CAMP HACK[キャンプハック]


【SOTO新作2020年】今年も注目作続々!新製品全10アイテムを一挙見 | 3ページ目

0


冬キャンプにも心強い「マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
大人気のFUSIONに新製品が仲間入り! FUSIONはCB缶仕様だったのに対し、新製品の「FUSION Trek」はOD缶を採用。発熱量は2,800kcal/hと、キャンプや登山でも十分にパワーを発揮してくれるモデルです。

また「FUSION Trek」は重量182gと、従来の「FUSION」が250g(共に本体のみの重さ)だったのに対し軽量にデザインされているのもポイント!

SOTOのマイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek
ガスを噴射する3つのノズルと、耐風性に優れたすり鉢状のバーナーヘッド、マイクロレギュレーター搭載のおかげで、低温下でも安定した燃焼をキープしてくれます。

SOTOのマイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek
但し「FUSION Trek」には点火装置がないので、ライターなどの点火アイテムをお忘れなく。発売予定は3月中旬とのことです。

製品の詳細はこちら

内ポケット付きが嬉しい「FUSIONポーチ」

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
FUSIONが収まり、脚に装着するアシストグリップもセットになった「FUSIONポーチ」も仲間入り。3重のメッシュで通気性がよく、ストラップをつければサコッシュとしても使用可能。

ガストーチも一緒に収納できる内ポケットが付いているのも嬉しいポイントです!

SOTO FUSION ポーチ(フュージョンポーチ)

●材質:FUSIONポーチ/ポリエステル、アシストグリップ/シリコンゴム
●外形寸法:FUSIONポーチ/幅160×奥行80×高さ 140mm、アシストグリップ/直径8×長さ90mm(1本)
●重量:FUSIONポーチ/24g、アシストグリップ/2g(1本)×4本


待望のビッグサイズ「フィールドホッパー L」

SOTOのフィールドホッパー L
軽量テーブル「フィールドホッパー」に、ついにLサイズが登場! 「軽くていいけれど、天板のサイズが小さすぎる……」 と感じていた方に朗報です。従来のA4サイズから、A3にサイズアップしています。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
使うときはパッと開くだけ、片付けるときは畳んで脚をしまうだけの超簡単設営はそのまま。価格は9,500円(税別)で、発売日は5月以降の予定だそうです。より使いやすく進化したSOTOの名品が待ち遠しいですね!

サーモスタックシリーズ用「マイクロリフター」

SOTOのマイクロリフター
サーモスタックシリーズをお持ちの方におすすめなのが、小型の取っ手「マイクロリフター」。クッカーにすっぽり入るコンパクトなサイズながら、しっかりクッカーをホールドしてくれます。

SOTO マイクロリフター

●材質:アルミニウム、ステンレス
●外形寸法:幅 88×奥行22×高さ22mm
●重量:13g


ナビゲータークックシステム専用「デュオハンドル」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
こちらは、ナビゲーターシステム専用の「デュオハンドル」。リフターとしてはもちろん、熱々になったレトルト食品などを熱湯から取り出すとき、持ち手側をトングのように使えるんです。

一台で二役こなす「デュオハンドル」、1,450円(税別)と手の届きやすい価格帯なのも◎!

製品の詳細はこちら

ギフトにもおすすめ「スライドガストーチレザーケース」

SOTOのスライドガストーチレザーケース
スライドガストーチ専用の本革ケースも、新しくお目見え! 底面の穴で中のガストーチを取り出しやすくなり、ストラップも付いてより使いやすく進化しています。価格は1,980円(税別)と、ちょっとしたギフトにも良さそうです。

SOTO スライドガストーチレザーケース キャメル

●材質:牛革
●外形寸法:幅45×奥行17×高さ 105mm
●重量:15g

SOTO スライドガストーチレザーケース マスタード

●材質:牛革
●外形寸法:幅45×奥行17×高さ 105mm
●重量:15g

SOTO スライドガストーチレザーケース レッド

●材質:牛革
●外形寸法:幅45×奥行17×高さ 105mm
●重量:15g

SOTO スライドガストーチレザーケース ピンク

●材質:牛革
●外形寸法:幅45×奥行17×高さ 105mm
●重量:15g


SOTOから目が離せない!

SOTOの木製フリーボード
2020年の新作、いかがでしたか? 最新のギアを持って向かうキャンプは、いつも以上にワクワクしますよね。気になるものが見つかった方は、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

ユーザーの声を反映しながら、ますます進化するSOTOのアイテムたち。今後も注目が集まりそうです!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事



 

紹介されたアイテム

Akiko

Akiko

キャンプ、川、車、料理、ビールが大好き!な2児の母です。アウトドア好き旦那、釣り好き息子、冬でも泳ぎたい娘とファミリーキャンプを楽しみながら、キャンピングカー購入を計画中!

関連記事