CAMP HACK[キャンプハック]


【ユニフレームの斧】さすがの燕三条クオリティに脱帽です

0

これまでキャンプ場で薪割りをする道具といえば鉈が主流でしたが、最近は斧を使う人も増えてきました。もしかして斧のほうがいいのかも?というわけで、オートキャンプに最適な斧として注目されている、ユニフレーム「燕三条乃斧」を実際に使ってみました!

牛島 義之


キャンプ場での薪割りは、ナイフ?鉈?それとも斧?

燕三条乃斧
キャンプの楽しみのひとつ「焚き火」。キャンプ場で購入した薪に火をつければ焚き火を楽しめますが、火をつけた着火剤の上に薪を直接置いただけでは、なかなか火がつきません。

そこで必要になってくるのが、火つきのいい細い薪「焚きつけ」。これは落ちている小枝でいいのですが、小枝が落ちていないことや湿っていることもあります。そんなときは、薪を燃えやすい細さに割って焚きつけにします。

ブッシュクラフト
最近流行っているブッシュクラフトの影響で、ナイフで薪割りを楽しむ人も増えてきましたが、入手した薪が太い場合は、ナイフが鉈のようにゴツくないと割れません。

そんなわけで、これまで薪割りには鉈を愛用してきた筆者ですが、最近になって「薪を割るなら斧のほうがいいんじゃないか?」という思いが……。

そこで愛用の鉈と、今注目のユニフレーム「燕三条乃斧」を比べてみて、その使い勝手の違いを検証してみることにしました!

キャンプで使いやすい「燕三条乃斧」のスペックとは?

ショップやWebサイトで見かける斧とはちょっと違うデザインの「燕三条乃斧」。一体どのようなものなのか、まずはそのスペックを紹介しましょう。

関連記事