争奪戦必至!大人気の「ゼインアーツ」から2020年新製品が発表されたぞ!

2020/02/12 更新

2019年に突如誕生し、瞬く間に話題をかっさらっていった新進気鋭のブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」。そんな注目ブランドの新製品がお披露目されました。新作には、待望のインナーテントや新サイズの大型シェルターなど、見逃せないアイテムばかりです。


大人気ブランド「ゼインアーツ」の2020年新製品が登場


2019年に本格始動した長野県松本発のアウトドアブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ )」。昨年4月にデビュー作となる4モデルのテント・タープを発売をすると、瞬く間に即完売!

洗練されたデザインと居住性の高さ、そして手に取りやすい価格設定とユーザーに寄り添った物作りが多くのファンを生み、今もなお入手困難な状態が続いている注目ブランドです。


そんな同ブランドの新製品情報をキャッチ! 2020年6月の発売を予定している3モデルをご紹介します。

新モデルに加え、現ゼインアーツユーザーの方にも嬉しいオプションアイテムも登場します。今回も争奪戦が予想されるため、早めの購入検討が吉です。

ラージサイズ登場!ツーポールシェルター「GIGI-2(ギギ2)」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


第一弾アイテムとして登場したデュオキャンパー向けワンポールシェルター「ギギ1」に、大型モデル「ギギ2」が仲間入り! ゼインアーツ初となるツーポールシェルターが誕生しました。

家族4人で使える広々シェルター


「ギギ2」は、家族4人でもゆとりある空間を確保! ゼインアーツ製品の長所である“居住空間の広さ”を、サイドのエクステンションポールでしっかり立ち上げることにより、スペック数値以上の広さを感じさせるデザインに仕上がっています。


チェア4脚を置いてもご覧の通りのゆとり。シェルター内の端々まで空間を使えるので、大人数でのグループキャンプのリビングスペースとしても活用できそうですね。

これほどの空間を作り出しながらも収納サイズは、72×20×25(h)cm。同等サイズのシェルターと比較してもコンパクトで、軽快にキャンプに出かけたくなる魅力が詰まっています。

3ステップの簡単設営が可能


大型シェルターながら立ち上げは簡単! 生地に付いているビルディングテープの4コーナーをペグダウンし、メインポール2本を入れるだけ。これだけでしっかり自立してくれます。

あとはシェルターの形に沿って、頂点をペグダウンしていくだけ。そのため変形八角形の一見特殊なデザインながら、初心者さんでも迷う箇所がなく設営ができるのも嬉しいポイントです。

豊富なパネルを活用してアレンジ張りできる


「ギギ1」の魅力である、パネルを活用したアレンジ張りの自由度の高さは健在! パネルを開閉したり、別途ポールを用意し跳ね上げ設営することで、キャンプサイトの環境に合わせて最適な張り方を楽しむことができます。

また今回「ギギ2」の発売に合わせて、オプションで別売りのインナーテントも登場。2ルームテントとしても本格使いできるようになっていますよ。

「ギギ2」の詳細はこちら

メッシュパネルで通気調整もラクラク「ギギインナーテント」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
先ほどご紹介した「ギギ2」、そして「ギギ1」にも対応するインナーテントも6月発売予定! 広範囲のメッシュパネルが付いており、真夏も快適に過ごせるようデザインされています。

大人2人が横になれるサイズ


インナーテントのサイズは、大人2人が横になっても荷物を置くスペースがあるほどの広さ。天井も高いため、室内での着替えやテントの出入りもストレスフリーです。

「ギギ1」に設置した場合


「ギギ1」に設置すると、ハーフインナーとして使用できます。これでリビングと寝室を備えた、ミニマムな2ルームスタイルが完成!

多彩なアレンジ張りができるという「ギギ1」の個性を活かすべく、インナーテントは3方向に取り付け可能という遊び心もあります。

「ギギ2」に設置した場合


「ギギ2」には、2本のメインポールそれぞれにインナーテントを設置することが可能。シェルターの両サイドにインナーテントを取り付け、中央にリビングスペースを構えれば家族4人で快適に過ごせます。

「ギギインナーテント」の詳細はこちら

待望のオプション追加!「ゼクーMインナーテント」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
さらに「ゼクーM」ユーザーに朗報! こちらもインナーテントがラインナップします。フルメッシュインナーテントかと思わせるほど豊富なメッシュパネルを備え、虫の多い夏も心強い仕様です。


インナーテントは、「ゼクーM」に付属しているリビングシートと同様の5角形デザインのため、土間空間を確保。雨の日も靴や使わないギアを濡らさず置いておけるメリットがあります。

「ゼクーMインナーテント」の詳細はこちら

2020年のゼインアーツに期待!

ゼインアーツの2020年新製品3モデルをご紹介しました。それぞれのシェルターに対応するインナーテントが用意されたことにより、よりキャンプスタイルの幅を広げる製品ラインナップに!

発売は全アイテム6月を予定しています。気になる最新情報は公式サイトに随時アップされるので、是非チェックしてみてくださいね。

ゼインアーツ公式サイトはこちら



CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!