【モンベル2020年新作速報】キャンプ道具が大豊作!注目すべき「焚き火台」が登場

2020/02/14 更新

モンベルの2020年春夏発売予定の新作アイテムをご紹介。コンパクトに折りたたみ携行できる焚き火台や、最軽量のシュラフなど最新作が目白押し!ヘリノックスの最新アイテムもお見せしちゃいます。


記事中画像提供:モンベル

モンベルの2020年春夏新製品の情報をお届け!


モンベルの2020年春夏発売予定の新作アイテムをピックアップしてご紹介! 昨年は、3段階の高さ調整ができる「マルチフォールディングテーブル」が、キャンプシーンで爆発的なヒットとなり話題を呼んだのも記憶に新しいところ。

今期はさらに新定番の仲間入りを果たすであろう、焚き火台が登場! まずは、最新のダウンシュラフから紹介します。

最軽量寝袋がモデルチェンジ!

隔壁がなく、縫い目が少ない新構造採用「シームレス ダウンハガー900」シリーズ

画像は「#3」モデル
まずは、超高品質の900フィルパワー「EXダウン」と超軽量シェルを組み合わせという高スペックなダウンシュラフから。

このシュラフのスペックの高さを実現しているのは、「スパイダーダッフルシステム」という最新構造を採用している点にあります。

撮影:編集部
撮影:編集部
一般的なダウンシュラフと言えば、中綿の偏りを防ぐためのバッフルと言われる隔壁が施されていることがほとんど。しかし、今回発表された新作シュラフ「シームレス ダウンハガー900」は、隔壁が一切なし! 表地に縫い目がないんです。

出典:モンベル
ダウンが偏ってしまうのでは? と思うかもしれませんが、そんな心配は一切ご無用。“スパイダーヤーン”という特殊な糸が、一定量のダウンを保持するため、隔壁が無くてもコールドスポットの発生を防いでくれます。

撮影:編集部
縫い目がないことで、保温効率が良いのもメリットの一つ。また隔壁がないため気室いっぱいに広がったダウンは、動画を見てもわかる通りフッカフカ!

また、表地に「ゴアテックス インフィニアム™️ウィンドストッパーファブリクス」を採用した防水モデル「シームレス ドライ ダウンハガー900」も発売予定です。

「シームレス ダウンハガー900」シリーズの詳細はこちら
「シームレス ドライ ダウンハガー900」シリーズの詳細はこちら

アイボリーカラーが新鮮!気密性に優れたクーラーバッグ

デイキャンプでも気軽に使える「ロールアップ クーラーバッグ 3L/10L」

撮影:編集部
高い気密性があるロールアップ式の開閉により優れた保冷力を維持してくれる「ロールアップクーラーバッグ」。2サイズ展開で、3Lモデルは500mlペットボトル3本、10Lモデルで2Lペットボトル4本が収納できるサイズ感です。断熱材である発砲EVAの厚みを増し、デイキャンプで活躍する保冷力を備えています。

【ロールアップ クーラーバッグ 3L】
重量:375g
サイズ:高さ15×幅22×奥行き9cm
価格:¥3,200

【ロールアップ クーラーバッグ 10L】
重量:706g
サイズ:高さ38×幅28×奥行き21cm
価格:¥4,800

軽量でコンパクトに折りたためる「クーラーバッグ 25L」

撮影:編集部
さらに熱溶着により無縫製を実現した、容量25Lの「クーラーバッグ」も新登場! 使用サイズは、高さ36.5×幅48×奥行き26.5cm。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

2Lペットボトルが、8本入ります。持ち手に支柱が入っており、持ちやすさに配慮している点も嬉しいポイントです。

【クーラーバッグ 25L】
重量:1.23kg
サイズ:高さ36.5×幅48×奥行き26.5cm
価格:¥9,200

居住性も確保!キャンプ向きテントがますます充実

ロングセラーモデルがさらに軽くなった!「ムーンライトテント」

撮影:編集部
1979年の登場以来、モンベルの定番テントとして愛され続けている「ムーンライトシリーズ」1型、2型、4型がフルモデルチェンジ! 素材を見直した結果、全モデル共に過去モデルに対し約30%の軽量化に成功しています。
例えば、ソロ用の1型は総重量2.3kgから1.65kgにアップデート! 月明かりの下でも簡単に設営できる容易さはそのままに、より携行しやすい軽さになりました。

居住空間の広さも見直されています。吊り下げ式のインナーテントは、メインフレームに沿うよう固定箇所を増やし、デッドスペースを削減! 圧迫感のない居住空間が広がり、室内でも快適に過ごすことができますよ。

【ムーンライトテント1型】
価格:¥27,800
総重量:1.65kg

【ムーンライトテント2型】
価格:¥37,800
総重量:2.39kg

【ムーンライトテント4型】
価格:¥69,800
重量:5.34kg

2ルーム化が叶う「ソレイユスクリーン インナールーム」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


2019年に登場したタープ「ソレイユスクリーン」に、待望の専用インナールームが仲間入りします。1〜2人での使用に丁度いいハーフインナールームと、4〜5人での使用に最適なインナールームの2サイズ展開です。

【ソレイユスクリーン インナールーム】
価格:¥18,000
重量:2.02kg

【ソレイユスクリーン ハーフインナールーム】
価格:¥12,000
重量:894g

2020年の大本命注目アイテム!燃焼効率に優れた焚き火台

あっという間に組み立て完了「フォールディング ファイヤーピット」

話題になること間違いなしな新作焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」も登場します。使用サイズは、高さ30×幅42×奥行き22cm。

ファミリーでも使えるサイズ感ながら、簡単に折り畳んで持ち運びができる、モンベルのコダワリが詰まった質実剛健な仕上がりです。

撮影:編集部
組み立ては、本体を広げロストルを設置するだけ! パタンッと広げるだけであっという間に本体が自立するので、組み立てで迷う箇所は一切ありません。無駄のない作りは、撤収時の片付けもサッと終えることができます。


焚き火ラバーを納得させる、燃焼効率の良さも魅力的! しっかり薪を燃やす二次燃焼を促すため本体は深型のデザインに。
撮影:編集部
独自の二重構造と、計算された空気の通気口によりドラフト効果(=煙突効果)も生み出し、ダイナミックな炎を楽しむことができます。この構造のおかげで、煙や煤が少ないという点も長所です。


付属品として収納ケース他、専用の焼き網もついているのでBBQを楽しむことも!

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


さらに別売りのオプションアイテムとして、クッカースタンドもラインナップします。本体の爪に引っ掛けて固定できるので、ダッチオーブンなど重さのある調理器具を置いてもしっかり安定してくれます。料理もしっかり楽しめる焚き火台の発売は、4月予定です。

【フォールディングファイヤーピット】
価格:¥16,900
サイズ:高さ30×幅42×奥行き22cm

【フォールディングファイヤーピットクッカースタンド】
価格:¥2,200

進化を続けるモンベルから目が離せない!


今回ご紹介した以外にもキャンプシーンで活躍してくれるモンベル新製品が発売を控えています。気になる方は、公式サイトの続報を心待ちに!

登山、キャンプ、ウォーターアクティビティーなど、幅広いアウトドアシーンを支えてくれるモンベルの動向から、今後も目が離せません。

モンベル2020年春夏の注目商品一覧はこちら
モンベル公式サイトはこちら

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!