レザーマンに新たな上位モデルが誕生!男前な凹凸加工のハンドルが痺れる新作「CHARGE+ G10」

2020/03/19 更新

マルチツールの代名詞ともいえる老舗ツールブランド「レザーマン」から、待望の新作が登場しました。最高級品質のステンレス鋼を用いたナイフなど、搭載された機能は全19種類。ギアの修理や枝のカットなど、アウトドアでのあらゆるシーンで活躍してくれるでしょう!


凹凸加工のハンドルがクールな新ハイエンドモデル登場


マルチツールの代名詞ブランド、レザーマンの新作にハイエンドモデル「CHARGE+ G10(チャージプラス ジーテン)」が仲間入り!

現行品の最高峰モデル「CHARGE+ TTi」のハンドルがチタン製なのに対し、今回発表の「CHARGE+ G10」のハンドルには、G10ガラス繊維入りの樹脂を採用しています。

鮮やかな2色展開!耐久性に優れたG10採用ハンドル


G10は、ガラス繊維入り樹脂のなかでも最も耐久性が高く、銃器のグリップなどにも使用されるタフな素材です。そんな素材を視認性のいい鮮やかなオレンジ、レッドカラーの2色で彩りハンドルに採用!

アウトドア環境での視認性も良く、打ち出し加工された金属のような凹凸が特徴的でかっこいい仕上がりです。

役立つ機能は全部で19種類


「CHARGE+ G10」には、レザーマンにおける主要機能を網羅! 搭載された機能は全部で19種類。


ハンドルを閉じた状態から、直刃、波刃、ノコギリ、ヤスリを片手でサッと取り出すことができ、全ツールにロック機能を装備しています。安全ながらも、使いたいシーンで素早く取り出せる使い勝手の良さは、流石の一言!

直刃ナイフは、レザーマンの最上級グレードであるS30Vステンレス鋼を採用し、ハイエンドモデルとして相応しい仕様です。

また、大小のビットドライバーも装備しているためドライバー作業の汎用性の高さも特徴のひとつ。様々な規格のプラス、マイナスのドライバーの他、六角ドライバー(1.5mm〜5mm)など、9種類のビットが付属しています。

これらは、全て付属の収納ケースにマルチツールと一緒に収納でき、携行のしやすさも◎。


キャンプでは落ちている木枝を焚きつけ用にカットしたり、飲料の栓抜き、簡単な食材のカットにも役立ちます。またアウトドアはもちろん、緊急時のレスキューツールとしても役立つため一家に一本備えておきたいアイテムです。

ハイエンドモデルの新たな選択肢といえる今作。マルチツールをまだお持ちでないという方は、是非チェックしてみてはいかが?

ITEM
レザーマン CHARGE+ G10
●重量:235g
●ナイフ刃渡:7.3cm


レザーマンジャパンの公式サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

紹介されたアイテム

レザーマン CHARGE+ G10
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
加茂 光

ライター。フリーペーパー『88』『Lj』編集スタッフを経てフリーに。「アウトドア」「旅」「オーガニック」をテーマに、人と自然が関わる風景を伝えるべく活動中。座右の銘は「ルール破ってもマナーは守るぜ」。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!