CAMP HACK[キャンプハック]


グランマーコッパーケトルにムラコだと…?2020年度の「ふるさと納税」は目玉アイテムが続々登場!

0


寄附金額6万円以内のおすすめアイテム<3選>

アイアンクラフト「SESERAGI」

アイアンクラフト「SESERAGI」
出典:ironcraft
アイアン素材の無骨なデザインが人気のガレージブランド「アイアンクラフト」の、SESERAGIもラインナップ。天板のロストルを外して、そのまま焚き火台にかけて使うこともできます。
アイアンクラフト「SESERAGI」
出典:Instagram by @icoma.co
ファイヤーグリルとしてはもちろん、ツーバーナー用のスタンド・クーラーボックス置き・サイドテーブルなど、様々な用途に使えますよ。

自治体:静岡県菊川市
寄附金額:50,000円以上
アイテム金額:15,950円

「SESERAGI」について詳しくはこちら


ファイヤーサイド「グランマーコッパーケトル(小)」

ファイヤーサイド「グランマーコッパーケトル(小)」
出典:FIRESIDE
おしゃれキャンパーたちが愛用していることでも有名な銅製のケトルが、2020年度の返礼品に登場しました! 満水容量3.3Lのスモールサイズで、ストーブや焚き火はもちろん、ガスでも使用できます。

ファイヤーサイド「グランマーコッパーケトル(小)」
出典:FIRESIDE
熟練の職人により一点ずつハンドメイドで作られるケトルは、焚き火やストーブとの相性が抜群。使い込むほどに表情が変わるので、経年変化を楽しめる一生モノのケトルです。

自治体:長野県駒ヶ根市
寄附金額:60,000円以上
アイテム金額:21,500円「グランマーコッパーケトル(小)」について詳しくはこちら


CWF「オールウェザーコンテナM」

CWF「オールウェザーコンテナM」 キャンプ道具などの収納に適した、CWFの防水ギアコンテナ。内部には取り付け位置の調整が可能な仕切りが2枚備わっているので、整理がしやすくなっています。返礼品は容量60LのMサイズ(写真上)で、カラーはオリーブドラブとブラックの2種類から選べます。

自治体:福島県浪江町
寄附金額:66,000円以上
アイテム金額:21,780円「オールウェザーコンテナM」について詳しくはこちら


寄附金額10万円以内のおすすめアイテム<2選>

ネイチャートーンズ「オクタゴンファイアテーブル」

ネイチャートーンズ「オクタゴンファイアテーブル」
出典:NATURE TONES
焚き火まわりで使える囲炉裏型のテーブル。天板やフレームには耐熱塗装が施されています。足の部分は蛇腹式に開閉する仕組みで、収納時は非常にコンパクト!
ネイチャートーンズ「オクタゴンファイアテーブル」
出典:NATURE TONES
オプションでテーブルやハンガーなども揃っているので、このテーブルを中心に焚き火レイアウトを構築していくのも楽しそうですね。

自治体:福井県福井市
寄附金額:92,000円以上
アイテム金額:25,080円「オクタゴンファイアテーブル」について詳しくはこちら


「カーミットチェア」

カーミットチェア 大人気のカーミットチェアも、返礼品に! こちらは栂池高原にあるホテル「EARTHMANS TSUGAIKE」とコラボしたモデル。カラーはブラックのみで、ホテルのロゴがプリントされたオリジナルシートです。

最近はカーミットの張替えシートも色々あるので、ブラックに飽きたら張り替えるのもありですね。

自治体:福井県福井市
寄附金額:100,000円以上
アイテム金額:31,900円「カーミットチェア」について詳しくはこちら


寄附金額20万円以内のおすすめアイテム<3選>

ムラコ「ブラックビーク2P」

ムラコ「ブラックビーク2P」
出典:muraco
軽くて耐久性に優れた二人用テント。ブラック一色の佇まいがなんとも男らしい個性的です。フライシート上部の左右2箇所に大きなベンチレーターを設置、さらに前部も全面跳ね上げができる構造でキャノピー内を快適に保ってくれます。

2020年、ソロキャンプ用の幕を探していた男性にこそぴったりの一幕かもしれません!

自治体:埼玉県狭山市
寄附金額:121,000円以上
アイテム金額:40,150円「ブラックビーク2P」について詳しくはこちら


ドベルグ×アイスランドクーラー「クーラーボックス45QT」

ドベルグ×アイスランドクーラー「クーラーボックス45QT」
出典:DVERG
抜群の保冷力と無骨なルックスで人気のアイスランドのクーラーは、例年人気の返礼品。こちらはアウトドアブランド「ドベルグ」が別注したコラボモデルで、ミリタリーライクなカラーリングが特徴です。

しかし現時点(2020/2/21)ですでに、オリーブグレーが品切れ中。残りのカラーも品切れが予想されるので、気になる方は急ぎましょう!

自治体:福井県坂井市
寄附金額:130,000円以上
アイテム金額:30,960円

詳細はこちら


アールグレイ『卓上BBQコンロ囲炉裏ll+焚火台ユニット+網高UPリング』

アールグレイ『卓上BBQコンロ囲炉裏ll+焚火台ユニット+網高UPリング』
出典:さとふる
炭と固形燃料の両方が使える、ハイブリットな卓上コンロ。数々の名品を生み出している新潟県燕市のアウトドアメーカー「アールグレイ」のアイテムです。鉄製品が名産として知られる同市ですが、近年はステンレス製品の技術も高まっているのだとか。

アールグレイ『卓上BBQコンロ囲炉裏ll+焚火台ユニット+網高UPリング』
出典:さとふる
このコンロと焚き火台ユニットもセットも、オールステンレス製。バーベキューと焚き火というキャンプが盛り上がる2大アクティビティがスムーズに楽しめるユニークなアイテム、「他のキャンパーとかぶりたくない」という方こそ狙い目です!

自治体:新潟県燕市
寄附金額:193,000円
アイテム金額:51,700円

「卓上BBQコンロ+焚火台ユニット」について詳しくはこちら

返礼品を「アクティビティ」で受け取れる!体験型チケット<6選>

Sotosotodays CAMPGROUNDS 1泊宿泊券(1張5名様まで)

キャンプ場「Sotosotodays CAMPGROUNDS」
出典:さとふる
6組限定というプライベート感満載のキャンプ場「Sotosotodays CAMPGROUNDS」の宿泊券。神奈川県南足柄市と都心からアクセスしやすい立地ながら、場内のすぐ横に流れる清流で川遊びや釣りなど自然体験が楽しめます。

自治体:神奈川県南足柄市
寄附金額:15,000円

「キャンプ場1日宿泊券」について詳しくはこちら

ラクスマリーナ キャンプ場利用券(4名様まで)

ラクスマリーナ キャンプ場
出典:さとふる
日本で二番目に大きい湖・霞ケ浦沿いの広大なキャンプ場。カヌーに小型ボート、SUPやウェイクボードなど、夏のウォーターアクティビティを楽しみたい方に最適のロケーションです!

自治体:茨城県土浦市
寄附金額:15,000円

「ラクスマリーナ キャンプ場利用券」について詳しくはこちら

ニセコラフティング体験【大人1名様】

ニセコラフティング体験
出典:さとふる
自然豊かな尻別川を、水しぶきを浴びながらボートで下るダイナミックなラフティング体験。ツアーの集合解散を行うNACセンターは、1Fにアウトドアショップ・吹き抜けにロッククライミング壁・2Fにカフェレストランがあり、アウトドア好きならとことん満喫できるスポットです。

自治体:北海道倶知安町
寄附金額:21,000円

「ニセコラフティング体験」について詳しくはこちら

尚仁沢アウトドアフィールド キャンプ場 サイト3 利用券

尚仁沢アウトドアフィールド キャンプ場
出典:さとふる
日本名水百選に選ばれた尚仁沢(しのざわ)湧水から、ほど近い場所にある「尚仁沢アウトドアフィールド」。きれいな水と緑に囲まれたフィールドでは、キャンプや釣り・ドッグランを中心にさまざまなアウトドアが楽しめます。

自治体:栃木塩谷町
寄附金額:30,000円

「キャンプ場 サイト3利用券」について詳しくはこちら

川原自然公園 コテージ宿泊券

川原自然公園 コテージ宿泊券
出典:さとふる
ボルダリング施設が併設されているほか、カヌーやマウンテンバイクの利用もできる川原自然公園内のコテージ宿泊券。現地ではアクティビティ中心で過ごしたいという方には、設営の手間が無いコテージがオススメです!

自治体:宮崎県木城町
寄附金額:34,000円

「川原自然公園 コテージ宿泊券」について詳しくはこちら

唐津の海でサップ体験チケット【大人2名様】

唐津の海でサップ体験
出典:さとふる
水着やサンダル・帽子などを各自持参であとはレンタル可能という、気楽なSUPツアー。ガイドからレクチャーを受けながら無人島までのんびり漕いでいき、そこでお昼休憩をするという自然ゆたかな佐賀ならではの体験が楽しめます。温泉入浴券も付いているので、旅行気分で参加できそうですね!

自治体:佐賀唐津市
寄附金額:108,000円

「唐津の海でサップ体験チケット」について詳しくはこちら

高額品ほど競争率が高い返礼品は、早めの判断が吉!

ドベルグ×アイスランドクーラー「クーラーボックス45QT」
出典:DVERG
今回リサーチしていて気づいたのは、寄附金額15万以上の高額品のほうが品切れが早いということ。実際、ナンガの寝袋450DXやダウンウエアは15万円の寄附金額ですが、すでにすべて品切れ……。

賢いキャンパーほどしっかり活用しているふるさと納税のアウトドア返礼品。乗り遅れないよう、早めに寄付をしておきましょう!

ふるさと納税サイト「さとふる」はこちら

まつい ただゆき

フリーランスのエディター/ライター。8歳からキャンプをはじめ、現在は二人の子どもを連れてのファミリーキャンプに勤しむ日々。「外でも家のようにくつろぐ」をテーマに、快適でお洒落なキャンプスタイルを探求中

関連記事