最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
Speedoの「Microセームタオル」

テックタオルがさらに進化!スイムメーカーSpeedoの「Microセームタオル」とは?【アウトドア通信.552】

2022/09/15 更新

みなさんテックタオルは、どこのブランドを使っていますか?今回紹介する「Speedo(スピード)」のタオルは、驚異的な吸水速乾性とコットンのような肌触りを両立させた逸品です。

目次

最強の吸水速乾速度を誇るテックタオルを発見!

Speedoの「Microセームタオル」

優れた吸水性と速乾性を両立させた機能的なアイテムのテックタオル。外遊び好きなら1枚は持っているか、使ったことがあるのでは?

多くのアウトドアメーカーがこの手の吸水速乾タオルをリリースしていますが、それぞれ微妙に素材感や使用感が異なります。しかし今回注目したいのは、スイムウエアブランド・Speedo(スピード)が新提案する「Microセームタオル」です。

ボトル型のパッケージもなかなか斬新で、メーカーの遊び心も伺えますね。

まるでコットンタオルのような肌触りを実現!

Speedoの「Microセームタオル」

専用のボトルパッケージから取り出した中身がこちら! セームタオル自体はスピードの定番アイテムで、全身の水分を拭き取るための水泳用タオルとして開発されたものです。

水分を含んだ後に絞ると吸水性が復活する機能が特徴的ですが、従来のモデルは乾くと硬くなるという難点もありました。しかし新作の「Micro セームタオル」は、その弱点を克服しています!

乾いても硬くならず、まるでコットンタオルのような滑らかな肌触りを実現。しかも従来のモデルよりも、約3.2倍の吸水速度と、約1.4倍の速乾速度になっているとか。

水遊びやスポーツを楽しみたい、アクティブ派ならLサイズ

Micro セームタオル(L)

Speedoの「Microセームタオル」(L)

一般的なバスタオルより一回りほど小さい680×430mmのLサイズ。もちろん、それでも一般的なバスタオルとは比べ物にならないほど高い吸水率を誇るため、サーフィンやSUPなど、ウォーターアクティビティのお供に最適!

実際に使用してみて「ちょっと大き過ぎたかも……」と感じた場合、切っても糸くずが出ない素材のため、好きなサイズにカットして使うという手もあります。

Micro セームタオル(L)

●素材:ナイロン・ポリエステル
●サイズ:W680×H430mm

キャンプの帰りは温泉に行きたい、まったり派ならMサイズ

Micro セームタオル(M)

Speedoの「Microセームタオル(M)」

こちらは430×320mmのMサイズ。キャンプ帰りに温泉に行くときは、なるべく荷物は少なくして身軽にしたいですよね。そんなシーンに最適なのがMサイズのセームタオル。

使い勝手のよい大きさだけど、吸水速乾性は抜群! バッグに常備しておけば、温泉だけでなくキャンプ全般や日常生活でも活躍してくれそうです。

Micro セームタオル(M)

素材:ナイロン・ポリエステル
サイズ:W430×H320mm

デザインでも差をつけたい、こだわり派ならビッグロゴモデル

Big Stack Micro セームタオル

SpeedoのBig Stack Micro セームタオル

Mサイズと同じ大きさで、スピードのロゴが大きく入ったモデルもあります。スポーツブランドらしいスタイリッシュなロゴは、これくらいのサイズでプリントされると映えますよね。

オリンピックイヤーだからこそ、旬なスポーツブランドのアイテムを外遊びに取り入れてみるのもいいのでは?

Big Stack Micro セームタオル

●素材:ナイロン/ポリエステル
●サイズ:430×320mm

ボトル型パッケージはアイデア次第でいろんな使い方ができる!

ボトル型パッケージ

そしてタオルと共に注目したいのが専用のボトルパッケージ。フタ部分はカラビナのような構造になっているため、バッグやポーチに外付けして吊り下げることも可能。

しかもタオルだけでなく、ちょっとした小物も一緒に収納できるサイズ感になっています。これはアイデア次第で様々な使い方ができそう!

Micro セームタオルは、全国のスピード取扱店と、公式オンラインストアで発売中。進化を続けるテックタオルの最新モデルを試してみたい人は、一度チェックしてみてください。

Speedoの公式サイトはこちら
Speedo公式オンラインストアはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

紹介されたアイテム