプタ DP05 本体…
サイトを見る
マキタ メロディ付急速充電器 DC18R…
サイトを見る
マキタ 互換アダプター
サイトを見る
BESTEK カーインバーター 300W
サイトを見る
シガーソケット メス DCジャック 5.…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

マキタ キャンプ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
牛島 義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーエディター&ライターとして独立。以降、アウトドアをはじめ、グッズ、クルマ、旅行、ペットなど、レジャー関連を中心に、さまざまなジャンルで執筆活動している。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!